「Microsoft」と「Facebook」がオープンソースのAIを共同開発 | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

ニュース 2018.11.21

「Microsoft」と「Facebook」がオープンソースのAIを共同開発

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

「Microsoft」は、オープンソースAIについて、「Facebook」とより密接な協業を開始する予定です。以前、両社はそれぞれ「Cognitive Toolkit」と「PyTorch」と競争していましたが、両社ともに、2015年の発売以来、開発者にとって最も人気のあるオープンソースのAIソフトウェアプラットフォームである「Google TensorFlow」に対応することができませんでした。

「Google TensorFlow」のライブラリはGoogle Brainチームによってまとめられ、数値計算や機械学習のためのツールを提供しています。 PythonとC ++によって、数え切れないほどのマシンと深い学習モデルとアルゴリズムが、アクセス可能な形式でまとめられています。

競合他社の課題は、リソースの深さとアクセスの容易さの両立することです。

オープンソースのアプローチについて

これを実現するための1つの方法として、ソーシャルメディアの巨人と競合するのではなく、最近の「Microsoft」は、オープンソースのAI空間で「Facebook」をサポートしようとしています。また、同社は引き続き「Cognitive Toolkit」もサポートします。

「Microsoft」のAIプラットフォーム担当バイスプレジデント、Eric Boyd氏は次のように説明しています。

「「PyTorch」と「TensorFlow」を中心として、コミュニティーの勢いがあります。だからこそ、私たちは重点を置いており、非常に重要なポイントです。」

(画像引用:https://internetofbusiness.com/microsoft-and-facebook-team-up-on-open-source-ai/)

関連ニュース

NEW

「Semtech」は、IoT搭載のLoRaデバイスを農業および放牧に活用

「Semtech」は、オーストラリアの通信事業者である「National Narrowband Network Co(NNNCo)」が、「Semtech」のLoRaデバイスとテクノロジを活用しIoTア ...

続きを見る
ニュース2018.12.11
NEW

「Google」がスピンオフ事業で、"Waymo One"自律走行サービスを開始

「Google offshoot Waymo」は”Waymo One”を導入しました。これは、共有車両の未来を約束する自律運転車の乗り放題サービスです。 当初、このサービスは、自律走行車技術「初期ライ ...

続きを見る
ニュース2018.12.10
NEW

「Nordex」が、タービン管理に「SoftwareAG」のCumulocity IoTを採用

「Nordex」は、世界に幅広く設置している風力タービンを管理するためにSoftwareAGのCumulocity IoTプラットフォームを選択しました。 同社は世界中で6,800台のタービンを持ち、 ...

続きを見る
ニュース2018.12.07

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.