iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.03.30

Phillips Hueがさらに便利に。併せて購入しておきたいHue Dimmerスイッチ

Phillipsが販売しているスマート照明Phillips Hueを、さらに便利に使うことができるHue Dimmerスイッチをご存知でしょうか。Hue Dimmerスイッチとはどのようなスイッチなのか、セットアップ手順なども併せてご紹介します。

記事ライター:iedge編集部

Phillips Hueがもっと便利になるHue Dimmerスイッチとは?

Phillips Hueは、生活に彩りを与え、豊かにしてくれる画期的なスマート照明です。

いつもの生活空間を自分好みの色に変えたり、シーンごとに最適な照度や色調を選んだり、音楽やゲーム・映画とシンクロさせて感動的な空間を演出したりなど、使い手の想像力次第で日常を劇的に変化させてくれます。

そんな夢のようなPhillips Hueには唯一、物理スイッチがないという弱点がありました。

今回ご紹介するHue Dimmerスイッチの出番という訳です。Hue Dimmerスイッチは、Phillips Hueの物理スイッチなのです。

Hue Dimmerスイッチはその名前からも分かるようにスイッチ型のデバイスで、電池式のため、配線不要、壁に貼り付けたり、手にとってリモコンとして使ったりすることができます。

Hue Dimmerスイッチ本体と、同包されているベースプレート(台座)はマグネット式になっています。ベースプレートを両面テープなどで壁に貼り、Hue Dimmerスイッチをくっつけておけば、そのまま壁型ボタンとして使えます。

なお、Hue Dimmerスイッチは既存の壁型スイッチと並べても違和感がないサイズなので、設置場所に悩むことはほぼありません。

Hue Dimmerスイッチでできることはオン・オフ・増光・減光の4アクションで、アプリの設定からオンボタンに4種類のお気に入りシーンをセットすることができます。

セットしたシーンはHue Dimmerスイッチのオンボタンを押す回数によって簡単に切り替えることが可能です。

 

Hue Dimmerスイッチのセットアップ方法は超シンプル

Hue Dimmerスイッチを使用するためには、ハブとなるPhillips Hueブリッジが別途必要になりますが、すでにPhillips Hueを持っている人はHueブリッジも持っていることになるため、これから購入予定の人だけ覚えておきましょう。

スマホにPhillips Hueアプリをインストールして立ち上げたら「アクセサリーのセットアップ」から「+」をタップしてHue Dimmerスイッチをセレクトし、初期設定であれば「オプション1」を設定します。

Hue DimmerスイッチのLEDがオレンジ色に点滅しているのが確認できたら「LEDの点滅」をタップすれば、Hueブリッジが認識してくれるようになりますので、利用場所の指定やオンボタンにセットするシーンを決めて完了です。

「4つのライトレシピ」として「くつろぐ」「本を読む」「集中する」「やる気を出す」という4つのシーンがプリセットされていますので、Hue Dimmerスイッチのオンボタンにそれらを割り当てることもでき、オリジナルのシーンを設定することもできます。

なお、Hue DimmerスイッチのLEDがオレンジに点滅しない、という場合は一度Hue Dimmerスイッチを裏返してセットアップボタンを長押しする必要があります。

 

Hue Dimmerスイッチの仕様や価格は?

Phillips Hueの調光がスムーズに行えるだけでなく、シーンの切り替えも簡単にできてしまうHue Dimmerスイッチ、壁に貼り付けても手にとってリモコンとしても使える大変便利なアイテムです。

電池式とお伝えしましたが、Hue Dimmerスイッチで使用する電池はボタン型のリチウム電池CR2450です。カタログベースでは最小電池寿命3年となっていますが、使用状況などによって異なります。

なお、Hue Dimmerスイッチの寿命はクリック5万回とのことですが、単純計算で1日10回365日使っても14年弱使えるということになりますので、そう心配することはないでしょう(保証は2年間です)。

そのほかの仕様として、操作可能距離は約12m、1台のHue Dimmerスイッチで最大10個のランプをコントロールすることができます(Hueブリッジにリンクしていない場合)。

最後にHue Dimmerスイッチの価格ですが、2018年2月現在、Joshinでは3,110円、Amazon.co.jpでは3,414円で販売されています。

Hue DimmerスイッチはAmazon Alexa認定取得製品のため、もしAmazon Echoを持っているなら「Alexa、~」でHue Dimmerスイッチの音声コントロールも可能になります。

Phillips Hueがある生活をより便利で快適なものにしてくれるHue Dimmerスイッチ。

非日常空間演出のお供にぜひ、1台購入してみてはいかがでしょうか?

関連記事

NEW

ブラウザ経由であらゆるIoTデバイスを操作できる「WebThings」が実現する未来とは?

Mozillaが推進しているIoTガジェット(デバイス)を制御・管理するためのオープンプラットフォーム「WebThings」を知っているだろうか? まだ開発・研究段階の技術で一般には使えないので馴染み ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

話題のVRゴーグル「Oculus Go」を使ってみよう!おすすめのイヤホンやゲームを紹介

Oculus Goの基本情報 「Oculus Go」は、2018年5月にアメリカのOculus社から発売されたスタンドアロン型VRゴーグルです。PCやスマホに接続する必要なく、本体だけでVRコンテンツ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

【1ヶ月使用レビュー】Amazon Echo Show 5は中途半端な出来だが広まるだろう

小型スマートディスプレイ市場を席巻するべく1万円を切る価格で約1ヶ月前に登場したEcho Show 5。 その2週間後には年に一度のプライムデーセールもあり、なんと5,000円引きとなった。 この「小 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.