幅と深さの適切なバランスが、IoTパートナープログラムの成功にとって重要なのはなぜか | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

ニュース 2018.11.27

幅と深さの適切なバランスが、IoTパートナープログラムの成功にとって重要なのはなぜか

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

「ABI Research」の”SI / VARおよびパートナ・プログラムIoTエコシステム・マーケット・データ”レポートでは、最近分析されたIoTサービスの能力で、547社をランク付けしており、パートナー企業のプログラムとそのメンバー企業が、着実にIoT製品に成熟していっていることがわかわかりました。

「ABI Research」が、2015年9月に初めて高いIoT成熟度を初めて評価した時と比較して、高い成熟度を獲得している組織の数は、約2.5倍となり、上場企業のうち65%に増加しました。

ABI Researchのリサーチアナリスト、Ryan Harbison氏は次のように述べています。

「最も成功したパートナープログラムは、パートナープログラムの幅広さと深さの適切なバランスを取るプログラムです。すべての限定的なマーケットにおいて、企業やエンドユーザーは、これらのエコシステムを引き続き利用することで、断片化した技術やサプライヤーの環境をより効果的にナビゲートすることができます。」

調査会社の「Smart Urban Spaces」という別の報告書は、

「自動化など、より新しいスマートな都市経済のような新しい技術の事例に対応するため、公共スペースを再定義すべきという緊急の課題には、ほとんど注意が払われていない。」としています。

これは、さまざまな接続性とIoT技術を使用してインフラストラクチャをデジタル化することに、最もフォーカスしているスマートシティについて、多くの議論が継続しているにもかかわらずです。

(画像引用:https://www.iottechnews.com/news/2018/nov/19/why-right-balance-between-breadth-and-depth-key-iot-partner-programme-success/)

関連ニュース

NEW

「Semtech」は、IoT搭載のLoRaデバイスを農業および放牧に活用

「Semtech」は、オーストラリアの通信事業者である「National Narrowband Network Co(NNNCo)」が、「Semtech」のLoRaデバイスとテクノロジを活用しIoTア ...

続きを見る
ニュース2018.12.11
NEW

「Google」がスピンオフ事業で、"Waymo One"自律走行サービスを開始

「Google offshoot Waymo」は”Waymo One”を導入しました。これは、共有車両の未来を約束する自律運転車の乗り放題サービスです。 当初、このサービスは、自律走行車技術「初期ライ ...

続きを見る
ニュース2018.12.10
NEW

「Nordex」が、タービン管理に「SoftwareAG」のCumulocity IoTを採用

「Nordex」は、世界に幅広く設置している風力タービンを管理するためにSoftwareAGのCumulocity IoTプラットフォームを選択しました。 同社は世界中で6,800台のタービンを持ち、 ...

続きを見る
ニュース2018.12.07

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.