iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.04.26

4,980円で映画や音楽、スポーツにゲームまで楽しめるChromecastが大人気!

発売以来、高い人気を維持しているGoogleのChromecast。2015年にはIEEE802.11ac(5GHz)対応の第2世代が発表され、ますます勢いを増しています。今回はChromecastでできることや、その魅力をご紹介していきます。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

テレビでストリーミングが思う存分楽しめるChromecastとは?

Chromecastは、テレビのHDMI端子に挿してWi-Fi接続するだけで、テレビで映画、音楽、ゲーム、スポーツ番組などが思う存分楽しめる、いわば外付けのIoTデバイスです。

セットアップも「Chromecastをテレビとコンセントに挿す」「テレビの入力画面をHDMIに切り替える」「スマホやタブレット、PCからセットアップする」だけという手軽さで、Chromecastアプリがあれば、その他に新たなログインやインストールなども必要ありません。

なお、テレビにUSB端子が搭載されている場合は、Chromecastへの電源供給もテレビから行えますので、電源アダプターなども必要ありません。

セットアップ完了後は、「キャスト」と表示されるChromecastアイコンをタップすれば、スマホにインストールされているNetflix、YouTube、Google Playなどのアプリを使って、テレビの大画面で、テレビ番組、映画、音楽、ゲーム、スポーツ番組などを楽しむことができるようになります。

また、冒頭でも少し触れましたが、初代Chromecastと2代目Chromecastの大きな違いはWi-Fi規格です。

初代ChromecastがIEEE802.11/b/g/n(2.4GHz)までだったのに対し、2代目Chromecastは11.ac(5GHz)までカバーしてくれるようになりましたので、より強いWi-Fi電波で快適に動画を楽しむことができ、ユーザーからも「YouTubeやHuluなどをストレスなく楽しめる」と評判のようです。

ちなみに、Chromecastに似たサービスでWi-Fi Allianceが策定したMiracastという伝送技術があります。

Miracastは、再生しているスマホでメールなど別の操作を始めてしまうと動画の再生が止まってしまうのに対し、Chromecastはネット上からデータを受信し、再生を続けてくれますので、別の操作をしても再生が止まらないという違いがあります。

つまりChromecastでは、一度再生を指示してしまえば、そのスマホで別操作をしても、その場から離れてしまっても、再生を継続することができるという訳です。

それだけではなく、Chromecastを使ってドラマなどを見ている場合「続きの動画を先にロード」してくれる機能もあります。

Chromecastで連続ドラマやアニメなどを頻繁に楽しみたいという方にとって、続きの動画をロードしておくことで、ノンストップで観ることができるという点は嬉しい機能と言えるでしょう。

ほかにも、Chromecastを使ってGoogleフォトに収めてある動画や写真をテレビで表示したり、Android端末に表示されているコンテンツをそのままテレビにストリーミングしたりすることも可能です。

今までスマホやタブレットの小さい画面でしか楽しめなかった動画や映画、音楽などさまざまなコンテンツを、テレビの大画面でストレスなく思う存分楽しむことができるというのが、Chromecastの大きな魅力です。

 

Google HOMEがあればChromecastがもっと便利になる

Googleから発売されているスマートスピーカーGoogle HOMEには、音声認識AIアシスタントが搭載されています。

Chromecastと組み合わせることで、

「Ok Google、Netflixでフラーハウスを再生して」

「Ok Google、テレビでSpotifyのジャズを流して」

といった音声コマンドにも対応してくれるようになりますので、より便利にChromecastを使うことができます。Chromecastの購入を検討している方は、併せてGoogle HOMEを検討してみてはいかがでしょうか?

 

Chromecastはあらゆるコンテンツを存分に楽しめてたったの4,980円!

今回はGoogleのChromecastについてご紹介してきました。Chromecastは、一度使えばその便利さや楽しさを十分に実感できるIoTデバイスです。

現時点でChromecastに対応しているアプリはアプリとパートナーから確認できます。今後も随時追加されていきますので、より多くのコンテンツが楽しめるようになるでしょう。

これまでになかった新しいエンターテイメントの楽しみ方を提供してくれるChromecastは、Googleストアで4,980円(しかも送料無料)で購入することができますので、コスパの面でもこれ以上ないデバイスと言えます。

毎日動画を楽しみたい、休みの日に映画やドラマを観たい、音楽やスポーツ、そしてゲームを楽しみたいというすべての方におすすめのChromecast。

この機会にぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

NEW

【一問一答】今日から始まる無差別侵入調査「NOTICE」について知っておくべきこと

今日、2019年2月20日から総務省によるIoT機器の無差別侵入調査「NOTICE」が始まっている。 この概要については何度か記事にしているが、要するに情報通信研究機構(以後、NICT)が無差別に日本 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.02.20
NEW

【レビュー】Pixel3はAIスピーカーの代わりになるか、それ以上か。(後編)

Pixel3は、AIスピーカーとスマホのハイブリッド (撮影:Yuta Tsukaoka) 昨年11月に発売されたPixel3を筆者も今年になってようやく手に入れた。アンボクシング(開封の儀)やカメラ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.02.20
NEW

AQUOS 4KがついにGoogle アシスタントに対応!新たな世代のスマートテレビへと進化したAQUOSに注目

AQUOS 4Kのメジャーアップデートで何ができるようになるの? 今回メジャーアップデートを受けるAQUOS 4KはGoogleのOSであるAndroidを搭載した、インターネットにつながるAIoT対 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.02.20

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.