iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.06.06

初心者でも最高のコーヒーが淹れられる。「GINA」1台あれば(前編)

記事ライター:Satoru Oguchi

コンビニやファミレスのドリンクコーナー、カプセル式の家庭用コーヒーマシンなど、ボタンひとつで美味しいコーヒーが飲める時代です。しかし、コーヒーの味を追求するなら、やはり自らの手でコーヒーを淹れることになります。それには、それなりの知識や経験が必要です。従来は、本で知識を得たり、誰かに教わったりする必要がありました。しかし、IoTによって簡単にベストなコーヒーが淹れられるようになってきています。

今回は、Bluetoothとスマホアプリで好みの味を再現できるコーヒーメーカー「GINA(ジーナ)」をご紹介しましょう。

「GINA(ジーナ)」価格は4万2120円(税込)。外観はクラシカルなコーヒーメーカーですが、コーヒー豆や水を計量する機能を備えています。飾っておきたくなる美しさです。

台座には充電用のmicroUSB端子があります。

抽出方法は3種類

「GINA」は「プアオーバー」「イマージョン」「コールドドリップ」3種類の方法でコーヒーを淹れることができます。一般には馴染みのない言葉ですので説明しておきましょう。

「プアオーバー」

コーヒー豆(粉)の上からお湯を注いで抽出する、いわゆる普通の「ハンドドリップ」です。プア(Pour)=注ぐ、オーバー(Over)=上から、という意味ですね。

「イマージョン」

イマージョン(Immersion)=浸す、という意味で、一定時間粉をお湯に浸した後に抽出する方法で、「浸漬法」とも呼ばれます。紅茶と同じ方法と言えばイメージしやすいでしょうか。

「コールドドリップ」

いわゆる「水出しコーヒー」です。氷で冷やした冷たい水をポタポタと水滴で垂らし、時間をかけて抽出します。

さて、今回は「プアオーバー」でコーヒーを淹れてみます。
まずは、専用アプリ「GINA - Smart coffee Brewer」をスマートフォンにインストール。アカウントを作成してログイン、Bluetoothでペアリングします。最初は英語表示ですが、日本語と中国語にも対応。Settings(設定)からLanguage(言語)、Japanese(日本語)を選べば、日本語表示になります。

画面下の「ブリュー」をタップ、3つの抽出方法から「プアオーバー」を選びます。

初回は、淹れ方を説明した動画をYouTubeで見ることができます

セラミックファネルにペーパーフィルターをセットしておき、コーヒー豆(粉)を入れます。するとアプリにはコーヒー豆の重量と、それに必要な湯量が表示されます。スライドバーを左右に動かすと、好みの濃さに応じた湯量を教えてくれます。

「次へ」をタップ。注いだお湯の量をリアルタイムに計測し、蒸らし(ブルーミング)などの時間を計測するタイマーが表示されます。

お湯を用意したら、「START」をタップ。まずは、お湯をコーヒー豆に少量入れて蒸らし(この設定では20秒)、その後設定された湯量になるまで注いでいきます。

終わったら「OK」をタップ。ピッチャーを外すよう指示されます。

結果が表示されました。お湯が指定された量よりも多い・少ない場合は、そのデータも残ります。味についての評価(苦み、甘み、ボディ、後味、酸味の5種類と総合評価)も記録できます。

結果はアプリ内に保存されるほか、コミュニティに投稿することもできます。

もっとも一般的なハンドドリップでの使い方は以上です。
何件かある行きつけのコーヒーショップの豆で淹れたのですが、店で飲むのと変わらない味になっていました。ハンドドリップでもっとも失敗しがちなのは、お湯の量の調整です。適当にやると、薄すぎる・濃すぎるコーヒーになってしまいます。

「GINA」を使えば湯量がリアルタイムに計測されるため、ほぼ失敗はありません。しかも、その都度コーヒー豆の重さを量るので、10g、20gときっちりした分量でなくてもOK。中途半端な分量でも、最適なお湯の量が計算されるため、たとえば袋で購入したコーヒー豆を「残り少しだから全部使っちゃおう」といったときには、便利ではないでしょうか。

もちろん、好みの味を記録しておけるので、記憶やカンに頼らずとも毎回安定した味で抽出が可能です。「失敗したけど、もったいないから我慢して飲むか」なんてことは、なくなるわけです。

後編では、残り2つの抽出方法「イマージョン」と「コールドドリップ」についてお伝えします。

関連記事

NEW

【フィクションで探る人工知能の多様性】人工知能が人間を内包する時。思考実験「ロコのバジリスク」が見せるフィクションとリアリティの交差点

適切な温度に保ってくれるエアコン、好きな番組をすぐに見つけてくれるプレイヤー。販売されるスマート家電の種類は年々増加しており、あらゆる要素がIoT化されたスマートホームも登場している。 スマート家電の ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.06.24
NEW

【専用SIMは安くて安心】ポケトークの通信料はどうなっているの?

ポケトークには3種類ある ポケトークにはスマホのようなタッチパネルがあったり、ネックホルダーがあったりと、使いやすいように改良が加えられた「ポケトークW」と、改良前のボタン操作中心の初代ポケトークの2 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.06.24
NEW

【連載】いま一度「IoT」という言葉について考えてみよう(最終回・全4回)

ここ数年、「IoT」という言葉を私も、きっと読者もよく使うだろう。しかし、その意味するところは漠然としている。 このモヤを取り払うことができれば、私たちがIoTについて考え、問題点を見出し、未来を見通 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.06.21

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.