iedge
  • iedge
  • 新着順
  • 人気順

「スマートホームで介護」これこそがまさに真のスマートホーム

日本は世界一の長寿国、そして超高齢化社会 日本は世界でも類を見ないほどの超高齢化時代を迎えています。 厚生労働省や総務省などの調査によれば、2016年時点で65歳以上の高齢者数は3,461万人となり( ...

天気予報から見守りまでマルチに活躍してくれるスマートデバイス「TeNKYU」登場

アプリをインストールすることでどんどん成長していくのがTeNKYU 2017年10月時点ではまだ価格、スペック、予約販売の開始時期といった詳細な情報は発表されていませんが、2016年8月には渋谷系スタ ...

庭の芝の水撒きを自動化できるRachio Smart Sprinkler Controller

Rachio Smart Sprinkler Controllerは革命的な便利さ スマート機器の多くは、従来製品に比べて革命的なほどの使い心地の良さを誇っています。そして、Rachio Smart ...

探しモノを音や地図で知らせしてくれる「voila!(ヴォワラ!)」

voila!(ヴォワラ!)とは voilaはフランス語ですが、使用するシーンによっていくつかの意味がある言葉です。今回ご紹介する「voila!」に関しては「ほら!ここだよ!」というニュアンスで捉えてい ...

建設分野におけるIoT×AI技術の進歩はスマートホームの重要なポイントとなる

スマートハウスとスマートホームの違い 建設分野ではよく「スマートハウス」という言葉を見聞きすることがありますが、建設分野における「スマートホーム」との違いは何か?と聞かれた時に分かりにくいという方も少 ...

タッチ開錠でスマートセキュリティ新体験!Kwikset Kevo

無理なくドアになじむデザイン 2013年、KwiksetはUnikeyと組んで、タッチで開錠できるスマートロック” Kwikset Kevo”を開発しました。Bluetoothでスマートフォンとペア設 ...

気象警報機能付きの煙探知機 Halo+ Smart Smoke & Carbon Monoxide Alarm

煙探知機と天気警報を搭載 Halo +は気象警報を搭載したスマート煙探知機です。遠隔通知機能など、スマート煙探知器にあるべき機能はすべて押さえ、気象警報も豊富な設定が可能です。 スマート煙探知機といえ ...

「照明器具を設置するだけ」ソニーのスマートホームデバイスとは

設置するだけでスマートホーム、ソニーの「Multifunctional Light」とは? ソニーのスマートホーム製品「Multifunctional Light」は、「Mulch Function= ...

なんでもIoT家電化してしまうプラグ Cnct IntelliPlug

25ドルで体感できる高機能 スマートプラグはどんな家電もIoT化させる便利な製品ですが、大きすぎて隣の差込口を塞いでしまうことも多々あります。 Cnct IntelliPlugは、差込口を邪魔しない控 ...

健康管理に生活改善、医療機関との連携などが期待される高齢者向けスマートホーム

超高齢化社会、労働人口の低下が招く危機 そう遠くない将来、日本は黙っていても否応なしに超高齢化社会が訪れ、人口減少に伴う生産人口の減少、そして社会保障の増大という壁に直面します。 心身ともに健康で元気 ...

オールAmazon生活入門編? 実質無料のAmazonスキャナー Amazon Dash Wand

AmazonスキャナーにAlexaも搭載で20ドル Amazonの最新ガジェット、Amazon Dash Wandは、長さ約14センチのスティック型機器で、先端にバーコードスキャナーと、その手前のAl ...

スマートハウスのような「建売のスマートホーム」は登場するのか?

スマートハウスとスマートホームの違い スマートハウスとスマートホーム、言葉自体は非常に似ているうえに両者に明確な定義というものは存在しないのですが、一般的には次のような認識で分類されています。 ・スマ ...

スマートホーム(スマートハウス)を建てるとしたら坪単価はどれくらい?

スマートホームってどんな住宅のこと? 一般にスマートホームとはHEMSシステムを導入したうえで、かつ創エネ機器、蓄エネ機器、省エネ機器のいずれか1つ以上を設置している住宅のことを指します。 「スマート ...

本人しか受け取れない「スマホが鍵になる」スマート宅配BOXとは

再配達問題と宅配ボックス設置に関する課題 ここ20年で、再配達の量は3倍以上に増えたと言われています。 Amazon.co.jpなどのネットショッピングが主流になってきたことに加えて、共働きのため在宅 ...

スマートホーム分野ではどんな研究が行われているのか?スマートホームの理想像とは

スマートホーム時代は始まったばかり 「留守中の家がどうなっているか知りたい」 そんなニーズに対して考え出されたのがスマートホーム(コネクテッド・ホーム)の原型であると言われていて、ここ10年ほどで海外 ...

北米におけるスマートホームとは?日本との比較も交えて解説

「セキュリティ対策」から発展した北米のスマートホーム 日本では早くからHEMSやMEMSに代表されるようなエネルギー・マネジメントシステムを搭載した住宅、いわゆる「スマートハウス」の概念が広がっていっ ...

「自宅をスマートホームにしたい」と思った時に受けられる補助金などはあるのか?

スマートホームとスマートハウスの違い 日本ではスマートハウスという言葉が広く普及しており、また受けられる補助金などの制度名もスマートハウスという言葉が使われていることが多いのですが、両者の違いを簡単に ...

見えない空気状態を可視化!「ほこりセンサー REX-BTPM25」とは

大気汚染物質などを計測してスマホに表示 数年前から、中国における粒子状物質PM2.5などによって汚染された大気が日本へも流れ込み、健康に害を及ぼすなどの深刻な危険性が指摘されています。 非常に小さい粒 ...

スマートホーム関連デバイスに搭載されている様々なセンサーや上手な使い方をご紹介

スマートホーム関連デバイスに搭載されているセンサーの種類 まずはどのようなセンサーが搭載されているのかご紹介します。 ・ドア(窓)センサー ドアの開閉状況を検知してくれるセンサーです。中にはロックがか ...

スマートホーム化した賃貸物件、近い将来お目見えするかもしれない?

賃貸物件に住んでいる人の割合は? 総務省統計局は5年ごとに「住宅・土地統計調査」というものを行っています。次回が2018年ですので、最新情報は2013年のものとなり少し古いデータではありますが、持ち家 ...

今すぐスマートホームを始めるなら赤外線に対応したデバイスがお勧め!

スマートホームと赤外線の関係について 人間の目に見えない赤外線はこれまで、人の動きなどを検知するセンサーや、エアコン、テレビ、オーディオなどをコントロールするためのリモコンなどに用いられてきました。 ...

FIRST...102030...323334...LAST

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.