電気ポットで高齢者を見守り!象印が開発したi-Potとは? | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.07.28

電気ポットで高齢者を見守り!象印が開発したi-Potとは?

近年、問題視されている高齢者の孤独死。まさか自分の親に限って…と考えたくない気持ちはわかりますが、離れて暮らす家族の安否はいつも気になるものですよね。とは言っても、毎日電話をしたり、出向いたりすることは難しいのではないでしょうか。

「一緒に暮らせば解決できるけど、それも難しい」そんな悩みを抱えている人におすすめしたいのが、象印から販売されている電気ポットです。こちら、実は家族の安否を知らせてくれる電気ポットなのです。

記事ライター:iedge編集部

1、見守り役は“ポット”にお任せ

 

「電気ポットが家族の安否を知らせてくれる」とは、にわかに信じがたいですが、そもそもどうして電気ポットなのでしょうか。まずは、その理由から確認していきましょう。

1-1 毎日使うものだから

お茶、コーヒー、紅茶など、私たちは毎日のようにお湯を必要とします。インスタント食品を作る時だって電気ポットは活用できますよね。ここがポイントです。電気ポットが毎日使われていれば、元気で暮らしているというバロメーターにもなるのです。

 

1-2 誰でも使えるものだから

高齢者は最新の機械が苦手。でも、電気ポットならどうでしょうか?昔から使用している人がほとんどなため、使い方に苦労することもありません。特別な操作など一切必要とせず、誰でも簡単に使うことができます。

 

1-3 生活になじんでいるから

「見守るだけなら他にも方法はあるのでは?」と考える人もいるかもしれません。でも、いきなり新しい機械が部屋に置かれたらどうでしょうか?変に監視されている気分になりますよね。しかし、電気ポットなら、部屋に置いてあっても不思議ではありません。だからこそ、生活空間になじむのです。

 

2、象印の「みまもりほっとライン i-Pot」

象印から販売されている「i-Pot」は、無線通信機が内蔵されており、ポットの使用状況を離れて暮らす家族にお知らせしてくれます。

 

2-1 手軽に見守りができる「i-Pot」とは?

「i-Pot」の仕組みはいたってシンプル。普通に電気ポットを使用すると、内蔵されている無線通信機から、NTTドコモのDoPa網(無線通信回線)を通して、システムの専用サーバーへと送られます。そのため、別居していても家族の安否を確認することができます。

 

2-2 17年も実績があるサービス

離れた土地で暮らす親を見守るためのサービスはいくつも商品化されています。その中でも象印の「i-Pot」は、非常に長く愛されている電気ポットです。最初のモデルは2001年3月の販売ですので、すでに17年以上もの実績があります。

 

2-3 1日2回のメールで給湯や外出を報告

家族の安否はポットの使用状況によって確かめることができます。主な確認方法は1日に2回送信されてくるメールです。指定の時刻に最新使用状況をお知らせしてくれます。オプションでアドレスも追加可能で、最大3つのアドレスに送信できます。

 

2-4 設置工事もインターネットの契約も不要

IoT製品を使用する上でネックとなるのが、インターネット接続です。特に高齢者住宅にネット回線を引くことは面倒だと感じてしまいますよね。しかし「i-Pot」の場合であれば、設置工事もインターネットの契約も不要で利用することができます。

 

2-5 高齢者は電気ポットでお茶を飲むだけ

「i-Pot」の場合、高齢者が何かをするということは、ほとんどありません。ただ普段通り、電気ポットを使用してお茶を飲むだけです。たったこれだけで離れて暮らす家族の安否を確認することができるのです。

 

2-6 月3,000円の定額サービス

非常に素晴らしい役割を果たしてくれる「i-Pot」。でも、気になるのはお値段ですよね。実は、この「i-Pot」という電気ポットはレンタル商品です。初期費用やランニング費用など気になるところですが、以下のようになっています。

契約料(初回のみ)

【i-Pot】1台ご契約につき、15,000円

利用料

【i-Pot】1台につき、3,000円/月
※利用料の中には、次の料金が含まれています。
(1)【i-pot】のレンタル料
(2)【i-pot】からシステムセンタまでの通信料

オプション

Eメールアドレス追加 …1件につき100円/月 (2件まで追加が可能)

月額3,000円で大切な家族を離れた場所からも見守れるのであれば、画期的なサービスに感じるのではないでしょうか。両親だけでなく、元気でやっているのか不安という人へプレゼントしてあげると喜ばれるかもしれませんね。

 

3、まとめ

近年、発売されているIoT製品は複雑化されています。これでは、機械が不得意な高齢者では使いこなすことができません。しかしながら、電気ポットを使うだけなら簡単です。たった1台の電気ポットで離れた家族の安否をらせてくれる「i-Pot」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

NEW

DribbleUp社が提供する、スマホと連携したサッカーボール「Smart Soccer Ball」が凄い!

DribbleUp社が開発したSmart Soccer Ball Smart Soccer Ballを開発したDribbleUp社はクラウドファンディングを活用して、開発資金を調達しました。Kicks ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.08.18
NEW

【解説レビュー付き】Amazon Echo Spotは「親に贈って喜ばれる」はじめてのガジェットかもしれない

セットアップから一般的な使用までスマホ必要なし ガジェット好きの私は、良かれと思って親にガジェットをいくつかプレゼントしたことがある。 Fire TV StickやAnkerのモバイルバッテリー、クル ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.08.16
NEW

FireタブレットをAmazon Echo化する充電ドック Show Mode Charging Dock

置くだけでFireタブレットがAmazon Echoに変身! Amazonが7月12日に発売したShow Mode Charging Dockは、同社が発売するタブレット「Fire HD 8」と「Fi ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.08.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.