【発売日まで2週間】Amazon Echo Spotが国内で販売開始! いったい何がスゴイのか?そして、期待したいコト | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.07.12

【発売日まで2週間】Amazon Echo Spotが国内で販売開始! いったい何がスゴイのか?そして、期待したいコト

記事ライター:Yuta Tsukaoka
alyssa.play

画面付きのAIスピーカー「Echo Spot」

部屋に置かれたamazon ehcho spot

Amazonがこれまで欧米を中心に販売してきた「Echo Spot」を日本国内でも発売、現在は予約受付中となっている。

球体の筐体に円形のディスプレイ、そしてインカメラとスピーカーというシンプルな構成だが、もちろんAmazonのAI「Alexa」が搭載されている。

すでに50以上のEcho Spot専用スキルが公開されていて、たとえばAmazonによるプロモーションビデオでは「デリッシュキッチン」のレシピ動画をキッチンで見ながら料理をする父娘が登場する。

現行の「Echo Dot」や「Echo」ではレシピを音声で読み上げるだけなので、正直に言ってそれを参考に料理をするというのは現実的ではない。かといって聞いて楽しむようなものでもなく、かなり中途半端な存在だ。

それが、画面があれば必要な材料の一覧や、具材の切り方まで具体的に見ることができるのでかなり使い勝手は向上するだろう。

 

ライバルはスマホ? タブレット?

数字が表示されたamazon echo spot

このニュースが出たとき、世の中の反響はかなりイマイチだった。

スマホやタブレットと比較して、電源ケーブルと宅内ネットワークが前提となっているこのマシンは中途半端に写ったのだろう。実際、先程の「デリッシュキッチン」の例であればスマホでも用が済む。

だからといって、Echo Spotのライバルがスマホやタブレットというのは、かなり「わかってない」意見と言わざるを得ない。

一応、読者に慮ってフォローしてみると、それら意見はAIスピーカーを利用したことのない層から出ているのかな、と思う。というのも、画面のついていないAIスピーカーでさえ、スマホやタブレットよりも便利に感じる場面があるからだ。

たとえば、手が使えないとき、声で操作できるのは大きなアドバンテージである。アマゾンがプロモーションビデオで「料理中の父娘」を起用したのもこのあたりのメリットを伝える目的があったものと思われる。

しかも、ただ手を触れずに起動できるというだけでなく、起動と同時にアンサーを提供してくれるのはAIスピーカーの大きなメリットだ。スマホであれば、まずは本体を起動して目的のアプリを開き、検索クエリの入力などのアプリの操作を経てアンサーを得るが、これがいらない。

私は仕事の秘書としてAIスピーカーを利用するという記事を書いたが、仕事中に手を離さずに直接アンサーを得られるというのは非常に心地いい経験である。

ただ、入力も出力も基本的に音声のみなので、できることは限られてきた。

先ほど書いたように、レシピのようなものは全く向いていないし、飲食店を探すにも向いてない。住所を音声で告げられたところで覚えられないし、覚えるつもりにもなれないからだ。

そのデメリットをカバーしているのが今回のEcho Spotだと考えるならば、これがどれだけ便利なものか気づいてもらえるだろうか。

 

Echo Spotに期待したいこと

部屋に置かれたamazon echo spot

最後に、私が個人的にEcho Spotに期待したいことを書いてみる。

まず、対応する音楽サービスに「Spotify」を追加してほしい。「Google Music」や「Apple Music」が難しいのは仕方ないとしても、「Amazon Music」以外には「TuneIn」しか対応していないというのは、どう考えてもお粗末だ。

Spotifyで自動生成されるプレイリストから気に入ったものがあったとき、Echo Spotのディスプレイで「♡」をタップする、という使い方ができれば最高である。

次に、地図サービスはきちんとしたものを使ってほしい。

食べログなどのグルメ情報をはじめ、位置情報に関連したサービスは音声のみのEchoではほとんど使い物にならなかった。せっかく画面がつくのだから、Googleマップでいいので、きちんとした使い物になる地図とAPI連携してくれることを願う。

最後に、アバターの実装をしてほしい。

日本ではすぐに使えないようだが、Echo Spotはテレビ通話の機能を備えている。オンラインミーティングのときにPC画面を専有されないのは大きなメリットに繋がるので大歓迎の機能ではあるが、こちらがいつでも「写れる」状態でいるとは限らない。

そこで、バーチャルYoutuberに使われる顔認識と3D技術の組み合わせで自分の代わりにアバターが表示されるようなったら便利だろう。

そもそもカメラを使う必要があるか、と疑問に思う読者もいるだろうが、その必要はあるのだ。IT業界でも意外と考えの古い人物は多く、「動く相手と話したい」と考えている人がたくさんいる。そんな考えが駆逐されることに期待するよりは、EchoSpotにアバター機能を期待するほうが現実的である。

いまAmazonで予約すると7/26に到着するようだ。興味のある方は予約してみてはいかがだろうか。

(画像引用:アマゾンジャパン合同会社)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000829.000004612.html

関連記事

NEW

あの「ルイ・ヴィトン」もIoTに参入 ーLPWAの波がIoTを変えるか?

おそらく世界で一番高価なトラッカー 読者諸氏は旅行が好きだろうか? 私は、知恵とテクノロジーと少しのお金を駆使して家を快適にすることに腐心しているので、旅行をする時間がない。要するに出不精というやつだ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.17
NEW

自宅のブラインドをスマート化できる!"Blind Engine"とは?

自宅のブラインドをスマート化する"Blind Engine"とは? 日中の日差しを遮りながら夜間は室内のプライバシーを守れるシェードやブラインドは、便利なうえに存在感があることから、室内をお洒落な空間 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.17
NEW

IoTを支えるLPWAは何が革命なのか?(後編)

前編ではLPWAの基礎と新しい産業革命について解説 この記事は、同タイトルの前編の続きである。「LPWA」と言われて、その正式名称がわからないというような読者は、ぜひ前編から読んでほしい。いいだろうか ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.16

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.