ライダーは必見?Alexa搭載のARスマートヘルメット「JARVISH X-AR」発表 | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

ニュース 2018.07.10

ライダーは必見?Alexa搭載のARスマートヘルメット「JARVISH X-AR」発表

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

オートバイ向けのスマートヘルメットを手掛ける、2013年に設立された台湾企業JARVISHが、新作ARスマートヘルメット「JARVISH X-AR」を発表しました。正式な発売時期や価格はまだ明らかになっていませんが、2019年出荷開始で、価格は1000ドルを超える見込みになっています。また、公式サイトに事前登録しておけば、発売時に35%オフで購入可能です。

X-ARには、ARヘッドアップディスプレイ、GPS、Alexa、前後カメラが搭載されており、最新テクノロジーでライダーの安全運転をサポートします。

ARディスプレイは、バイザー部分上部に表示される形で、前方の視界を妨害しないように表示されます。現在のスピードや天気、交通状況など、走行に役立つ情報が表示されます。

前後のカメラ映像についても、ARディスプレイ上に表示されるため、振り返らずとも後ろを確認することが可能です。

もしこれらの機能にアクセスするのに、手を使う必要があれば、安全上大変な問題になりますし、停止時しか操作できないとなれば、スマートヘルメットとしての利便性も大きく減退してしまいます。

X-ARでは、この問題にAlexaを搭載することで対処しました。音声操作ならば、運転中にも手を離すことなく適切な情報を選択して表示することが可能になります。

まさに未来的なデバイスと言えるX-ARですが、日本国内での使用に関しては、各手法令等を遵守できているか等、慎重な確認が必要です。

また、ヘルメットに表示された情報に気を取られていた場合に発生する万が一の事故リスクについても認識していなければなりません。

このような注意点もありますが、身の回りの製品が隅々までテクノロジー化していく現代を象徴するようなスマートヘルメットX-AR。実際に登場するときはどのような形になるのか、今から期待せざるを得ません。

関連ニュース

NEW

「Ericsson」、「Einride」と「Telia」が5Gと自律走行運転のトラックを接続

ネットワークプロバイダーの「Ericsson」とスウェーデンの「Telco Telia」は、自律運転輸送会社「Einride」と協力して、スウェーデンのJönköpingにあるDB Schenker施 ...

続きを見る
ニュース2018.11.14
NEW

Google CloudはAIを一般化する新しいツールを発表

人工知能(AI)を活用したいという欲望は、これまでビジネスリーダーの間ではそれほど大きくありませんでしたが、市場調査会社の「IDC」によると、AIと認知技術に関する世界的な支出は、2017年に比べて5 ...

続きを見る
ニュース2018.11.13
NEW

「Amazon」は、法執行機関への顔認識システムの販売を継続

「AWS」の最高経営責任者(CEO)は、抗議があるにもかかわらず、引き続き従業員に、法律執行機関に対して、顔認識システムを販売するように指示したと伝えられています。 「Amazon」、「Microso ...

続きを見る
ニュース2018.11.13

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.