iedge
  • iedge

「Yuta Tsukaoka」の投稿記事一覧

「Yuta Tsukaoka」の投稿記事 21/73を表示

NEW

【一問一答】今日から始まる無差別侵入調査「NOTICE」について知っておくべきこと

今日、2019年2月20日から総務省によるIoT機器の無差別侵入調査「NOTICE」が始まっている。 この概要については何度か記事にしているが、要するに情報通信研究機構(以後、NICT)が無差別に日本 ...

NEW

【レビュー】Pixel3はAIスピーカーの代わりになるか、それ以上か。(後編)

Pixel3は、AIスピーカーとスマホのハイブリッド (撮影:Yuta Tsukaoka) 昨年11月に発売されたPixel3を筆者も今年になってようやく手に入れた。アンボクシング(開封の儀)やカメラ ...

NEW

ホームIoTを快適にするために「orbi」でメッシュネットワークを導入してみた(後編)

IoTをフル活用するならメッシュネットワーク 前編では、メッシュネットワークの仕組みと、それがいかにIoTに向いているのかを力説した。この記事では筆者宅に設置した結果について書いているが、ぜひ前編を読 ...

NEW

だからIoTは面白い。パナソニックで「枯れた」技術が見事に再生していた

PLCという名前に聞き覚えは? (画像引用元:Panasonic) https://panasonic.jp/p3/p-db/BL-PA100KT.html 「PLC」という通信方式の名前を聞いて「あ ...

「結局、AIスピーカーって何ができるの?」という疑問へのシンプルな答えと葛藤

家に遊びにきてくれた友人が必ず言う一言 こういう仕事柄、私の家には7台のAIスピーカーがある。 リビングにはAmazon EchoとSONOS Beam、寝室にGoogle Home、仕事部屋にはGo ...

AIスピーカーは「ちょっとアホ」くらいで付き合ったほうがいい

天才だと思うから失望する AIという言葉が盛んにメディアに出るようになって数年になるが、いまだに多くの人の頭の中では「AI=全知全能」といった勘違いがある。そのAIを冠した「AIスピーカー」もまた、全 ...

【レビュー】Pixel3はAIスピーカーの代わりになるか、それ以上か。(前編)

ようやく日本にも上陸したGoogle謹製スマホ「pixel3 」 (画像引用元:Google Japan Blog) https://japan.googleblog.com/2018/10/goog ...

ホームIoTを快適にするために「orbi」でメッシュネットワークを導入してみた(前編)

複数のアクセスポイントをまとめる仕組み メッシュネットワークという言葉をご存知だろうか。2017年ごろからメジャーになってきたネットワーク構成のコンセプトで、簡単に言えば複数のwi-fiルーターを束ね ...

BIG BROTHER IS WATCHING YOU. 日本政府がIoT機器への無差別侵入調査を開始

国の審議会で計画承認 ※画像はイメージです ジョージ・オーウェルの「1984」を読んだことのある読者なら、このニュースに触れてすぐ、頭の中に「BIG BROTHER IS WATCHING YOU」の ...

あの「ルイ・ヴィトン」もIoTに参入 ーLPWAの波がIoTを変えるか?

おそらく世界で一番高価なトラッカー 読者諸氏は旅行が好きだろうか? 私は、知恵とテクノロジーと少しのお金を駆使して家を快適にすることに腐心しているので、旅行をする時間がない。要するに出不精というやつだ ...

IoTを支えるLPWAは何が革命なのか?(後編)

前編ではLPWAの基礎と新しい産業革命について解説 この記事は、同タイトルの前編の続きである。「LPWA」と言われて、その正式名称がわからないというような読者は、ぜひ前編から読んでほしい。いいだろうか ...

IDC Japanが企業の「IoT担当者」の総数174万8000人と予想 これから求められるIoT人材とは?

全回答企業3220社のうち211社がIoTを利用 IDC Japanが、全国の企業に向けておこなった調査から、IoTを担当しているとする社員の総数を174万8000人と予測した。しかも、そのうち47万 ...

2019年に「ホームIoT」がキャズムを越えるために必要なこと(後編)

前編ではユーザーの利用シーンから、後編ではサポート体制から この記事は、同タイトルの前編の続きである。 前編では、AIディスプレイの普及と無電源センサーがホームIoT普及のキーになると解説したが、後編 ...

AIが命の値踏みに直面?自動運転の「トロッコ問題」はIoT家電にも影響する

まずはトロッコ問題について考えよう 日本でも2020年を目処にレベル3(すべての運転を自動化するが、緊急時は運転手が操作する必要がある)の自動運転を公道で解禁する動きが出てくるなど、どんどん現実味を増 ...

IoTを支えるLPWAは何が革命なのか?(前編)

低電力・広範囲のLPWA まず、LPWAという言葉について説明しよう。これは、BluetoothやZigbeeというような単一規格の名称ではなく、「Low Power Wide Aria」の略で、「低 ...

2019年に「ホームIoT」がキャズムを越えるために必要なこと(前編)

ホームIoT元年だった2018年 2018年はホームIoT元年と呼べる年だった。2017年末に発売された「Google Home」と「Amazon Echo」が順調に出荷され、それに合わせて各社がホー ...

【iedgeライター推薦】自腹で買った2018年ベストバイIoTガジェット5選

気付いたらすごい量の製品を買っている このiedgeで記事を書くようになってから8ヶ月ほどになるのだが、その間に私が買ったホームIoTデバイスはなかなかの数になっている。 もちろん、記事で紹介しようと ...

AIのみの進化は「無意味」 IoT向けセンシング技術はどう進化しているか?(どう進化するか?)

IoTは、センシング・アナライズ・アクションの3段階 ホームIoT業界が活況だ。PhilipsのHueが発売された2016年当時、照明をスマホ操作で点けたり消したりして喜んでいた頃が懐かしい。今や、家 ...

アクセルラボのホームオートメーションAI「CASPAR」は何を感じているのか?

前回の記事で、CEATECのアクセルラボブースを紹介し「目を持った家」についてプライバシー面を中心に解説した。 今回はCASPARの設計思想、基本的な動作アルゴリズムなどを中心に解説する。 前回の記事 ...

3万円でホームIoTをはじめる!おすすめガジェット5選(後編)

ホームIoTによる暮らしの自動化は意外と簡単 この記事は、同タイトルの前編の続きである。まずは前編を読んでほしい。 さて、すでに前編は読んでもらったという前提で話を進めよう。ここまでで、IoTリモコン ...

2019年はこうなる!? ホームIoTに訪れる3つの変化を大予想

まさにIoT元年だった2018年 今年、2018年はホームIoT元年と呼ぶにふさわしい1年だった。2017年の終わりに日本発売となった「Google Home」と「Amazon Echo」が順調に出荷 ...

123...LAST

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.