iedge
  • iedge

タグ

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.06.14

こんなのほしかった! スマート家電を賃貸住宅に取り付けるのに便利な小物たち

記事ライター:Yuta Tsukaoka

さまざまなスマート家電が発売されている昨今、そろそろうちも…と自宅への導入を進めている読者も多いだろう。しかし、賃貸住宅だと設置が難しいものも少なくない。

たとえば、壁や天井に取り付けるセンサー類のように壁紙を傷めないか心配になってしまうものや、サイズの合わないスマートライトのように工事をしなければ使えないと思えるようなもの、もともと賃貸住宅に設置されていたものを取り外さなくてはいけないもの…。

退去時のことを思うと心配になり、ついつい二の足を踏んでしまいがちだと思うが、じつはちょっとした工夫で乗り越えることができる。

今回は、そんな小さな悩みを解決する安価でアイディアに溢れた商品たちを紹介しよう。

※ この記事で紹介しているのは筆者の実体験に基づく内容ですが、記事で紹介した内容を実践して壁紙が剥がれるなど住宅を傷つける結果となっても責任は負いかねます。

壁や天井への貼付けに使える「3M コマンドタブ各種」

非常に汎用性の高い製品として、まずはこれを紹介したい。3Mが発売しているコマンドタブである。

この、にゅーっと引っぱって剥がすタイプの両面テープを知らない人は少ないだろうが、実はさまざまなタイプが発売されていて、用途が幅広いのだ。

コマンドファスナー「CMF-2H」

こちらは、コマンドタブに面ファスナー(通称:びりびり)がついたものだ。

コマンドタブで取り付けたものは、一度外せばもう一度コマンドタブを貼り付けないといけないのが常識だが、これなら何度も使える。

たとえば、電池交換が必要な人感センサーや、メンテナンスのためにリセットボタンを押す必要がありそうなスマートリモコンなんかを壁に取り付けるにはうってつけである。

もちろん、コマンドタブ同様、壁紙を傷つけない。

コマンドフック 「CM2L-6HN」

 

こちらは定番商品のひとつなので持っている読者も多いかも知れない。コマンドタブが付属したプラスチック製のフックだ。

これのポイントは、耐荷重が大きく2.4kgまで対応していることだろう。我が家では、このコマンドタブを3つ使って壁にiPhoneを固定し、誰でも使えるデジタルジュークボックス 兼 ホームコントローラーとしている。

コマンドフック「CM3CN」

 

普通の賃貸住宅にあと付けでスマート家電を導入していくと、どうしてもコード類がはみ出て気になるが、これがあればすっきり収納することができる。

サイズの合わないスマートライトを取り付けできる ムサシ 「RITEX 可変式ソケット」

 

スマートライトは、通常の電球と比較してかなり大きい。金口の形が同じでも、このくらいのサイズ差があるのだ。

左が賃貸住宅にもともと設置されていた電球。右2つがTRÅDFRIのスマート電球。すべて同じE17規格だが、サイズがこれだけ違う

最近のマンションに多い天井埋込み型のランプシェードには、ほぼ入らないだろう。

そこで、使えるのがこれだ。

可変式ソケットを取り付けた様子。これなら下向きにスマート電球を設置できる(撮影/筆者)

この可変式ソケットを差し込み、そこへスマートライトを差し込む。シェードから少しスマートライトがはみ出ることもあるが、せっかく揃えたスマートライトが使えないよりはいいだろう。

備え付けの天井照明をスマート化できる オーム電機「照明リモコンスイッチ」

 

スマートライトを導入しようとすると、そのほとんどが電球型かリボン型なので間接照明として使うことが多いと思うが、実際、私たちがいちばんよく使う照明は天井に備え付けられた照明だろう。

これをスマートライトに差し替えることもできるが、もともとあったものをどこかに収納しておかなくてはならず、少々ハードルが高い。

そこで、この「照明リモコンスイッチ」だ。天井の丸型コンセントに差し込み、そこへ照明を繋ぐと、リモコンで操作できるようになる。

Nature Remoなどのスマートリモコンと組み合わせれば、スマートスピーカーからのオン・オフが可能になる。

ただ、吊り下げ型ではなく天井に直接つけるような、いわゆる「シーリングライト」だと受光部が隠れてしまうので注意しよう。その場合、スマートリモコンを高い位置に設置する必要がある。

実際、我が家では備え付けのシーリングライトにこれを導入していて、Nature Remoで操作可能だ。

 

関連記事

NEW

オーストラリアに入国したらPixel 4の「モーションセンス」が使えるようになったから試してみたよ

こんにちは、全国のPixel 4ユーザーのみなさん。 まずは、Pixel 4を選んだ慧眼を讃えさせてください。いいスマホ選びましたね! そして、電波法の都合で目玉機能「モーションセンス」が使えないこと ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.12.09
NEW

スマートハウスを提供している企業と実例

スマートハウスとは スマートハウスとは、「省エネ」「創エネ」「蓄エネ」の3つを主軸に、エネルギー消費を抑える住宅です。CO2削減はもちろん、光熱費を抑えることができるのも魅力です。2011年頃から登場 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.12.09
NEW

ガジェットオタクの僕が海外旅行に持っていったガジェットたち

11月に1週間、オーストラリアへ行ってきました。 仕事柄、普段はガジェットに囲まれた暮らしをしていますが、旅行中くらいはそういったモノたちから離れて……なんて全く思わなかったので、やまほどガジェット類 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.12.09

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02
1 2

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.