Amazonのキャッシュレス実店舗Amazon Go、2018年秋に2号店がオープン | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

ニュース 2018.07.06

Amazonのキャッシュレス実店舗Amazon Go、2018年秋に2号店がオープン

記事ライター:iedge編集部

Amazonは2018年初頭よりシアトルの本社近くにおいて、完全キャッシュレスの実店舗「Amazon Go」を運営していますが、秋にも第2号店がオープンするようです。2号店は1号店と同じくシアトルにオープンする予定で、1号店から20分ほど歩いた「Madison Centre」内になる模様です。

また、Amazon Goの新店舗は、シカゴとサンフランシスコにも出展される予定です。具体的な開店スケジュールはまだ明らかになっていませんが、シアトルの2号店に続き、合計4店舗になるようです。

Amazon Goの2号店は、敷地面積278平米で、167平米だった1号店よりもかなり広くなっています。

Amazon Goでは入店時にスマートフォンによる認証が行われ、客は店内の商品を自由に選ぶことができます。購入する商品が決まったら、レジに行く必要はなく、そのまま持って帰ることが可能です。

このシステムは店内に張り巡らされたセンサーやカメラによって実現します。入店時から、AIが客一人一人の行動をトラッキングし、どの商品を手に取ったかなどの行動が記録され、最終的に退店時に持っている商品が購入商品として認識、後日Amazonアカウントを通して請求されます。

このシステムは商品納入管理にも応用されていて、購入されなかった商品でも、関心度が高い商品は設置場所を工夫したりといった使い方もされています。

システムがシステムだけに店舗拡大にも時間がかかりそうなAmazon Goですが、将来の日本進出にも期待せざるを得ません。

関連ニュース

NEW

「男女差別」に該当する求人広告をFacebookが掲載 アメリカ自由人権協会が提訴

2018年9月18日、Facebook上に男女差別的な求人広告が掲載されているとする訴えを、米国自由人権協会(ACLU)が起こしました。 米国雇用機会均等委員会に提出されたこの訴状によると、差別禁止法 ...

続きを見る
ニュース2018.09.25
NEW

サムスン・インディア、高級家庭用LEDスクリーンの発売を発表!価格は1,000万ルピーから

2018年9月18日(火)、サムスン・インディアはインド国内において、高級家庭用LEDスクリーン「LED for Home」を発売しました。同製品は、家庭内の娯楽空間の革命を目指して作られました。価格 ...

続きを見る
ニュース2018.09.21
NEW

ゲーム会社RAZERが新スマートフォンの発表へ

アメリカのゲーム会社「Razer(レイザー)」が、同社2代目となるスマートフォンを2018年10月10日に予定されているイベントで披露する事を発表しました。 2017年に発表された1代目「Razer ...

続きを見る
ニュース2018.09.21

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.