SONOSが米国証券取引委員会へ株式公開を正式に申請 | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

ニュース 2018.07.09

SONOSが米国証券取引委員会へ株式公開を正式に申請

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

スピーカー機器の製造、販売を手掛けるSONOSは7月6日、米国証券取引委員会へ株式公開を正式に申請しました。

2002年の設立以来、高品質なスピーカーをリリースし続け、欧米市場で人気を集めているSONOSは、スマートスピーカー市場でも存在感を見せつつあり、音声アシスタントの開発元ではない立場を活かして、AlexaとGoogleアシスタントを同時に搭載したスマートスピーカーを発表するなど、精力的な商品開発を続けています。

株式公開にあたって提出された書類によると、SONOSは3月31日時点で世界中で約690万世帯に1900万個の製品を販売しており、1世帯当たりの複数製品所有率が非常に高いのがSONOS最大の強みであるとしています。

これは、SONOSデバイスを1つでも購入したユーザーは今後もSONOSデバイスを購入し続ける可能性が高いということを示しており、同社が行ったアンケートによると、SONOS製品を購入したユーザーの約80パーセントが「より音楽を聴くようになった」と回答しています。

また、提出書類では、SONOSの最近の財務状況についても触れられています。2017年10月から2018年3月末までの6ヶ月間で、SONOSは6億5570万ドルを売り上げ、1310万ドルの純利益を計上したようです。

2017年全体を見てみると、前年比10%増の9億9250万ドルで、1420万ドルの純損失を計上しています。これは2016年の3820万ドルの純損失からするとだいぶ改善されていますが、まだ黒字には至っていません。同社はまた、売り上げの55%が米国外でのものであることも発表しています。

SONOSによると、現在のビジネスモデルは、Spotify、Apple、Amazonなどの他のサービスやパートナーとの統合に強く依存しているとのことです。

例えば、Sonos OneとSonos BeamにAlexaを搭載するAmazonとの協力関係は、Amazonの一存で終了することも可能なようで、現実的にあまり考えにくいことですが、AmazonがSONOSとの契約を突然打ち切れば、経営に多大な影響が出る可能性も否定できません。

SONOSは、2018年4月に株式上場に向けての最初の申請書類を提出したようで、ウォールストリート・ジャーナルによると、その市場価値は25億〜30億ドルと推定されています。

関連ニュース

NEW

「Semtech」は、IoT搭載のLoRaデバイスを農業および放牧に活用

「Semtech」は、オーストラリアの通信事業者である「National Narrowband Network Co(NNNCo)」が、「Semtech」のLoRaデバイスとテクノロジを活用しIoTア ...

続きを見る
ニュース2018.12.11
NEW

「Google」がスピンオフ事業で、"Waymo One"自律走行サービスを開始

「Google offshoot Waymo」は”Waymo One”を導入しました。これは、共有車両の未来を約束する自律運転車の乗り放題サービスです。 当初、このサービスは、自律走行車技術「初期ライ ...

続きを見る
ニュース2018.12.10
NEW

「Nordex」が、タービン管理に「SoftwareAG」のCumulocity IoTを採用

「Nordex」は、世界に幅広く設置している風力タービンを管理するためにSoftwareAGのCumulocity IoTプラットフォームを選択しました。 同社は世界中で6,800台のタービンを持ち、 ...

続きを見る
ニュース2018.12.07

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.