iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.05.23

Amazon echoはどれが便利なのか?スペック比較とおすすめのシリーズ

Amazonが出しているスマートスピーカーAmazon echoにはいくつかシリーズがあります。このシリーズのAI機能ができることを比較すると、ほとんど違いはありません。そこで、ここではAmazon echoシリーズを選ぶために比較するべきポイントは何なのかを見てみましょう。

記事ライター:iedge編集部

音質の良さで選ぶならecho Dot、echo、echo Plus

Amazon echoシリーズのうち3機種はディスプレイのないスピーカー型のものです。ディスプレイ無しのモデルはディスプレイがあるモデルと比較して音質が良いので、音楽を中心に楽しみたい人はこの3機種がおすすめです。また値段も安いので、購入しやすいという特長もあります。

では、この3機種のスペックを比較してみましょう。

echo Dot(第3世代)

価格 5,980円
重さ 300g
サイズ 高さ43mm、直径99mm
特長 第3世代になって重低音に強くなった、コンパクトで小さなスペースにも置ける

echo

価格 11,980円
重さ 821g
サイズ 高さ148mm、直径88mm
特長 7つのマイクと360度のパワフルなスピーカーラウンドシステムでの高音質

echo Plus(第3世代)

価格 17,980円
重さ 780g
サイズ 高さ148mm、99mm
特長 3機種の中で最も高音質、スマートハブ機能と温度センサー内蔵、Hueランプ付き

スピーカーの質は大きさでも左右されるため、音質重視で選ぶならecho Plusです。2台でステレオスピーカーとしても活用できます。また、echo Plusにはスマート家電の1つであるHueランプやスマートハブ機能、温度センサーが付いています。

echoでスマート家電を動かすには家電に対応したハブが必要ですが、Plusならこのハブが内蔵されているので、スマート家電への接続が簡単です。そのため、今度スマート家電と連携させて使いたい人にもおすすめです。

ただし、価格も最も高いため、音楽やニュース、予定の読み上げ、ネット検索中心で使うのであればechoにすると良いでしょう。

Dotはスマートスピーカーとして必要最低限の機能を備えており、部屋の外観に影響しないコンパクトさが魅力です。

価格も比較的安いので、スマートスピーカーというものを試してみたい!という人が最初に買いやすい機種といえるでしょう。音質が気になる場合は、持っている音質の良いスピーカーと接続して音楽を再生するという方法でカバーできます。

 

ディスプレイが欲しいならecho Spotとecho Showを比較しよう

Amazon echoにはディスプレイ付の機種が2つあります。ディスプレイがあると、聞いた質問に対する答えが表示されます。

通常、天気や気温などの詳しい情報を一度で聞き取れないと、もう一度聞きなおさなければいけません。しかしディスプレイに出ていれば、聞き逃してもさっとディスプレイに目を向けるだけで、知りたい情報を確認できます。

Amazon PhotoやAmazon Videoなど、映像があるサービスもディスプレイがあれば映し出すことが可能です。時間を表示させて目覚まし時計のようにナイトテーブルに置くこともでき、単なるスピーカー以上のアイテムになります。ただし、ディスプレイ付きの方が価格も上がります。

こういった特長を比較して、ディスプレイ付きの方が良いのであれば、この2機種を比較してみましょう。

echo Spot

価格 14,980円
重さ 419g
サイズ 高さ97mm、直径104mm
ディスプレイサイズ 2.5インチ
特長 有線スピーカーの接続が可能、コンパクトで置き時計のような外観

echo Show

価格 27,980円
重さ 1,755g
サイズ 高さ174mm、幅246mm、奥行107mm
ディスプレイサイズ 10.1インチ
特長 高音質、高画質でAmazon Videoの視聴も可能、スマート家電の簡単セットアップ搭載

「ディスプレイは欲しいけれど、部屋のインテリアになじませたい」という人は小型のSpotであれば、どこにでも置くことができます。スマート家電も使いたいのなら、Showでディスプレイ、AIアシスタント機能、スピーカー機能すべてを手に入れましょう。

 

ディスプレイ付きのAmazon echoのメリットはカメラ機能

このディスプレイ付きのAmazon echoのおすすめの活用方法はビデオ通話です。

もともとAmazon echoには音声通話機能があります。これは通常の通話だけでなく「呼びかけ」機能があり、設定すると特定の連絡先からの呼びかけは勝手につながります。

SpotやShowはカメラも付いているので、この「呼びかけ」機能にビデオアプリを使うとビデオ通話になります。これを活用すると、外出先からペットの様子を見たり、離れて暮らしている年配の家族の様子を確認したりできるのです。

Amazon echoシリーズはそれぞれ特長が異なります。シンプルなスマートスピーカーとして使いたいのか、音質にこだわりたいのか、またはハイテクなスマートスピーカーとして使える機能をすべて堪能したいのか、Amazon echoをどのように使いたいのかに合わせて比較してみましょう。

関連記事

NEW

クラウドファンディングとは?IoTスタートアップでの成功事例やその仕組みについて【テクノロジー・AI 入門編】

IT社会の現代では、企業や個人が資金を募る方法も多様化してきました。なかでも現在もっとも注目を集めているのが、「クラウドファンディング(CrowdFunding)」です。 当初は寄付的側面の強かったク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.15
NEW

エッジコンピューティングとは?IoTとの関係やメリットデメリットについて【テクノロジー・AI 入門編】

現代ではスマートフォンの登場により、インターネットにつながる機器が一気に増加しました。さらに「スマートウォッチ」や「AIスピーカー」など新たなデバイスも登場し、今後はありとあらゆるものがインターネット ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.14
NEW

BOSEの「AIアシスタント内蔵ノイキャンヘッドフォン」新旧比較!最新製品に飛びつかなくてもOK…かも

BOSEが「Quiet Comfort」の名を冠さないノイズキャンセリングヘッドフォンを発売して、2週間ほど経ちました(執筆時点)。 それがこの「BOSE NOISE CANCELLING HEADP ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.11

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.