iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.07.15

【速報】今すぐ「Amazonプライムデー」で買っておきたい家電&ガジェットはこちら!

記事ライター:Satoru Oguchi

Amazonプライム会員を対象とした年に一度の大セール「Amazonプライムデー」。今年は7月15日の深夜0時から7月16日23時59分までの48時間開催されます。各種ガジェットや家電を長年見てきた、私ライターの小口が、「これは良いモノだから買っておけ!」というアイテムを速報でお伝え致します

※ 編集部注:価格を始めとした記事内の情報は、すべて2019年7月15日現在のものです。
また、プライムデー期間中に価格が変動することもあるため、紹介している価格を保証するものではありません。

【空気清浄機】ブルーエア Blue Pure 221

空気清浄と脱臭に特化したブルーエアの空気清浄機。360度の全方向から空気を吸引するので、効率的に部屋の空気をきれいにしてくれます。適用床面積の目安は39畳。ブルーエアの空気清浄機がこの値段で買えることは滅多にないのでおすすめです

【自動調理鍋】シャープ ヘルシオ ホットクック 2.4L KN-HT24B

もはや定番となりつつある自動調理鍋の「ホットクック」。火加減も材料のかき混ぜもすべて自動。食材の栄養素を損なわない無水調理にも使えます。家族世帯なら、こちらの大容量タイプ(2.4L)がおすすめです。

【電動かき氷機】ドウシシャ 電動かき氷機 ふわふわ とろ雪 DTY-19BK

なかなか梅雨が明けませんが(関東)、夏はもうすぐです。大人のかき氷機の2019年モデルが2980円。果汁を混ぜたふわふわの台湾風かき氷が、ワンプッシュの電動式でできあがります。2種類の氷を組み合わせて削れるので、専門店に出てくるようなスイーツ感の高いかき氷も作れますよ。

【炊飯器】パナソニック 炊飯器 5.5合 圧力IH式 Wおどり炊き ブラック SR-VSX108-K

ここ数年、10万円を超えるような高級炊飯器も話題になっていますが、ごはんの美味しさと価格のバランスがもっとも良いのはこのクラス
「鮮度センシング」により、古いお米もパサつきを抑えて新米のようなハリと甘みを引き出してくれます。炊飯器はメーカーによって味の傾向が異なりますが、パナソニックは万人にとっておいしいと感じる味になっています。

【ロボット掃除機】アイロボット ルンバ690

ロボット掃除機は欲しいけど高い、かといって安い名前も知らない中華メーカーの製品は不安という人も多いでしょう。
こちらはシェア1位ルンバのエントリーモデル。通常よりも1万円安くなって3万円切り!初のルンバとしてお家に迎えてみてはいかがでしょう。しかもWi-Fi対応でスマホアプリから操作できますし、Alexaにも対応。スマートスピーカらでも動かせちゃうんですよ。

【電気シェーバー】フィリップス 9000シリーズ S9551/26

フィリップスのシェーバーでは最上位となる9000シリーズ、しかも自動洗浄・乾燥の機能を備えた「洗浄充電器スマートクリーン」が付属しています。
最上位モデルでもオプション品になる自動洗浄機がついてこの価格は、なかなか出会えません。
8方向に可動するヘッドが顔のどんな凹凸にも密着して深剃りでき、防水なのでお風呂で泡フォームやジェルをつけてのシェービングも可能。ヒゲやモミアゲなどを整えるトリマーも付いた至れり尽くせりモデルです。

【マッサージチェア】アテックス ルルド エアもみマッサージソファ LX ブラック AX-HIL1633bk

マッサージチェアというと、大きくて“いかにも”というデザインなものが多い中、こちらは普通のひとり掛けソファーに見える製品です。
ソフトレザーを使用した高級感はもちろん、3段階リクライニングでお茶を飲んだりちょっとくつろぐ時にも使えます。マッサージ機能も本格的で、お尻や太ももをもみほぐすエアバッグに、背面のヒーター付きもみ玉を備えています。

【においチェッカー】タニタ においチェッカー ES-100A BK


汗の臭いや加齢臭など、自分でも気づきにくいにおいを0〜10の11段階で判定できるアイテムです。
センサー部分を開くと自動的に電源が入り、気になる部位に約10秒間センサーを近づけるだけ。ポケットに入るコンパクトサイズなので、外出先で気になったときにさっとチェックできます。

【充電器】Anker PowerPort ll PD - 1 PD and 1 PowerIQ 2.0

USB Type-Cを採用したスマホやタブレット、PCが増えています。Type-C用の充電器もたくさん出てきましたが、やはり従来のUSBケーブル(Type-A)もまだ現役で使っているという人も多いのではないでしょうか
こちらならType-A、Type-C両方のポートを備え、しかも独自機能によりフルスピードの急速充電が可能です。

【落とし物トラッカー】Tile Mate

スマートフォンとBluetoothで接続し、鍵や財布などの見つけることができる落とし物トラッカー。
最後に接続が切れた場所をスマートフォンの地図上に場所を表示、近くにあれば本体から音を鳴らすことで探せます(最大接続距離約45m)。逆に、Tile本体からスマートフォンを鳴らして見つけることも可能です。従来モデルでは不可能だった電池交換にも対応。4個セットだと6250円。

 

【電動ドライバー】ボッシュ(BOSCH) 電動ドライバー IXO5

電動工具というと、DIYやガーデニングを趣味にしている人にはおなじみのアイテム。しかし、どんな家庭でも家具の組み立てやちょっとした作業にドライバーを使うことはあるでしょう。
そんな時にコンパクトで使いやすい電動ドライバーがあると、かなり便利です。スイッチひとつで回転の向きを変えられ、USBから充電できるのも使いやすい。一家に1台あって損はありませんよ。

【LEDランタン】LE 超高輝度 LEDランタン

東日本大震災の際は、売り切れが続出したLEDランタン。逆の意味でプライムな値段が付いていました。改めて防災用に準備しておいてはいかがでしょう。
災害やそれによる停電はいつ起こるかわかりません。まさに昨日、ニューヨークで大停電が発生しました。備えあれば憂いなし!

【翻訳機】富士通 arrows hello AT01

28言語の音声翻訳機能を搭載。モバイルWi-Fiルーターやスマートフォンと接続することで、精度の高い翻訳を可能にしています。
Wi-Fiによる接続がなくても日本語←→英語、日本語←→中国語の翻訳に対応。カメラで撮影した文字を翻訳する機能も備えています。海外旅行のみならず、訪日外国人のお客さんとの会話などに活用できるでしょう。

【Amazonデバイス】Fire TV Stick

プライム会員ということは、Amazon Prime Video観てますよね? お家にあるちょっと古めのテレビでも、この「Fire TV Stick」をHDMI端子に接続するだけで、大画面でPrime Videoが楽しめるようになります。
もちろんYouTube、Hulu、Netflix、AbemaTV、DAZN、dTVといった他の映像配信サービスも観られる。リモコンはAlexa対応で、声で映画やドラマのタイトルを指定しての再生も可能です。

関連記事

NEW

介護ロボットとは?導入の際の補助金やメリット、課題について

深刻な人手不足に悩まされている介護業界ですが、近年はロボット技術の力を借りた新たなシステムの導入が進んでいます。「介護ロボット」と呼ばれるそれは、最新のロボット技術を応用して「知能化」したロボットを指 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.18
NEW

【速報】これだけで全部わかる!Google新製品発表会 #madebygoogle

Appleから始まり、Amazon、そしてメーカー各社と続いた新製品発表会シーズンもそろそろ終わり。 最後の大物、Googleの新製品発表会が昨夜23時(日本時間)からニューヨークで行われました! こ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.16
NEW

スマートビルディングとは?IoTを活用したその仕組みやメリットデメリットについて【テクノロジー・AI入門編】

ITの進歩により、あらゆる身の回りのものがインターネットにつながり、人々の生活を便利にする「IoT(Internet of Things)」が浸透しつつあります。そしてIoTの動きは生活だけではなく、 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.16

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.