iedge
  • iedge

ニュース 2019.01.18

ナイキの「Adapt BB」が米国で発売。紐のない、自動締め付け調整バスケシューズ

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

ナイキは、「全バスケットボールプレーヤーにカスタマイズしたフィット感」を提供するFitAdapt機能を用いた、自動調整機能付きバスケットボールシューズAdapt BBを2019年2月に発売すると発表しました。

Adapt BBには、靴紐はなく、ファブリック地の中にあり継続的な締め付け力が32ポンドあるモーターが、締め付け具合を調整します。バスケットボールの競技中に締め付け具合を素早く引き締めたり、緩めたりできるこの機能は、アスリートの体験を向上させます。このAdapt BBは、FlywireおよびFlyknit技術などのナイキのフィット感を高める技術が進化したものです。

Adapt BBは、専用のスマートフォンアプリと連携しており、アプリにて締め付け具合の調整をすることができ、その設定を保存することもできます。通信用のバッテリーの充電には、無線式の充電パッドも用意されます。

ナイキは、2015年に初めてである自動紐調整シューズNike Mag(映画バック・トゥ・ザ・フューチャー PART IIに登場したもの)を開発しました。2016年に、限定モデルをオークション形式で販売した後、同年秋にHyperAdapt 1.0を開発し一般発売しました。HyperAdapt 1.0の価格は720ドル(約7万8000円)でしたが、今回のAdapt BBは350ドル(約3万8000円)と、手の出しやすい価格になっています。

ナイキは、自動締め付け技術を他のスポーツ用シューズにも近年のうちに拡大していく計画です。

(画像引用:https://news.nike.com/news/nike-adapt-bb)

関連ニュース

NEW

【一問一答】今日から始まる無差別侵入調査「NOTICE」について知っておくべきこと

今日、2019年2月20日から総務省によるIoT機器の無差別侵入調査「NOTICE」が始まっている。 この概要については何度か記事にしているが、要するに情報通信研究機構(以後、NICT)が無差別に日本 ...

続きを見る
ニュース2019.02.20
NEW

IoTスタートアップの「GoFar」がドライバーのスキルを向上させるために130万ドルを調達

運転中のスキル向上のためにIoTスタートアップの「GoFarhas」100万ドル以上を集めました。 「GoFar」はコネクテッドカーテクノロジーを構築します。シドニーを拠点とするこの新興企業は、201 ...

続きを見る
ニュース2019.02.20
NEW

ネスレの睡眠カフェがオープン。睡眠をサポートするIoT機器も話題

ネスレ日本は、2017年から3回に渡り、睡眠カフェを期間限定で運営してきました。そして利用者からの高評価にこたえ、2019年3月6日より東京大井町に「ネスカフェ 睡眠カフェ」を常設でオープンします(2 ...

続きを見る
ニュース2019.02.19

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.