iedge
  • iedge

ニュース 2018.03.20

IBM「世界最小のコンピューター」1mm四方でゲームも実行可能な処理能力

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

3月19日からカンファレンス「IBM Think 2018」を開催しているIBMが、現在世界最小のコンピューターを開発中であると明かしました。

詳細情報はまだ不明ですが、今週中にもう少し詳しい情報が出る可能性があります。現状判明している情報としては、コンピューターは1mm×1mmの大きさで、岩塩の粒よりも小さく、1台当たりの製造コストは10セント以下ということです。

上の画像は64個のマザーボードがセットになったもので、それぞれに今回の小型コンピューターが2台搭載されています。

これまでの世界最小のコンピューターは、2015年に発表された「Michigan Micro Mote」で、大きさは2mm四方でした。

今回のコンピューターには、数十万個のトランジスタ、SRAMメモリ、電源用の光起電力セル、LEDと光検出器を使用する通信ユニットが搭載されています。処理能力は1990年製のx86チップと同等のレベルで、1993年の名作PCゲーム「Doom」を実行することも可能とのことです。

順調にいけば、IBMは今後5年間のうちに、このチップのLEDを1ピクセルのディスプレイとして実用化する見込みです。

また、IBMは今回の発表に伴い、このコンピューターの内部がどのような構造になっているのかを表したイメージ動画をYouTubeに投稿しています。

World’s smallest computer
https://www.youtube.com/watch?v=yCL1F9oM4HI

関連ニュース

NEW

Maison Berger Parisがスタートアップ企業のBescentを買収

“マルチ感覚目覚まし時計”を販売しているNantes Bescentのスタートアップ企業が、2019年3月14日木曜日、Maison Berger Parisに買収されました。買収額は明らかにされてい ...

続きを見る
ニュース2019.03.19
NEW

新型蚊取り「蚊がホイホイ Mosquito Sweeper」は薬剤なしで蚊を捕獲

アース製薬が、薬剤を利用せずに蚊を効率よく誘い、吸引して捕獲する新型蚊取りマシーン「蚊がホイホイ Mosquito Sweeper」を発売しました。 蚊を引き寄せるのは、薬剤のかわりに、アース製薬が独 ...

続きを見る
ニュース2019.03.14

家庭用ソーシャルロボット「Jibo」が突然のお別れ。サーバが停止に

「Jibo」は、米マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボ准教授、シンシア・ブリジール氏が創設したロボット企業Jibo.comで開発された家庭用アシスタントロボットで、2014年に発表されまし ...

続きを見る
ニュース2019.03.11

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.