iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.02.04

ホームIoTを快適にするために「orbi」でメッシュネットワークを導入してみた(前編)

記事ライター:Yuta Tsukaoka
alyssa.play

複数のアクセスポイントをまとめる仕組み

メッシュネットワークという言葉をご存知だろうか。2017年ごろからメジャーになってきたネットワーク構成のコンセプトで、簡単に言えば複数のwi-fiルーターを束ねてひとつのネットワークとして扱うというものだ。

ルーター同士、そしてそれらにつながる機器を構成図にすると「網の目」のような見た目になるのでメッシュと呼ばれている。
 
Google Wifiの接続のイメージ図
(画像引用元:Google Wifi製品ページ)
https://store.google.com/jp/product/google_wifi_learn

これの利点は、メインのルーターからサブルーター、サブルーターからサブルーター、サブルーターからデバイスと、もっとも速度の速い経路をシステムが自動選択するためネットワーク内のどの場所でも最速の接続ができることにある。

と書くとオフィスや工場など、比較的広い場所で使われるもののように思われるだろう。実際、これまではそういったエンタープライズ利用がほとんどだったが、昨年、Google謹製の「Google Wi-Fi」が登場したことによって家庭での利用も広がっている。

 
Google Wifi
(画像引用元:Amazon)
https://www.amazon.co.jp/Google-Wifi-system-set-replacement/dp/B01MAW2294/ref=sr_1_5?ie=UTF8&qid=1547688037&sr=8-5&keywords=google+wifi

今回の記事では、前編でホームIoTとメッシュネットワークの相性について、後編で実際に筆者の自宅にメッシュネットワークを導入した経緯からその効果をまとめてみる。

 

ホームIoTとメッシュネットワークは相性ばっちり

ほとんどの読者の家庭にもWi-Fiルーターが設置されているだろう。そして、それはおそらく固定電話回線の近くであり、家のすみっこのほうにあると思う。

一般的なルーターのある環境
(画像引用元:Google)
https://blog.google/products/google-wifi/making-mesh-your-wi-fi/

すると、家の中でwi-fiの速度に「ムラ」ができる。

ルーターが設置された部屋がもっとも速く、離れるほどに遅くなり、トイレやバスルーム、寝室といった壁を隔てた空間では4G回線の方が速いのでWi-Fiを切っているということもあるのではないだろうか?

スマホで動画を見る程度なら一時的にWi-Fiを切っても問題ないのだが、Wi-Fi接続のホームIoTガジェットとなると話が別だ。

たとえば、これまでいくつかの記事で「ホームIoTを導入するなら欠かせない」と紹介しているNature RemoはWi-Fiで接続されている。ルーターの位置の問題で接続が不安定になると非常に使い勝手が悪い ーーつまり、エアコンや照明をつけられなくなる。

また、ChromecastやApple TVといったストリーミングデバイスもそうだ。

家の中に発生している「速度のムラ」の中でも遅いところにそれらが設置されていると、せっかく高い料金で契約したNetflixの4Kプランもまるで一昔前のYoutubeのような画質になってしまう。

さらに…と例を挙げればキリがない。AIスピーカー、Zigbeeゲートウェイ、Wi-Fi制御可能なルンバなどの家電類、これらのWi-Fi依存しているすべてのガジェットにとって、ネットワークの「ムラ」はいいことなしである。

そこでメッシュネットワークだ(私の悪い癖なのだが、ようやく本題に入る)。

私の住んでいるマンション(70㎡の2LDK)はそこまで広くもないが、やはりWi-Fiルーターは家の隅っこにあり、家の中で速度のムラがあった。正直、この面積でメッシュネットワークは大げさだと思っていたのだが、実際使ってみると非常に快適である。

メッシュネットワークを導入した環境
(画像引用元:Google)
https://blog.google/products/google-wifi/making-mesh-your-wi-fi/

その設置方法や効果は後編のレビュー記事に譲るが、先ほども例に挙げたストリーミングデバイスは特に効果抜群で、待機時間なしでいきなり4K再生が始まる。

続きは後編で

NETGEARの「orbi」
(撮影:Yuta Tsukaoka)

というわけで、メッシュネットワークがいかにホームIoTと相性がいいかを力説する前編はこれで終わる。

ここまで読んでもまだ、自分の家にメッシュネットワークはやりすぎだろうと感じるかもしれないが、ことネットワークの速度と安定性に関して「やりすぎ」はない。速ければ速いほど、安定していればしているほどいいに決まっているのだ。

というわけで、私は自宅にNETGEARの「orbi」を導入してみた。その設置から使用感レビューを掲載する後編を読めばそれを納得してもらえるだろう。

<このライターの記事をもっと読む>
2019年はこうなる!? ホームIoTに訪れる3つの変化を大予想
自宅IoTのまとめ役には、やっぱり「ロボット」が必要なのではないだろうか?

関連記事

NEW

Amazon Echo向けの赤外線リモコンがあるとこんなに便利! 

Amazon Echoで可能な3つのスキル Amazon Echoに搭載されたAIアシスタント「Alexa」では、カスタムスキル、フラッシュブリーフィングスキル、スマートホームスキルの3種類のスキルが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.26
NEW

Amazon Echoの音楽再生方法は?オススメの音楽配信サービスも紹介! 

音楽再生方法は簡単! Amazon Echoに向かって、「アレクサ、音楽をかけて」と呼びかけるだけで、音楽再生が可能です。「アレクサ、米津玄師の曲をかけて」というように、ざっくりとした感じで曲を指定す ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.25
NEW

Amazon EchoとGoogle Homeを徹底比較!どの製品を購入するのがベスト? 

まずは両製品のラインナップの比較から Google Homeは、標準サイズのGoogle Home(15,120円)と、小型サイズのGoogle Home Mini(6,480円)の2種類を揃えていま ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.24

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.