iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.09.30

【最新】「MacBook Pro」と「MacBook Air」はどちらがおすすめ?選び方を徹底解説!

「MacBook Proにしようかな」「MacBook Airってどうなの?」と思っている方は、ぜひともこの記事を参考にしてください。MacBookの歴史から、MacBook ProとMacBook Airの違い、価格、最新情報、中古を購入する際の注意点など、MacBookを使ったことがない方にも分かりやすく解説していきます!

記事ライター:iedge編集部

MacBook(マックブック)を徹底比較

現行のMacBookのスペックを比較してみましょう。現在、Appleで販売されているのは次の4機種です。

MacBook Air(Retinaディスプレイ)

13インチMacBook Pro(2つのThunderbolt3ポート)

13インチMacBook Pro(4つのThunderbolt3ポート)

15インチMacBook Pro

MacBook(マックブック)を比較する項目

比較する項目は「CPU」「GPU(グラフィック)」「メモリ」「サイズと重さ」「バッテリーの持ち」「インターフェースの種類と数」です。

これらは動作に関わってくるだけでなく、持ち運びのしやすさなどにも影響してきます。選ぶ際のポイントになるので、要チェックです。

CPU

CPUは別名プロセッサーと言います。CPUの性能は処理能力に大きく影響します。簡単に言えば「Core i」に続く数字が大きい方が、処理能力は高いです。

ただ、デュアルコアよりクアッドコアの方が高性能であるなど、「Core i」に続く数字だけがすべてというわけでもありません。数字とコア数、両方で見ていくと良いでしょう。

Turbo Boostとは、発熱量に応じて動作速度を向上させる機能です。

下表のMacBook Airで言えば、定格1.6GHzに対し、より速い最大3.6GHzの動作周波数でコアを動かせるということになります。数字が高い方が、複雑な作業時もサクサク進むとイメージしておきましょう。

MacBook Air

(Retinaディスプレイ)

1.6GHzデュアルコアIntel Core i5

Turbo Boost使用時最大3.6GHz

13インチMacBook Pro

(Thunderbolt3ポート×2)

2.4GHzクアッドコアIntel Core i5

2.8GHzクアッドコアIntel Core i7

Turbo Boost使用時最大4.7GHz

13インチMacBook Pro

(Thunderbolt3ポート×4)

1.4GHzクアッドコアIntel Core i5

1.7GHzクアッドコアIntel Core i7

Turbo Boost使用時最大4.5GHz

15インチMacBook Pro 2.6GHz 6コアIntel Core i7

2.3GHz 8コアIntel Core i9

2.4GHz 8コアIntel Core i9

Turbo Boost使用時最大5.0GHz

GPU(画像処理装置・グラフィック)

CPUと並んで、PCには欠かせないのがGPU(画像処理装置)です。プログラミングされたデータを処理してグラフィック化することで、私たちはアイコンのクリック、ファイルの移動、PCゲームのプレイなどを視覚的に行えるようになります。なお、GPUはCPUよりも高い処理能力が求められます。

下表は、上から順にGPUが優秀であると考えて良いでしょう。15インチMacBook以外は、CPUと一体型の統合GPUとなっています。

15インチMacBookは独立型で、他のモデルと比べると高性能です。ただし、動画や音楽、画像などの編集作業がメインになるという方以外は、統合GPUで十分です。

MacBook Air

(Retinaディスプレイ)

Intel UHD Graphics 617
13インチMacBook Pro

(Thunderbolt3ポート×2)

Intel Iris Plus Graphics 645
13インチMacBook Pro

(Thunderbolt3ポート×4)

Intel Iris Plus Graphics 655
15インチMacBook Pro Intel UHD Graphics 630(標準構成)

Radeon Pro 555X(4GB GDDR5メモリ搭載)

Radeon Pro 560X(4GB GDDR5メモリ搭載)

Radeon Pro Vega 16(4GB HBM2メモリ搭載)

Radeon Pro Vega 20(4GB HBM2メモリ搭載)

メモリとストレージ

データやプログラムを一時的に記憶する部分です。

一般的にメモリと言えば、データを読み書きする「RAM」を指します(読み出し専用はROMと言います)。スマホを買う際、何GBであるかなど、メモリを気にする方も多いのではないでしょうか。当然、数字が大きくなれば、それだけ記憶できる量も多くなります。

一方のストレージは「保存する部分」のことです。一時的に記憶するメモリと違い、HDやSSDなどに保存・保管することを指します。

MacBook Air

(Retinaディスプレイ)

メモリ:最大16GB

ストレージ:最大1TB

13インチMacBook Pro

(Thunderbolt3ポート×2)

メモリ:最大16GB

ストレージ:最大2TB

13インチMacBook Pro

(Thunderbolt3ポート×4)

15インチMacBook Pro メモリ:最大32GB

ストレージ:最大4TB

サイズと重さ

持ち運びするなら、サイズと重さは重要です。なお、重さですが、参考までにiPhone XSは177g、iPhone XS Maxは208gです。だいたい何個分かをイメージしてみてください。

高さ 奥行き 重さ 画面
MacBook Air

(Retinaディスプレイ)

0.41〜1.56cm 30.41cm 21.24cm 1.25kg 13.3インチ
13インチMacBook Pro

(Thunderbolt3ポート×2)

1.49cm 1.37kg
13インチMacBook Pro

(Thunderbolt3ポート×4)

15インチMacBook Pro 1.55cm 34.93cm 24.07cm 1.83kg 15.4インチ

バッテリーの持ち

持ち運びする際、サイズや重さのほか、バッテリーの持ちも重要です。実際の消費量は使用状況などによって変わってきますが、ここではカタログベースのバッテリー駆動時間を紹介します。

MacBook Air

(Retinaディスプレイ)

最大12時間
13インチMacBook Pro

(Thunderbolt3ポート×2)

最大10時間
13インチMacBook Pro

(Thunderbolt3ポート×4)

15インチMacBook Pro

インターフェースの種類

最後にインターフェースの種類と数を比べてみましょう。インターフェースとは、MacBookと外部機器の接点(橋渡し)となる部分のことです。

ハードウェアインターフェース、ワイヤレスインターフェースなどがありますが、ここではハードウェア、つまりポート(接続端子)についてご紹介します。数が多いほど、同時接続可能な端末が多くなります。

ポート
MacBook Air

(Retinaディスプレイ)

Thunderbolt3

(USB-C)

2個
13インチMacBook Pro

(Thunderbolt3ポート×2)

13インチMacBook Pro

(Thunderbolt3ポート×4)

4個
15インチMacBook Pro

 

MacBook(マックブック)の値段は?どこで買える?

MacBookはいくらくらいするのか、安く買える場所はあるのか、いろいろと比較していきましょう。なお、価格はすべて税込表示しています。

※価格は2019年8月の調査時点のものです。変更になる場合がありますので、最新情報は購入を検討している店舗にご確認ください。

MacBook Air

Apple Store 量販店 ネット通販
128GB 129,384円 129,380円 123,000円
256GB 150,984円 150,980円 143,800円

MacBook Pro(13インチ / Touch Bar搭載)

Apple Store 量販店 ネット通販
1.4GHz / 128GB 150,984円 150,980円 147,139円
1.4GHz / 256GB 172,584円 172,580円 160,563円
2.4GHz / 256GB 214,704円 214,700円 191,880円
2.4GHz / 512GB 238,464円 238,460円 218,800円

MacBook Pro(15インチ)

Apple Store 量販店 ネット通販
2.6GHz / 256GB 279,504円 279,500円 263,800円
2.3GHz / 512GB 327,024円 327,020円 285,500円

Apple Storeと量販店は端数程度しか変わりませんでしたが、ネット通販では数千円〜数万円ほど安く買えることもあるようです。ただし、量販店はセールでの値下げも考えられますので、タイミングによるかもしれません。

とにかく安く手に入れたいなら、ネット通販や量販店がおすすめですが、送料が別途かかったり、初期不良があったりした場合は、結局Appleに連絡しなければなりません。

実機に触れることができ、かつ、MacBookのプロフェッショナルにその場で相談しながら選べるApple Storeでの購入を、いちばんおすすめしたいところです。

ただ、近くにApple Storeがない場合も多いと思います。その場合は、Apple公式サイトからの購入をおすすめします。

 

<続き> MacBook(マックブック)の選び方

1 2 3 4 5 6

関連記事

NEW

クラウドファンディングとは?IoTスタートアップでの成功事例やその仕組みについて【テクノロジー・AI 入門編】

IT社会の現代では、企業や個人が資金を募る方法も多様化してきました。なかでも現在もっとも注目を集めているのが、「クラウドファンディング(CrowdFunding)」です。 当初は寄付的側面の強かったク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.15
NEW

エッジコンピューティングとは?IoTとの関係やメリットデメリットについて【テクノロジー・AI 入門編】

現代ではスマートフォンの登場により、インターネットにつながる機器が一気に増加しました。さらに「スマートウォッチ」や「AIスピーカー」など新たなデバイスも登場し、今後はありとあらゆるものがインターネット ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.14
NEW

BOSEの「AIアシスタント内蔵ノイキャンヘッドフォン」新旧比較!最新製品に飛びつかなくてもOK…かも

BOSEが「Quiet Comfort」の名を冠さないノイズキャンセリングヘッドフォンを発売して、2週間ほど経ちました(執筆時点)。 それがこの「BOSE NOISE CANCELLING HEADP ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.11

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.