麻痺のある人のタブレットデバイス使用を可能にする、脳移植 | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

ニュース 2018.12.03

麻痺のある人のタブレットデバイス使用を可能にする、脳移植

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

米国のブラウン大学の科学者は、臨床試験の一環として、麻痺を患っている人々が、自分たちの考えだけで、タブレットデバイスを制御する研究を行っています。この研究では、運動皮質に配置された小さなセンサーから、直接的に神経活動を記録する研究用BrainGate BCIを使用して、四肢麻痺の3人を対象として観察しました。

研究用のBrainGate BCIには、脳の運動野で生成される動きに関連する信号を検出するアスピリンサイズのインプラントが含まれています。これらの信号は、デコードされ、外部デバイスにルーティングされます。BrainGate BCIからの神経信号は、ワイヤレスマウスのように動作するように構成されたブルートゥースインターフェイスにルーティングされました。そして、バーチャルマウスは、それから、Google Nexus 9タブレットとペア設定されました。

参加者は、一般的に使用されているさまざまなアプリ内でどのようにナビゲートし、アプリからアプリに移行できるかを確認するための一連のタスクを実行するように求められ、ストリーミングサービスで音楽の一覧を見て、YouTubeでビデオを検索し、ニュースをスクロールし、電子メールやチャットをしました。

この調査によると、参加者はさまざまなアプリを使用しながら、1分間に最大22のポイントアンドクリックの選択を行うことができ、テキストアプリでは、参加者は標準的な電子メールとテキストインタフェースを使用して1分間に最大30文字の有効な文字を入力することができました。また、参加者は、家族、友人、研究チームのメンバーおよび同僚とメッセージ交換もしました。

さらに、彼らはウェブをサーフし、天気をチェックし、オンラインで買い物をしました。ある参加者のミュージシャンは、ベートーヴェンの "Ode to Joy"のフレーズをデジタルピアノのインターフェースで演奏することもできました。

研究者らは、この研究はまた、重度の神経学的障害を有する患者とその医療提供者との間の重要な新しい通信経路を開く可能性があると言います。

ブラウン大学のバイオメディカルエンジニアリングの大学院生としてこの研究を行ったJose Albites Sanabria氏は、「これは、ロックイン症候群で話すことができない人が、迅速かつ豊かなコミュニケーションを回復する大きな可能性を秘めています。」と述べました。

それは、家族や友人との交流を増やすだけでなく、介護者と、継続的な健康問題をより完全に記述するための道筋を提供することができます。

(画像引用:https://internetofbusiness.com/brain-computer-interface-paralysed-tablet-devices/)

関連ニュース

NEW

「Semtech」は、IoT搭載のLoRaデバイスを農業および放牧に活用

「Semtech」は、オーストラリアの通信事業者である「National Narrowband Network Co(NNNCo)」が、「Semtech」のLoRaデバイスとテクノロジを活用しIoTア ...

続きを見る
ニュース2018.12.11
NEW

「Google」がスピンオフ事業で、"Waymo One"自律走行サービスを開始

「Google offshoot Waymo」は”Waymo One”を導入しました。これは、共有車両の未来を約束する自律運転車の乗り放題サービスです。 当初、このサービスは、自律走行車技術「初期ライ ...

続きを見る
ニュース2018.12.10
NEW

「Nordex」が、タービン管理に「SoftwareAG」のCumulocity IoTを採用

「Nordex」は、世界に幅広く設置している風力タービンを管理するためにSoftwareAGのCumulocity IoTプラットフォームを選択しました。 同社は世界中で6,800台のタービンを持ち、 ...

続きを見る
ニュース2018.12.07

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.