Alexa開発チームの責任者がAmazon退職 「今はゆっくり休む時間が欲しい」 | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

ニュース 2018.05.01

Alexa開発チームの責任者がAmazon退職 「今はゆっくり休む時間が欲しい」

記事ライター:iedge編集部

米Amazonで音声アシスタントAlexaの開発チームを立ち上げ、Amazon Echoシリーズなどスマートホーム製品の開発指揮を執っていたチャーリー・キンデル氏は4月30日、4月27日付けでAmazonを退職したことを明らかにしました。

キンデル氏はMicrosoft社で約20年勤務した後、2013年にAmazonへ入社、Alexaの開発チーム「Alexa Smart Home」を立ち上げ、Amazonのスマートホーム事業に貢献してきました。Amazonがスマートホーム市場において常に先手を打ち続けることができたのは、同氏の貢献よる部分が大きかったと見られています。

退職理由としてキンデル氏は「この5年間はあまりに慌ただしすぎた。車でもいじりながら家族とゆっくり過ごす時間が欲しい」と言及しています。休暇を取った後は、Amazonへの復帰を含めた「あらゆる可能性」を検討しているとのことです。Amazonに在籍したまま休暇を取らないことについてキンデル氏は「すべての選択肢に対してフラットな立場で今後を考えたい」としています。

キンデル氏はMicrosoft退職時に「今後は一企業に縛られない生き方をしていく」と心に誓ったようで、先で言及したAmazonへの復帰についても、「現実的な判断」に基づいて適当だと判断したときにのみ起こりうると、あくまでフラットな立場で今後判断するとしています。

いずれにせよ、キンデル氏はしばらく完全な休暇を取るようで、仕事復帰の時期は明確にされていません。スマートホーム市場のキーマンである同氏が今後どのような道を選択するのか、業界の勢力争いにも大きく関わってくるだけに、要注目です。

(画像:https://www.youtube.com/watch?v=ZU9r0miJaBY)

関連ニュース

NEW

「男女差別」に該当する求人広告をFacebookが掲載 アメリカ自由人権協会が提訴

2018年9月18日、Facebook上に男女差別的な求人広告が掲載されているとする訴えを、米国自由人権協会(ACLU)が起こしました。 米国雇用機会均等委員会に提出されたこの訴状によると、差別禁止法 ...

続きを見る
ニュース2018.09.25
NEW

サムスン・インディア、高級家庭用LEDスクリーンの発売を発表!価格は1,000万ルピーから

2018年9月18日(火)、サムスン・インディアはインド国内において、高級家庭用LEDスクリーン「LED for Home」を発売しました。同製品は、家庭内の娯楽空間の革命を目指して作られました。価格 ...

続きを見る
ニュース2018.09.21
NEW

ゲーム会社RAZERが新スマートフォンの発表へ

アメリカのゲーム会社「Razer(レイザー)」が、同社2代目となるスマートフォンを2018年10月10日に予定されているイベントで披露する事を発表しました。 2017年に発表された1代目「Razer ...

続きを見る
ニュース2018.09.21

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.