自宅IoTのまとめ役には、やっぱり「ロボット」が必要なのではないだろうか? | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.10.18

自宅IoTのまとめ役には、やっぱり「ロボット」が必要なのではないだろうか?

記事ライター:Yuta Tsukaoka
alyssa.play

これからIoTはカメラベースになる

スマートフォンを操作する男性と部屋に設置されたカメラ

別の記事でも解説したが、これからのホームIoTはカメラで自宅内の環境を確認して稼働することがほぼ間違いないと思われる。
声の主がどこにいて、何を見ているのか ――つまり何をしたいのかを推測するためにはこれが一番確実だし、ホームセキュリティ機能を併せ持たせることもできるからだ。

とは言え、自宅内にカメラを置くことに抵抗があることも理解できる。以前の記事では「そういうものとして我慢することになる」と私は書いたが、どうもこれは極論だったようだ。顔見知りの読者や友人からまったく共感を得られなかった。

いわく、どんなに便利になったとしてもオンラインのカメラが自宅内にあるのは我慢できないらしい。その手に持っているスマホにも、自宅のPCにもカメラはついているので、我々はすでにオンラインのカメラに囲まれて生活しているのだが、こればかりは感情の問題なので説得が難しい。

しかし、繰り返しになるがホームIoTを考える上でカメラという「目」は避けて通れなくなるだろう。これを解決する方法を考えなくてはいけない。

 

「誰か」に見られていると思うから嫌なのだ

瞳が機械的なレンズになっている男性

自宅内カメラ反対派の意見は、オンラインのカメラが家にあることの不安感 ――つまり、だれかに覗き見されていることへの不安だろう。ならスマホのカメラだって… と言いたくなるがそれは無意味なので他の解決策を考えなくてはいけない。

なんとなくアタマの片隅にこの問いを置きながら生活していたある日、街を歩きながら、あるひとつのアイデアに到達した。おもちゃ屋さんの前である。

そうだ、カメラではなくて「目」であればいいのだ。しかも、ぬいぐるみやロボットのような「仲間」になれるモノの目。

たとえばソフトバンクショップにいるペッパーくんの目にはもちろんカメラが仕込まれているし当然ながらオンラインなのだが、そこに不快感を抱く人は少ない。ショップ店員が客に許可なくカメラを向ければクレーム案件だが、ペッパーくんは自然とそれをやってのける。

つまり、古来からのイメージ ――ドラえもん、銀河ヒッチハイクガイドのマーヴィン、R2-D2やC3POといったパートナーとしてのロボットの姿を復活させるときにあるのだろう。愛嬌があり、忠義心に厚く、善良な仲間としてのロボットである。アンドロイドのような人間型は「不気味の谷」問題もありまだまだ自宅に置く仲間にはならないだろうが、これらならきっと受け入れられる。

 

ホームIoTはつぎの時代へ

部屋に設置されたAIスピーカー

カメラを持ったホームIoTが実現すると何が起こるのか、最後に解説しておこう。

たとえば、今のスマートスピーカーは「耳」しかない状態である。家中のどこから聞こえてくるかわからないウェイクワードを待ち続け、聞こえれば対応するが、それがキッチンから大声でリビングに話しかけているのか、リビングのソファからそっと話しかけているのかは判断できない。

なので「電気つけて」という言葉を受け取ってもどこの照明をつければいいのかがわからないのだ。こちらとしては、キッチンにいるならキッチンの、リビングにいるならリビングの照明を点けてほしいに決まっているのだが、それは今の所かなり難しい

カメラではない解決策で現実的なものだと、人感センサーがある。
家のどのスペースに人がいるのかを察知することで、何をしてほしいのかを「察する」わけだが、二人以上で暮らしている家では同時に二箇所以上の人感センサーが人間を察知することがあるので機能しない。

また、家中にカメラがあるというのはホームセキュリティ上も安心だ。たとえば、スマホと自宅Wi-Fiの接続が切れたら録画を始め、加えて動きを検知したらアラートを出す、といった設定が可能になるだろう。

自宅内にホームIoTデバイスが増えれば増えるほど、どれを操作するべきなのかという判断が必要になる。その上で、目を持つことは必須だということが分かってもらえただろう。

その目を持つ過程で、不安感を払拭するための「見た目」は大切だ。2020年までにはこういったロボット型のカメラ、またはカメラを搭載したAIスピーカーが広く普及すると予測する。

<このライターの記事をもっと読む>
IoTのフレーム問題は「家が目を持つ」ことで解決できる
快適な暮らしをもたらすIoTだからこそ「セキュリティ」を考えなくてはいけない

関連記事

NEW

あの「ルイ・ヴィトン」もIoTに参入 ーLPWAの波がIoTを変えるか?

おそらく世界で一番高価なトラッカー 読者諸氏は旅行が好きだろうか? 私は、知恵とテクノロジーと少しのお金を駆使して家を快適にすることに腐心しているので、旅行をする時間がない。要するに出不精というやつだ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.17
NEW

自宅のブラインドをスマート化できる!"Blind Engine"とは?

自宅のブラインドをスマート化する"Blind Engine"とは? 日中の日差しを遮りながら夜間は室内のプライバシーを守れるシェードやブラインドは、便利なうえに存在感があることから、室内をお洒落な空間 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.17
NEW

IoTを支えるLPWAは何が革命なのか?(後編)

前編ではLPWAの基礎と新しい産業革命について解説 この記事は、同タイトルの前編の続きである。「LPWA」と言われて、その正式名称がわからないというような読者は、ぜひ前編から読んでほしい。いいだろうか ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.16

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.