iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.05.08

ロジクールがiPad Pro(第3世代)向けのキーボードを販売「Slim Folio Pro」 

タブレット市場で大きなシェアを占めるAppleのiPad。2018年11月にiPad Pro(第3世代)が発売を開始しましたが、ノートパソコン替わりにiPadにキーボードを繋げて使いたい人もいるでしょう。そこで、ロジクールが販売するiPad Pro(第3世代)用のキーボード「Slim Folio Pro」を紹介します。

記事ライター:iedge編集部

キーボードを多数取り扱うロジクール

Slim Folio Proを販売するロジテックは、Logitecの日本法人で、マウスやキーボードなど周辺機器を販売しています。タブレットは本来、タッチパネルをタップして使用するように設計されていますが、ノートパソコンのように使用できるよう、キーボードとの連携が可能です。

ロジクールはタブレット専用のキーボードも手掛け、Slim Folio ProはBluetoothキーボード一体型のケースに仕上がっています。

ロジクールはSlim Folio Pro以外にも、10.5インチのiPad Pro用のLogicool Slim Combo with detachable keyboard など、iPad用のキーボードをこれまで販売してきました。Appleは2018年に、11インチと12.9インチの2タイプのiPad Proをリリースしました。Slim Folio Proとは、2タイプのiPad Proに対応したキーボードです。

 

Apple純正品より安価なSlim Folio Pro

Appleは純正のキーボードも販売していますが、難点はその価格です。11インチのiPad Pro用の純正キーボードは、19,800円(税別)で販売されるなど、若干躊躇する価格設定ですね。

2018年発売のiPad Pro向けのキーボードケースは、現状ではまだ種類が少ないです。ロジクールが販売するSlim Folio Proは、Appleの純正品よりも販売価格が安い上に、高機能な仕様となっており、嬉しい特典もたくさん用意されています。

 

BluetoothでiPadと連携するSlim Folio Pro

Slim Folio Proは、BluetoothでiPadと連携して使用可能です。iPad Proには、USBのように差し込んだり、Bluetoothのようにペアリングしたりすることなく、凹みの部分を合わせるだけで使えるSmart Connectorが搭載されています。

Smart Connectorがあると給電や充電も可能で便利ですが、Slim Folio ProはSmart Connectorには対応していません。とはいえ、使い方は簡単で、iPad Proをケースにはめ込んでBluetoothでペアリングするだけです。

Slim Folio ProはUSB-Cケーブルで充電します。省電力のBluetooth Low Energyに対応し、バッテリーは3カ月持続します。※1日2時間使用の場合

 

バックライトを搭載し、さまざまなシーンに対応

Slim Folio Proには純正Apple製品にはないバックライトが内蔵されています。バックライトがキーボードを照らすので、暗い場所での作業も問題なく行なえます。また、バックライトは3段階に調節可能で、用途や部屋の明るさにあわせて変更できるのもうれしいですね。

Slim Folio Proは「タイピング」、「スケッチ」、「読書」の3種類のモードに分かれています。キーボードを広げるとタイピングが可能になり、角度をつけてケースを畳むとスケッチモードへと変身します。また、完全にキーボードをiPadの裏側に畳むと、読書モードにスイッチされます。

スケッチモードで必要になるのが、Apple Pencilです。iPad(第3世代)に対応するApple Pencil(第2世代)が2018年に発売を開始しましたが、Slim Folio Proには、最新のApple Pencilを取りつけて充電できる機能が搭載されています。また、持ち運ぶ際には、専用のペンホルダーにApple Pencilを収納すれば、紛失を予防できます。

 

Apple純正キーボードを凌駕するメディアキー

Android OSを搭載したタブレットと異なり、iPad Proの難点はマウスを使用できない点です。代わりにSlim Folio Proで便利なのが、豊富なショートカットキー機能です。

スクリーンの明るさやボリュームなどをコントロールキーがSlim Folio Proに搭載され、マウスがなくてもボタン一つで操作が行なえます。また、バッテリー残量もワンプッシュで確認できます。

このほかにも、検索やソフトキーのオンオフ、再生や停止といったメディアコントロール、画面のロックやBluetooth接続など、Apple純正キーボードにはないショートカットキーもSlim Folio Proに搭載されています。

 

Slim Folio Proの気になる価格は?

Slim Folio Pro は11インチモデルと12.9インチモデルの両方に対応し、価格はそれぞれ120ドル(約13,000円)と130ドル(約14,000円)です。

Slim Folio ProはLogitecでオンライン販売を開始しました。ただし2019年4月現在、ロジクールブランドでの日本での発売時期は明らかにされていません。ロジクール製のキーボードは打ち込みがいいと評判ですので、是非とも手に入れたいですね。

関連記事

NEW

いつもより簡単、いつもよりおいしい。IoTで日々の食事をアップデート

ドライエイジングやスロークッカーを使った料理など、家庭でも一手間を加えて料理をする人が増えています。美味しいものは外で食べるのもいいけれど、自分で作れたら素敵ですよね。とはいえ長時間煮込み続けたり、つ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.05.24
NEW

今までよりもっと便利に!Apple TVアプリとは

Apple TVアプリとは? AppleTVアプリは、Apple TV機器に搭載されているデジタルコンテンツ購入や視聴が可能なアプリです。「Hulu」や「dTV」など、動画ストリーミングサービス(イン ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.05.24
NEW

まるで出張クリーニング屋?IoT 洗濯機は便利でストレスフリー

どれだけ疲れていても、毎日やらなければいけないのが料理、掃除、洗濯などの家事。避けられないルーチンワークだからこそ、機能性が高いと嬉しいですよね。今回は、日々の「洗濯」をアップデートするIoT洗濯機を ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.05.23

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.