iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.04.26

MESHの可能性は無限大。アイデア次第でいろいろなモノが作れるMESHをご紹介

ソニーから発売されているIoTデバイスMESHは、アイデア次第であなたの遊び心も簡単に形にできてしまう人気商品です。大人から子供まで楽しめるMESHについて、基本的な情報や、簡単な使い方などをご紹介していきます。

記事ライター:iedge編集部

そもそもMESHとは?

MESHはさまざまな機能を持ったIoTデバイスで、小さなブロック状になっている電子タグです。

人感タグ、明るさタグ、動きタグ、温度・湿度タグ、LEDタグ、ボタンタグ、GPIOタグの7種類が販売されています。

使い方はとっても簡単で、MESH専用のアプリをスマホやタブレットにインストールして、Bluetooth経由でMESH本体とスマホをペアリングさせれば、準備は完了です。

アプリ上には、MESHの種類や、MESHに持たせたい仕組みがアイコンで表示されているため、直感的に操作することが可能で、あとはあなたがどのMESHにどんな仕組みを持たせたいかを決めて、アイコンをドラッグ&ドロップすれば完成です。

いわゆるプログラミングになりますが、プログラミング言語などを覚える必要は一切ありませんので、難しくなく、覚えてしまえば子供でも使いこなすことができます。

MESHを使って具体的にどんなことができるのか、ごく簡単なMESH活用例をご紹介します。

準備するものは温度・湿度タグとMESHアプリをインストールしたスマホのみです。

MESHアプリを立ち上げてCanvas画面を開いたら、紫色の温度・湿度タグのアイコンを2秒ほど長押しして本体とペアリングし、完了したら画面下にある紫色の温度・湿度タグを画面の中にドラッグ&ドロップします。

続いて、Gmailタグをドラッグ&ドロップして温度・湿度タグと組み合わせます。

あとは「温度が30度以上になったらメールを送信する」「25度以下になったらメールを送信する」などの仕組みをカスタマイズしていくだけです。

これで、たとえばあなたが外出中などに部屋の温度が設定した温度になり、それをMESHが検知したら、即座にスマホにメールが届くという仕組みが出来上がります。

なお、メールのタイトルや本文をあらかじめ作成しておくことができますので、何のメールなのかもすぐに分かります。

ほかにも、MESHのボタンタグとスピーカーのアイコンを組み合わせて「ボタンを押せばスマホから音が鳴る」という仕組みを作ったり、同じく、ボタンタグとカメラのアイコンを組み合わせて「ボタンを押したら写真が撮れる」という仕組みを作ったりすることもできます。

これらはMESHの簡単な使い方の例ですが、複数のMESHを連携させたり、複数の仕組みを持たせて連携させたりすることも可能ですので、MESHはアイデア次第で実にいろいろなことができるようになります。

 

MESHの価格やさまざまな使い方

MESHは人感タグ、明るさタグ、温度・湿度タグ、GPIOタグがそれぞれ6,980円、動きタグ、LEDタグ、ボタンタグがそれぞれ5,980円で販売されていますが、全種類揃えたいならMESHアドバンスセット37,980円がお得です。

なお、初めての方向けにMESHスターターキットも販売されていて、ボタンタグ、LEDタグ、動きタグがセットで、14,980円にて購入することができます。

そのほか、2,970円で、はじめてのMESH GPIOキットも販売されています。MESHのGPIOと組み合わせてモーターを回したり、LEDを点灯したり、ブザーを鳴らしたりといった実験ができる電子部品のセットになりますが、GPIOタグ自体は付属しませんのでご注意ください。

MESHの価格や購入について詳しくは商品一覧にてご確認ください。

また、MESHの公式サイトではレシピいうページが用意されていて、ここにはMESHのさまざまな使用例が掲載されています。

親の安否確認、セキュリティシステム、消し忘れ防止、自動エサやり装置など、MESHがいかにスグレモノかが分かりますので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

IFTTTでさらに広がるMESHの可能性はもはや無限大

MESHはIFTTTを経由して300以上ものデバイスやサービスとつながることもできます。さらに、TwitterやLINEなどのインターネットサービスとも簡単に連携することが可能ですので、可能性はもはや無限大と言っても良いのではないでしょうか。

ハードやソフトなどの詳しい知識や複雑な設定の必要もなく、誰でも高機能のIoTガジェットを作れてしまうMESH、いかがでしょうか?

MESHは大人が便利なモノを自作したり、遊び心を形にしたりするだけでなく、子供の発想力を伸ばしたり、感性を磨いたり、プログラミングに興味を持たせたりすることもできます。

ここでは、MESHの魅力のごく一部しかご紹介できませんが、ぜひMESH公式サイトのレシピなどをチェックして、MESHがいかにスグレモノか感じていただければ幸いです。

関連記事

最大84日分の温度・湿度・照度が記録できるログみ~る(R)BTとは?

記録した温度・湿度・照度をスマホで受け取れるログみ~る(R)BTとは? 株式会社カスタムから発売されているログみ~る(R)BTは、無線搭載の温度・湿度・照度計です。 ログみ~る(R)BT専用アプリ(A ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.04.26

位置情報や録音音声の確認が可能な「みまもりホイッスル」で大切な人を守ろう

みまもりホイッスルとは?防犯ブザーなどとどう違うの? 防犯ブザー、防犯ホイッスルなどの防犯アイテムはすでに広く普及していますが、今回ご紹介するみまもりホイッスルはさらに一歩進んだ防犯アイテムです。 B ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.04.26

新ジャンル!スマホと連携して記憶学習ができるスマレコマーカー、使っていますか?

スマレコマーカーとは? 2013年4月に販売が開始されたスマレコマーカーは、スマホの撮影機能を利用して、暗記学習のためのツールを自作できる“デジタル連動型文具”として、発売当初から注目を集めています。 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.04.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.