iedge
  • iedge

ニュース 2019.08.08

増税前に買うべきおすすめ家電7選

記事ライター:iedge編集部

2019年10月に予定されている消費税増税。増税前にぜひとも、冷蔵庫などの大型家電や便利なキッチン家電などは、厳選して購入しておきたいものです。「家電量販店には、大量の家電が並んでおり、どれを買えば良いかわかりにくい。」という方へ、増税前に買うべきおすすめ家電を7つ厳選してご紹介します。

1. パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 6ドア 650L NR-F655WPX-X

引用元:https://www.amazon.co.jp/パナソニック-パーシャル搭載-オニキスミラー-ミラー加工-NR-F655WPX-X/dp/B07P21F1DS?th=1

家電大手のパナソニック製品で一押!食料を素早く冷凍できる”はやうま冷凍”機能搭載で、容量も650Lとたっぷりの6ドアの冷蔵庫(NR-F655WPX-X)です。肉や魚の鮮度を保ちつつ冷凍保存することができる他、クーリングアシスト機能の「冷ます」モードを利用することで、炊きたてのご飯や揚げ物などの粗熱を約5分でとることができ、できたてをそのまま冷凍することができます。

さらに、野菜の鮮度を保てる冷蔵庫内の湿度調整機能”Wシャキシャキ野菜室”機能も備えており、あらゆる食材を新鮮に保存することができます。

2. 日立(HITACHI) 洗濯乾燥機 ビートウォッシュ BW-DX120C

引用元:https://kadenfan.hitachi.co.jp/wash/lineup/bwdx120c/feature05.html

“デリケートコース”や”おしゃれ着コース”などのモードがあり、自宅で各種衣類を洗えると人気の洗濯機「ビートウォッシュ BW-DX120C」。AIにより、衣類の量や布質までを見分け、洗浄方法や時間、水温や洗剤の量を自動で判断して洗濯してくれる優れものです。

また、通常の洗濯では落ちにくい油・泥汚れは”ナイアガラ ビート洗浄”でしっかりと落としてくれます。12kgのたっぷり容量は、まとめ洗いにも便利です。

3. ハイセンス(HISENSE) 4K対応液晶テレビ 50V型 50A6100

引用元:https://www.hisense.co.jp/tvs/4k_ultra/50A6100/

50インチという大画面でも、画質の粗さがなく、829万画素で織り成す美しい映像を楽しめるのが、ハイセンスの「4K対応液晶テレビ 50V型 50A6100」。さらに、”直下型LEDバックライト”により明暗部の色ムラも抑えられていながら5万円以下の価格と、非常にコスパの高い4Kテレビです。

2チューナー搭載(地デジ、BS・100°CSすべて)のため裏番組の録画ができる他、Androidスマホ・タブレットとのワイヤレス接続も可能です。

4. 三菱電機(MITSUBISHI) 冷暖房インバーターエアコン 霧ヶ峰 MSZ-FL5618S-K

引用元:https://www.mitsubishielectric.co.jp/ldg/wink/ssl/displayProduct.do?ccd=1040106310&pid=286893

「霧ヶ峰 MSZ-FL5618S-K」の搭載している赤外線センサー”ムーブアイ極”は、人の体感温度に合わせて、冷風と爽風を自動で切り替えられる機能です。グッドデザイン賞を獲得したおしゃれなデザインのエアコン(カラーはブラック、レッドとホワイトの3色)の内部は、”ハイブリッドナノコーティング”されており、ホコリや油が付着しにくくお手入れも簡単です。

5. ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3

引用元:https://www.sony.jp/headphone/products/WH-1000XM3/

周りの音を気にせず、自分の聴いている音楽にだけ集中できる有能なヘッドホンが、ソニーの「ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3」です。その快適な環境は、ソニーの誇る” 高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1”によって実現されています。

さらに、ノイズキャンセリング特性は、”NCオプティマイザー”によって検知された利用者の髪型やメガネの有無によって最適化されます。

6. ボーズ(Bose) ウェアラブルスピーカー SoundWear Companion speaker

引用元:https://www.amazon.co.jp/Bose-SoundWear-Companion-speaker-ウェアラブルネックスピーカー/dp/B079T2X2D7

先に紹介したソニーのヘッドホンとは逆に、インターホンの音や赤ちゃんの泣き声などの周囲の音を聞きながら音楽を楽しみたい方へおすすめ!耳を完全に塞がない形が新しい、ボーズの「ウェアラブルスピーカー SoundWear Companion speaker」です。”形状固定ワイヤー”でカバーし肩や首の形に合わせてフィットさせることができるので、1日中着けていても疲れにくいと評判です。2つ搭載された”11インチウェーブガイド”により、深くきれいな音も実現されています。

7. ティファール(T-fal) マルチクッカー クックフォーミー CY7011JP

引用元:https://www.t-fal.co.jp/products/cooking-appliances/cook4me/cook4me/

料理にあまり時間が避けない方や、料理が苦手な方におすすめなのが、ティファールの「マルチクッカー クックフォーミー CY7011JP」。一台で”圧力調理”、”煮込む”、”蒸す”と”炒める”役割を果たしてくれる上に、60種類ものレシピを内蔵しており、材料さえ入れればボタンひとつであらゆるバリエーションの料理が仕上がります。

料理後は、内鍋を取り外して水洗いできるのも便利なポイント。一度に2〜6人分の量を調理できるので、一人暮らしでもファミリーでも活用できます。

関連ニュース

NEW

アメリカの「影の大統領」、ピーター・ティールが見つめる人類をアップデートするテクノロジー

人間は、天から与えられた分厚いカタログの中から何を作るかを選ぶわけではない。むしろ、僕たちは新たなテクノロジーを生み出すことで、世界の姿を描き直す。それは幼稚園で学ぶような当たり前のことなのに、過去の ...

続きを見る
ニュース2019.10.11
NEW

【Amazon発表会まとめ】わかってんじゃん!Alexaにほしかった機能が追加されました

さて、Amazon発表会のまとめ、後半戦です。 前の記事では、Echoブランドの新製品と今年もあったサプライズ製品を紹介しました。 この記事では、Alexaに搭載された新機能を紹介します。 では、さっ ...

続きを見る
ニュース2019.10.10
NEW

米国の批評誌、「iPhone 11 Pro Max」をスマートフォン1位にランク付け

「iPhone 11 Pro Max」は米国の批評誌「Consumer Reports」によって、”最高のスマートフォン”と評価されました。 主な評価ポイント1点目の” バッテリー持続時間”についての ...

続きを見る
ニュース2019.10.10

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース2017.10.04

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.