iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.09.14

ドラえもんと会話ができる!?「Clova Friends mini ドラえもん」

LINE謹製のスマートスピーカーの中でも、小さくて可愛らしいデザインと価格の安さで人気のClova Friends miniシリーズに、なんと、ドラえもんのデザインが登場しました。今回は、Clova Friends mini ドラえもんと、従来のClova Friends miniとの違いや機能の特徴をご紹介します。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

Clova Friends miniとは

(画像引用:https://clova.line.me/clova-friends-mini/)

Clova Friends miniは、LINEの発売するスマートスピーカーです。Clova WAVE、Clova Friendsに次ぐ第三段で、その名のとおり、Clova Friendsの特徴を引き継いでいます。

特徴的なのがデザインで、Clova Friendsと同じく、LINEキャラクターであるくまの「ブラウン」とひよこの「サリー」をラインナップ。今回さらに、新たに「ドラえもん」が加わりました。

サイズは縦109.7mm、横と厚みが72mmとコンパクト。さらに、2000mAhのバッテリーを内蔵しており、アダプタにつないでいなくても、4~5時間の連続再生が可能となっています。

簡単に持ち運べるので、料理中や、ちょっとした作業をするときにも、そばにおいておくことができます。昼間はリビングに置いておき、夜は寝室に持ち込むといった移動も楽々です。

 

Clova Friends miniでできること

Clova Friends miniはLINE社製のスマートスピーカーですから、LINEとの連携機能が豊富に揃っています。主な機能には、次のようなものがあります。

  • LINEの送受信
  • LINE無料通話
  • LINE MUSICの再生

 

たとえば、「Clova、○○にLINEを送って」と話しかけると、「どのように送りますか」とかえってきます。そこで送りたい内容を話しかければ、スマートフォンを操作することなくLINEが送れるのです。

さらに、「Clova、LINEを読んで」と話しかければ、未読のメッセージを読み上げてくれます。

また、「Clova、○○に電話して」と言えば、LINE無料通話をかけてくれます。相手からかかってきた場合の操作も、「電話に出て」「電話に出ないで」と話しかけるだけでOKです。

しかも、月額960円のLINE MUSICに登録すれば、約4,700万曲が聴き放題です。「Clova、何か曲を聴かせて」と話しかければ、自動で曲を再生してくれます。曲のジャンルや雰囲気、アーティストや曲名を指定することも可能です。

LINEをハンズフリーで使えるだけでも充分便利なClova Friends miniですが、その他の機能も充実しています。現在、搭載されているものには以下があります。

  • radikoと連携したラジオ再生
  • 天気、カレンダー、ニュース、占いなどの情報
  • 百科事典
  • 翻訳
  • 童話・昔話の朗読
  • アラーム・タイマー
  • 設定した家電(テレビや電気など)の操作

 

Clova Friends mini ドラえもんの機能「ドラえもんトーク」

スマートスピーカーとして、充実した機能を備えたClova Friends miniですが、ドラえもんバージョンにはさらに「ドラえもんトーク」という機能があります。こちらは、文字通りドラえもんと楽しくおしゃべりができる機能です。

使い方は、「Clova、ドラえもんと代わって」と話しかけるだけ。すると、「こんにちは、ぼくドラえもんです」と、お馴染みのあいさつでドラえもんが登場します。ちなみに、声は水田わさびさんバージョンです。

ドラえもんトークでは、あいさつ、じゃんけん、なぞなぞなどのおしゃべりが楽しめるほか、ドラえもんに関する質問などにも答えてくれます。

また、ドラえもんに登場するキャラクターの名前や「キテレツ」「エスパー魔美」といった藤子・F・不二雄作品のキャラクター名にも特別な反応をしてくれるそうです。

さらに面白いのが、「ひみつ道具」の機能です。ドラえもんに「ひみつ道具出して」というと、ランダムでひみつ道具を出してくれます。登録されているひみつ道具の数は膨大で、お馴染みのものからちょっとマイナーなものまでそろっています。ひみつ道具の名前を言うとその解説もしてくれるので、これだけでも長い時間楽しめそうです。

Clova Friends mini ドラえもんの価格は、他のデザインと同じく5,400円(税込)。LINEやLINE MUSICをハンズフリーで使えるだけでなく、ドラえもんとの会話も楽しめてしまうのにこの価格は、破格といっても過言ではないでしょう。

ドラえもんファンはもちろん、小さいお子さんや、ファミリー、一人暮らしで寂しいという人にもぜひおすすめしたい一台です。

関連記事

NEW

Amazon Echo向けの赤外線リモコンがあるとこんなに便利! 

Amazon Echoで可能な3つのスキル Amazon Echoに搭載されたAIアシスタント「Alexa」では、カスタムスキル、フラッシュブリーフィングスキル、スマートホームスキルの3種類のスキルが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.26
NEW

Amazon Echoの音楽再生方法は?オススメの音楽配信サービスも紹介! 

音楽再生方法は簡単! Amazon Echoに向かって、「アレクサ、音楽をかけて」と呼びかけるだけで、音楽再生が可能です。「アレクサ、米津玄師の曲をかけて」というように、ざっくりとした感じで曲を指定す ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.25
NEW

Amazon EchoとGoogle Homeを徹底比較!どの製品を購入するのがベスト? 

まずは両製品のラインナップの比較から Google Homeは、標準サイズのGoogle Home(15,120円)と、小型サイズのGoogle Home Mini(6,480円)の2種類を揃えていま ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.24

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.