iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.05.20

トリプルカメラ搭載でさらなるカメラ性能向上か?2019年発売予定の新型iPhoneを大予想

今年も新型iPhoneの発表を心待ちにしている人は多いでしょう。インターネット上には、新型iPhoneを巡る様々な予想が飛び交っています。トリプルカメラやディスプレイ内蔵型指紋認証など、期待の新機能やスペックの予想をまとめてみました。

記事ライター:iedge編集部

2019年新型iPhoneのデザインやスペックを予想

毎年盛り上がる「新型iPhone予想」ですが、2019年も例外ではありません。2019年4月時点ではAppleから公式に発表されている情報はなく、あくまで噂レベルですが、今年はメジャーアップデートがあると予想されていて、機能やデザインに大幅な変更がありそうです。

新型iPhoneの名称はiPhone XI?

2019年の新型iPhoneの名称はiPhone XI(イレブン)になるのではないかと推測されています。また、iPhone XRの後継機種はiPhone XI R、iPhone X Maxの後継機種はiPhone XI Maxと考えるのが自然です。

ディスプレイのサイズ

ディスプレイのサイズは、現行の2018年モデルと同じ8インチ、6.1インチ、6.5インチになると言われています。また、解像度も現行モデルと変わらないのではないでしょうか。

上部ノッチの幅が狭くなる

ノッチとは、iPhoneのディスプレイ上部にせり出した部分で、センサーやインカメラなどが収められています。2019年の新型iPhoneでは、ノッチが小型化するのではないかと見られています。

他メーカーのスマートフォンはすでにノッチがないものが発売されているので、iPhoneも数年後にはノッチがなくなることでしょう。

A13プロセッサ

新型iPhoneにはA13プロセッサが搭載される可能性が高いです。A12プロセッサのコードネームを予想して見事当てたセキュリティ関連の専門家Longhorn氏(Twitter:@never_released)は、A13プロセッサのコードネームは「Lightning」になると予想しています。また、A13プロセッサの供給は台湾のTSMCが引き続き独占するだろうという報道もあります。

Wi-Fi6に対応

新型iPhoneがWi-Fi6に対応することはほぼ間違いないだろうと言われています。Wi-Fi6は、2019年に普及が進むと見られているWi-Fi新世代通信規格です。

USB-Cポートを採用

2018年モデルのiPad Proが従来のLightningポートを廃止し、USB-Cポートを採用しました。2019年に発売される新型iPhoneも、同様にUSB-Cポートを採用するかもしれません。

MacBook Pro、iPad Pro、iPhoneとすべて同じケーブルで充電できるようになるとしたら朗報です。ただし、2019年の新型iPhoneも引き続きLightningポートを採用すると予想する専門家もいます。

双方向ワイヤレス充電

iPhoneから、Airpodsなど他のデバイスをワイヤレス充電できる機能が搭載されるかもしれません。すでにHuaweiのスマートフォンには、他のデバイスをワイヤレス充電できる機種があります。

 

2019年新型iPhone(2019)に搭載される可能性のある新機能を紹介

トリプルカメラ

新型iPhoneは、3つのカメラが搭載されるトリプルカメラ仕様になるのではないかと推測されています。Huaweiの「Mate 20 Pro」に似た、四角い枠に配置されたトリプルカメラになるのではないかということです。

トリプルカメラが搭載されることで、被写体の大きさや奥行きを簡単に測定できるようになると言われています。

新商品のリークで有名なSteve H.McFly氏(Twitter: @OnLeaks)は、新型iPhoneの背面カメラはかなり飛び出している、との情報を提供しています。

従来より明るいf/1.6のレンズが採用される、あるいは3Dセンサーが搭載されるという噂もあります。

ディスプレイ内蔵型タッチID

現行のiPhone XS/XS Max/XRではFace ID(顔認証)システムが使われていて、iPhone8/8Plus以前で採用されていた指紋認証が廃止されています。しかし、顔認証では、マスクをした状態ではロックを解除できないことを不満に思う声が多くありました。

2019年の新型iPhoneでは、ディスプレイ内蔵型Touch IDを搭載して指紋認証を復活させるのではないかと予想されています。ディスプレイ内蔵型の指紋認証技術は、すでにHuaweiなど、他メーカーでは実装されているものです。

2018年にAppleが米国特許商標庁にディスプレイ内蔵型指紋認証システムの特許を出願していたことから、こういった予想がされているようです。花粉症でマスクをすることが多い筆者としては、指紋認証が復活するならぜひとも新型iPhoneを購入したいと思っています。

 

新型iPhone(2019)に求めることとは?

期待が高まる新型iPhoneですが、世間ではどんなことが求められているのでしょうか。インターネット上でよく見られる意見をまとめてみます。

端末の価格を下げてほしい

これは筆者も一番求めていることですが、インターネット上では「iPhoneが高すぎる!」という声が大変多く見られます。廉価版のiPhone XRでも定価84,800円〜と、iPhoneはどのモデルも非常に高価です。他社のスマートフォンには価格が安く、高画質かつ高機能のものが多く存在するので、このままではユーザーのiPhone離れが進んでしまいそうです。

Apple Pencilに対応してほしい

iPad Proで使用できるApple Pencilを、新型iPhoneでも使いたいと思っている人は多いようです。Apple Pencilが使えたら、ちょっとしたメモをとったり、写真を加工したりするのに便利ですね。

小型モデルがほしい、軽量化してほしい

最近のスマートフォンは大型化が進んでいますが、小型で軽い機種としてiPhone SEの後継機を求める人は少なくありません。真偽は不明ですが、インドの工場でiPhone SEの後継機「iPhone XE」が生産されるという情報があり、発表を楽しみにしているSEユーザーもいるようです。

5Gに対応してほしい

新しい通信規格、5Gへの対応を求める声があります。5Gはアメリカと韓国で2019年、日本で2020年にサービスが開始する予定です。今回の新型iPhoneは5G に対応せず、2020年以降の機種で対応すると言われています。

「通信革命」とも言われる5Gに対応すれば、通信量の多い動画やVRなどのコンテンツも快適に見ることができるようです。2019年の新型iPhoneが5Gに対応しないという予想には、ガッカリする人も多いのではないでしょうか。

 

待望の新型iPhone(2019)、果たしていつ発売されるのか?

例年通りであれば、2019年の新型iPhoneは9月前半に発表され、後半に発売されるのではないかと推測されています。毎年様々な予想がされ、当たったり外れたりと大注目の新型iPhoneの発表。いったいどんなモデルが発売されるのか、どのような機能が搭載されるのか、期待が高まります。

関連記事

NEW

クラウドファンディングとは?IoTスタートアップでの成功事例やその仕組みについて【テクノロジー・AI 入門編】

IT社会の現代では、企業や個人が資金を募る方法も多様化してきました。なかでも現在もっとも注目を集めているのが、「クラウドファンディング(CrowdFunding)」です。 当初は寄付的側面の強かったク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.15
NEW

エッジコンピューティングとは?IoTとの関係やメリットデメリットについて【テクノロジー・AI 入門編】

現代ではスマートフォンの登場により、インターネットにつながる機器が一気に増加しました。さらに「スマートウォッチ」や「AIスピーカー」など新たなデバイスも登場し、今後はありとあらゆるものがインターネット ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.14
NEW

BOSEの「AIアシスタント内蔵ノイキャンヘッドフォン」新旧比較!最新製品に飛びつかなくてもOK…かも

BOSEが「Quiet Comfort」の名を冠さないノイズキャンセリングヘッドフォンを発売して、2週間ほど経ちました(執筆時点)。 それがこの「BOSE NOISE CANCELLING HEADP ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.11

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.