iedge
  • iedge

タグ

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.09.26

【Amazon Echo新製品まとめ】新Echoシリーズはもちろん、今年もサプライズあり!

記事ライター:Yuta Tsukaoka

今年もAmazonの新製品発表会がやってまいりました!

発表されたのは新Echoシリーズを中心とした全16製品に、Alexaの新機能が21
Appleを皮切りに発表イベントが立て続けに行われるこの時期、注目を集めるのは簡単なことではありませんが、Amazonはそのことをよく知っています。

昨年のイベントで発表された「目玉」はAlexa搭載の電子レンジでした。日本では発売すらされないにもかかわらず大きな話題になりましたよね。もちろん、今年もそんなサプライズがあります!

この記事では、「Echo」の冠をもった新製品+αで9製品をご紹介します。さぁ、ざっと見ていきましょう。

※日本でも発売されるものには円価格を表記しています

Echo Dot with Clock(6,980円)

イベントで最初に紹介されたのがこちら。

Echo Dotに時計がついただけといえばそのとおりなんですが、Echo Show 5Lenovo Smart Clockなどのように寝室でAIスピーカーを利用することを考えると、やっぱり時計はほしいところ。

本体上部にはセンサーがあってタッチするとアラームのスヌーズができます

説明ではスヌーズ時間が「9分」とありました。これ、ちょっと長いけど設定で変えられるのかな…。9分も寝たらアウト!という人、多いんじゃないでしょうか。

予約受付中・10月16日出荷予定です。

Echo(第3世代)(11,980円)

第2世代のEchoよりも若干、丸みを帯びたデザインに刷新されたEcho(第3世代)。

チャコール、ヘザーグレー、サンドストーン、トワイライトブルーの4色展開で登場です。
オーディオ関連のスペックは第2世代と同じで、新しくなったのはデザインと新カラーのみ。

ちなみに、上の画像が「トワイライトブルー」
なかなかさっぱりしたデザインとカラーで、インテリアや家具との調和を意識しているのが伝わってきます。

予約受付中・10月16日出荷予定です。

Echo Studio(24,980円)

Echoシリーズの最上位機種として投入されたのが「Echo Studio」。

家具に馴染むデザインに刷新されたEcho(第3世代)とは打って変わって、プロ仕様感ありありのゴツいデザインが個人的には好みです。

5.25インチのウーファーを含む5つのスピーカーを備え、設置された環境での音の広がりや反響を分析して自動で最適化してくれるとのこと。これは、同じく音質を売りにしているGoogle Home Maxにも、AppleのHome Podにも搭載されていない機能です。

また、最大出力はなんと330W!イメージしにくいと思いますが、日本の住環境では完全なるオーバースペックと言えます。ただ、最大音量までに余力があることが大切なんです。

そうそう。Alexaといえば「音は二の次」のイメージありましたもんね。
日本では発売されていませんが、Google Home Maxが音質の良さで売れていったことでその市場を認識したのでしょう。

あと、これまでEcho Plusに搭載されていたホームハブ機能(Zigbeeゲートウェイ)も搭載
今回、Echo Plusに新機種は追加されなかったので最上位機種としてはこのEcho Studioに一本化されるものと思われます。

予約受付中・12月5日出荷予定です。

Echo Show 8(国内発売未定・122.99ドル)

5.5インチのEcho Show 5と、10インチのEcho Showの間をつなぐサイズとして、8インチの「Echo Show 8」も追加されました。

私がデスクに置くことを諦めたGoogleのNest Hubが7インチですから、上の使用例のようにデスクに置くにはちょっと大きめサイズだと思います。
日本未発売なのでなんとも言えませんが、ダイニングテーブルやテレビ台などに置くとちょうどいいでしょうね。

Echo Flex(2,980円)

これは買いです!

Echo Dotすら置くようなスペースがとれない洗面所やトイレ、玄関なんかに置けるスマートスピーカーとしては最高の出来じゃないでしょうか。

コンセントに直差しして使える上、人感センサーと小さなライトを備えているので常夜灯としても使えます。

玄関まで来て「あ、テレビ消さなきゃ…」というときリビングのEchoに大声で「テレビ消して!!!」と言っていたマヌケな私たちを過去のものにしてくれるでしょう。

予約受付中・11月14日出荷予定です。

Echo Buds(国内発売未定・129.99ドル)

これ、今回の発表会でいちばんのガッカリでした。日本でも発売してくれ……!!!

「Echo Buds」はAir Podsをライバル視した完全ワイヤレスイヤホンです。Air Podsが144ドル(国内価格17,800円)なので、だいぶ安いですね。

もちろん、Alexaとのシームレスな連携ができ、なんと、BOSEのノイズキャンセリング技術まで導入されています。最高すぎでしょ…。

イヤホン単体で5時間の音楽再生、ケースに20時間分の充電ができるので、通勤通学で往復2時間程度の利用なら1週間は余裕で使い続けられます。

ただ、無線充電には対応していない模様。いやしかし、それでも!これは本気で試してみたかったですね。
個人輸入サイトなどで購入することも可能になると思いますが、日本の技適を通過していないので国内で使うとそれだけで犯罪になります。気をつけましょう…。

次ページ:今回のサプライズは…?

1 2

関連記事

NEW

住宅をスマートハウス化したい!国や自治体から補助金がもらえるって本当?

スマートハウスとは スマートハウスとは、住宅全体のエネルギー管理や、断熱などの住宅性能による「省エネ」、太陽光発電による「創エネ」、発電されたエネルギーを貯蔵する「蓄エネ」の3つの柱をもとに、CO2排 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.12.11
NEW

海外のホテルで退屈しないためにFire TV Stickを持っていったはいいものの…

海外旅行って楽しいんですけど、ホテルに帰ってからが退屈じゃないですか? 現地のテレビ番組を観るのも楽しいものですが、寝る直前の時間くらいは見慣れた日本の番組がほしくなってしまいます。すくなくとも、日本 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.12.10
NEW

オーストラリアに入国したらPixel 4の「モーションセンス」が使えるようになったから試してみたよ

こんにちは、全国のPixel 4ユーザーのみなさん。 まずは、Pixel 4を選んだ慧眼を讃えさせてください。いいスマホ選びましたね! そして、電波法の都合で目玉機能「モーションセンス」が使えないこと ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.12.09

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02
1 2

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.