iedge
  • iedge

タグ

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.10.24

【 #Pixel4 写真作例集】ズーム・ポートレート・ナイトモードを試してみたよ〜 #shotonpixel4

記事ライター:Yuta Tsukaoka

これまでのGoogle製品ではありえないスピード出荷・スピード配達で昨日到着した「Pixel 4」

10月16日の予約開始当日に決済して、発売日の22日に発送、23日午前には手元に届いていました。

これまでGoogle製品は香港かシンガポールからの発送が普通でしたが、国内便に変更されたようです。嬉しいですね。

というわけで、昨日は開封&セットアップレビューを早速書いたあと、そのまま外へと繰り出して写真撮影のテストに行ってまいりました

まずはカメラの外観 & スペックチェック

まずは、本体についているカメラをよく見てみましょう。

Clealy WhiteやOh So Orangeでは四角いカメラユニットがかなり目立っていて、正直ちょっと先進的すぎるデザイン(ギリギリの表現)かなと思っていましたが、僕の注文したJust Blackではまぁまぁうまく馴染んでくれています

横から見るとこんな感じ。実測で1.1mmのでっぱりです。

そして、カメラスペックは以下のとおり。

さて、このカメラでどんな写真が撮れるのでしょうか。さっそく見ていきましょう!

まずはノーマル撮影

まずは、普通にそのまま撮ってみます。

カメラを起動し、設定などいじらずにそのままシャッターを押した「撮って出し」です。

まずはさくさくっと作例を見ていただきましょう。

画像クリックで原寸写真が表示されます(Googleフォト)

カメラ:Pixel 4
F値:1.73 / シャッタースピード:1/4695 / 焦点距離:4.38mm / ISO:54

 

画像クリックで原寸写真が表示されます(Googleフォト)

カメラ:Pixel 4
F値:1.73 / シャッタースピード:1/2347 / 焦点距離:4.38mm / ISO:53

 

画像クリックで原寸写真が表示されます(Googleフォト)

カメラ:Pixel 4
F値:1.73 / シャッタースピード:1/168 / 焦点距離:4.38mm / ISO:65

 

画像クリックで原寸写真が表示されます(Googleフォト)

カメラ:Pixel 4
F値:1.73 / シャッタースピード:1/2347 / 焦点距離:4.38mm / ISO:58

全体にシャッキリした撮れ味です。

ディティールをきちんと捉えてくれています。

最後の写真と同じ構図でPixel 3を使って撮った写真はこちら。

画像クリックで原寸写真が表示されます(Googleフォト)

カメラ:Pixel 3
F値:1.8 / シャッタースピード:1/2132 / 焦点距離:4.44mm / ISO:58

Pixel 4と比べると、若干ディティールが甘いような印象です。

夕日に近い太陽光の色も、Pixel 4のほうがうまく再現してくれています。

とはいえ、どちらもポケットに入っているスマホで撮れると思えば十分な写真じゃないでしょうか。

明らかな差が出る「ズーム」

では続いて、Pixel 4が発表されたイベントでも大きく取り上げられていた「ズーム」を試してみましょう。

新宿NSビルの29階から新宿を見下ろして、赤く示した部分にズームアップして撮影してみます。

ズーム倍率は最大の8倍、Pixel 3とPixel 4、どちらも同じ場所・同じ条件で撮影しました。

まずはPixel 3で撮影された写真。

画像クリックで原寸写真が表示されます(Googleフォト)

カメラ:Pixel 3
F値:1.8 / シャッタースピード:1/250 / 焦点距離:4.44mm / ISO:52

デジタルズーム特有の「ピクセルボケ」がありますね。

ディティールは潰れていて、全体にぼやっとした印象の画になります。

では続いて、Pixel 4で同じ場所から撮ったズーム写真をどうぞ。

画像クリックで原寸写真が表示されます(Googleフォト)

カメラ:Pixel 4
F値:2.4 / シャッタースピード:1/124 / 焦点距離:5.84mm / ISO:38

横断歩道の線、歩行者、車などのディティールに注目してみると明らかにくっきりと描写しているのがわかります。

もう1枚、Pixel 4で撮影した写真をご覧頂きましょう。

新宿中央公園付近から、パークハイアット東京を捉えた写真です。こちらも、赤く示した部分に向けてズームアップしてみます。

すると…

画像クリックで原寸写真が表示されます(Googleフォト)

カメラ:Pixel 4
F値:2.4 / シャッタースピード:1/735 / 焦点距離:5.84mm / ISO:62

ここまでディティールが出ます!コレすごくないですか?

アンテナ周辺のディティールも潰れず、そこに何があるのかはっきりとわかります。

ちなみに、ズームしていない画像を同じ画角になるよう拡大してみると、こうです。

かなりのディティールが消えているのがわかりますね。

2レンズ構成になったことで、ズームレンズと標準レンズの画像を組み合わせてディティールを失うことなくズームできるようになったことを実感できます。

ポートレートモードとナイトモードの実力は?

1 2

関連記事

NEW

【IoTマスターへの道 vol.13】実家IoT化計画編No.3 子供も喜ぶIoT!!!

実家の帰省ついでに「鍵ないと家に入れない問題」を解決すべく、まずは基礎となるIoTグッズを導入した。 父の反応は意外と良かったのだが...あれから3日経って両親は、きちんとIoTグッズを使いこなすこと ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.11.20
NEW

Fire TV Stickはセールで買おう!2019年はいつ?最安値はプライムデー?

Fire TV Stickのセール価格は?2019年9月までの実績まとめ 現在Amazonウェブサイトにラインナップされているのは、Fire TV Stick、Fire TV Stick4K、そして予 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.11.20
NEW

Fire TV Stick対応のおすすめアプリを紹介!一括ダウンロードもできて超便利

Fire TV Stick対応!無料おすすめアプリ Fire TV Stickには、有料アプリはもちろん、無料で使える対応アプリも多数ラインナップされています。その中でも、ぜひ入れておきたいアプリを紹 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.11.18

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.