iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.12.18

シャワーを浴びながら買い物できるAlexa搭載スマートミラー「Verdera Voice Lighted Mirror」

スマートホームの波は、ついに洗面所というパーソナルな空間にまで到達したようです。KohlerのAmazon Alexaを搭載したスマートミラー「Verdera Voice Lighted Mirror」が、あなたのひげ剃りやメイク時間を充実させてくれます。

記事ライター:iedge編集部

「Verdera Voice Lighted Mirror」でできること

まず、このスマートミラーには大きなLEDライトとステレオサウンドが搭載されています。

「ライトをもっと明るく(暗く)して」などと話しかければ、Alexaが明るさを調整してくれます。鏡本体のタッチパネルや、専用モバイルアプリからも操作ができます。

人感センサーも搭載し、洗面所に一歩足を踏み入れれば、自動でライトがつくため、夜中にトイレに起きたときも安全です。

バスルームのスマート化においては、「ハンズフリー」がキーワードになりそうです。

シャワーやメイクの時間を有効活用して、音楽を流したり、天気や交通状況、今日のニュースについて聞いたりするのも、Alexaに声をかけるだけで実現できます。

鏡を見ながらシェービングクリームや口紅を買い物リストに入れたり、Amazonから注文したりすることも可能です。

そしてAlexaは、愉快なジョークを言ってあなたの1日の始まりをハッピーにすることも忘れません。さらに、家の他の場所にあるIoT製品をバスルームの中から操作することもできます。

あなたの家にスマートエアコンとスマートコーヒーメーカーがあるなら、「Alexa、リビングの暖房をつけて、コーヒーを淹れて」なんて命令をすれば、朝の忙しい時間を少しでも余裕を持って過ごせるかもしれません。

 

「Verdera Voice Lighted Mirror」のデザイン

ミラーの高さは約83センチ、横幅は60、76、101センチの3タイプがあります。奥行きは5センチ程度で、他のスマートミラーに比べても軽やかで洗練された印象です。

三面鏡になっていて、左右の面に縦長のLEDライトが搭載されています。スピーカーやタッチパネルも含めてすべてが防水仕様になっているので、水がかかることを心配する必要もありません。

三面鏡によくある鏡の後ろの収納はついていないので、購入前に頭に入れておく必要があります。

 

実際にスマートミラーを設置するには?

「Verdera Voice Lighted Mirror」の導入は簡単です。写真や図を使った、とてもわかりやすい説明書が付属しています。必要なのは、鏡を壁に取り付ける道具だけです。

壁に取り付けたあとは、スマートミラーをWi-Fiに接続してAlexaをインストールします。ミラーの操作はAlexaを通してだけでなく、専用モバイルアプリからもできるので、スマートフォンやタブレットにアプリをダウンロードしましょう。

 

他社のスマートミラーとの比較

同じくAlexaを搭載したスマートミラーとして、台湾の企業Cal-Comp Big Data, Inc.が開発した「HiMirror Mini」が挙げられます。この製品の大きな特徴は、カメラが内蔵されていることです。

カメラで肌の状態を分析して、スキンケアのアドバイスをしたり、使ってみたスキンケア商品の効果を記録したりという機能があります。バスルームにカメラがあるのが気になるという場合は、カメラがついていないVerdera Voice Lighted Mirrorがおすすめです。

他にも、オランダに本拠地を置く多国籍企業Philipsは、体重計、シェーバー、電動歯ブラシなど、同社のWi-Fi対応製品と連動して、個人の健康状態を管理するハブとなる、スマートミラーを開発中であると発表しています。

 

水回りのIoT化が止まらない

Kohlerは、バスルームやキッチンの設備を製造および販売している、アメリカを代表する老舗メーカーです。近年はスマートホームシステムの開発に力を入れています。

今回紹介した「Verdera Voice Lighted Mirror」の他にも、スマートトイレ、スマート蛇口など様々なIoT製品を発表しています。

例えば、スマート蛇口は、音声コマンドで水を出したり止めたりできるだけなく、「30ミリリットル出して」などと分量を指定することもできます。計量カップもいらない時代がやってきそうです。

 

Verdera Voice Lighted Mirrorの値段

アメリカでの値段は、サイズに合わせて999ドルから1,299ドルとなっています。日本での発売時期、値段はまだ発表されていません。

関連記事

NEW

【フィクションで探る人工知能の多様性】人工知能が人間を内包する時。思考実験「ロコのバジリスク」が見せるフィクションとリアリティの交差点

適切な温度に保ってくれるエアコン、好きな番組をすぐに見つけてくれるプレイヤー。販売されるスマート家電の種類は年々増加しており、あらゆる要素がIoT化されたスマートホームも登場している。 スマート家電の ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.06.24
NEW

【専用SIMは安くて安心】ポケトークの通信料はどうなっているの?

ポケトークには3種類ある ポケトークにはスマホのようなタッチパネルがあったり、ネックホルダーがあったりと、使いやすいように改良が加えられた「ポケトークW」と、改良前のボタン操作中心の初代ポケトークの2 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.06.24
NEW

【連載】いま一度「IoT」という言葉について考えてみよう(最終回・全4回)

ここ数年、「IoT」という言葉を私も、きっと読者もよく使うだろう。しかし、その意味するところは漠然としている。 このモヤを取り払うことができれば、私たちがIoTについて考え、問題点を見出し、未来を見通 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.06.21

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.