クラウドファンディングでスマートペットカメラの資金調達 | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

ニュース 2017.10.04

クラウドファンディングでスマートペットカメラの資金調達

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

韓国のペットIoTブランドLovoomは9月27日、ペットカメラ機能やキブル(粒型ペットフード)発射機能を備えた新製品を発表しました。10月17日から、資金をクラウドファンディングサイトKickstarterにおいて募集します。

今回発表された「Lovoom T10」と「Lovoom T20」は、60度の角度でキブルをペットのために発射することができます。この機能は、ユーザー設定でキブルを発射する方向や力加減を設定可能です。遠隔操作機能を備え、カメラでペットを確認しながら、どんな方向にもキブルを投げられます。

また、スマートフォンでのWi-FiやBluetooth接続操作に加え、付属のリモコンでも簡単に操作できます。スマートフォンに慣れていないユーザーは、このリモコンを使用することでよりシンプルに利用できます。写真とビデオをアプリで撮影し、SNSですぐにシェアする楽しい機能もついています。

さらに、マイクとスピーカーにより、ペットに声をかけたり、鳴き声を聞いたりすることができるので、遠隔地にいながらペットとコミュニケーションが取れます。

Lovoomスタッフは「先進国では特に単身世帯が増えており、ペットへの人々の愛情はこれまで以上に高まっています。このデバイスはユーザーがペットを見守ったり、キブルを投げたりと、職場にいながらでも一緒に遊ぶのに役立ちます」と語っており、今後のLovoomの活躍に期待を寄せています。

Lovoomは2017年10月17日にKickstarterでキャンペーンを行い、それを記念した様々なギフトや達成報酬を提供する予定です。

関連ニュース

NEW

「Semtech」は、IoT搭載のLoRaデバイスを農業および放牧に活用

「Semtech」は、オーストラリアの通信事業者である「National Narrowband Network Co(NNNCo)」が、「Semtech」のLoRaデバイスとテクノロジを活用しIoTア ...

続きを見る
ニュース2018.12.11
NEW

「Google」がスピンオフ事業で、"Waymo One"自律走行サービスを開始

「Google offshoot Waymo」は”Waymo One”を導入しました。これは、共有車両の未来を約束する自律運転車の乗り放題サービスです。 当初、このサービスは、自律走行車技術「初期ライ ...

続きを見る
ニュース2018.12.10
NEW

「Nordex」が、タービン管理に「SoftwareAG」のCumulocity IoTを採用

「Nordex」は、世界に幅広く設置している風力タービンを管理するためにSoftwareAGのCumulocity IoTプラットフォームを選択しました。 同社は世界中で6,800台のタービンを持ち、 ...

続きを見る
ニュース2018.12.07

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.