iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.04.26

Amazon Echo向けの赤外線リモコンがあるとこんなに便利! 

Amazonが提供する人気のスマートスピーカー「Amazon Echo」。対応した家電も多く、スピーカーから音声で操作できるのは、魅力的です。テレビやエアコンなどを操作可能な赤外線リモコンを購入すれば、Amazon Echoからの操作はさらに便利になります。

記事ライター:iedge編集部

Amazon Echoで可能な3つのスキル

Amazon Echoに搭載されたAIアシスタント「Alexa」では、カスタムスキル、フラッシュブリーフィングスキル、スマートホームスキルの3種類のスキルが使用可能です。

このうち、フラッシュブリーフィングスキルはニュースの読み上げのために用いられるので、家電操作に対応するスキルはスマートホームスキルとカスタムスキルの2種類です。

スマートホームスキルは、赤外線リモコンのようなデバイスをクラウドに接続させ、Alexaを使った音声操作を可能にするツールです。カスタムスキルは、エアコンの温度設定などの製品固有の操作を各メーカーが独自で設定したスキルとなっています。

たとえば、「Alexa、赤外線リモコンでテレビを着けて」とAmazon Echoに向かって呼びかけたときに、「赤外線リモコンで」の部分を省略できないのが、カスタムスキルの特徴です。メーカーが独自にさまざまな設定を作るので、チャンネルや温度など詳しい設定が可能です。その一方で、音声コマンドがシンプルではありません。

これに対し、フラッシュブリーフィングスキルとスマートホームスキルは、Alexaがあらかじめ用意したスキルです。「赤外線リモコンで」のようなスキル名を言わなくとも、操作ができます。

スマートホームスキルを利用すれば、Alexaが用意した「定型アクション」という呼び出し名を指定する機能が使え、複数の家電の操作や、自分の好みのフレーズでの操作が可能になります。

 

スマートホームスキルに多くの家電が対応しさらに便利に

スマートホームスキルには、音声コマンドがシンプルというメリットがある反面、オンオフのみの簡単な操作しか実行できないというデメリットが存在しました。そのため、赤外線リモコンでの細かい操作、たとえばテレビのチャンネル変更やエアコンの温度変更などに関して、スマートホームスキルは対応していませんでした。

しかし、赤外線リモコンで操作対象となるテレビやエアコン、照明の機能がすべて日本語に正式対応するようになりました。その結果、スマートホームスキルで細かい操作が可能になっています。

 

オススメの赤外線リモコンはこれだ!

赤外線リモコンは、対応する家電をスマートフォンやAmazon Echoのようなスマートスピーカーから利用できる機器です。

Nature Remo、sRemo-R、eRemote、Magic Cube、RS-WFIREX 3といった赤外線リモコンがリリースされています。カスタムスキルに対応した赤外線リモコンは、Nature RemoとRS-WFIREX 3の2種類です。他方、5種類の赤外線リモコンすべてがスマートホームスキルに対応していますので、「Alexa、テレビを着けて」と簡単な操作が可能です。

Nature Remoは比較的高い価格設定である反面、Webサービス同士を連携するアプリ「IFTTT」にも対応し、Alexa以外のサービスとも連携可能です。IFTTTは、条件ごとにアクションを実行できるサービスのことを指します。

たとえば「Amazon Echoに赤外線リモコンを着けてと発したら、赤外線リモコンでエアオンをオンにする赤外線を発信する」といった複雑な操作がIFTTTを介して行なえます。

また、Nature Remoでは、GPS連動や人感センサー、温度センサーなどを活用した自動制御も可能。音声操作なしでも自動操作できる豊富な機能は魅力的です。

音声操作の使い勝手がいいのが、eRemoteです。eRemoteは元来、シンプルで使い勝手のいい音声操作のみを扱う赤外線リモコンでした。ところが、テレビのチャンネルやボリューム操作に加え、エアコンの温度設定やモードの切り替えなどへの対応も可能になりました。

eRemoteには、連携可能なセンサー「eSenser」が別途で用意されています。温度や湿度、照度だけでなく、音や空気質も感知でき、幅広い操作が可能です。

 

赤外線リモコンの使い方

赤外線リモコンの使い方を、eRemote miniを例に説明します。

eRemote miniの場合、一部のテレビやエアコンでは、プリセットから学習可能で、設定も簡単です。ただし、照明にはプリセットが用意されておらず、手動での設定が必要となります。任意の赤外線信号を赤外線リモコンで学習するだけで、作業は完了です。

赤外線リモコンと家電とを連携させると、スマートフォンはもちろん、Amazon Echoに「Alexa、照明を着けて」と呼びかけるだけで、家電の操作が可能になります。

 

価格が高いほど高機能な赤外線リモコン

Amazon Echoに対応した赤外線リモコンには、豊富なラインナップが提供されています。最近は赤外線リモコンがスマートホームスキルに対応するなど、簡単に操作ができるようになりました。

赤外線リモコンの価格が高くなるほど高機能になりますが、eRemote miniのようなAmazon Echoでの音声操作に優れた赤外線リモコンも販売されています。ぜひ、赤外線リモコンの購入を検討してはいかがでしょうか。

関連記事

NEW

いつもより簡単、いつもよりおいしい。IoTで日々の食事をアップデート

ドライエイジングやスロークッカーを使った料理など、家庭でも一手間を加えて料理をする人が増えています。美味しいものは外で食べるのもいいけれど、自分で作れたら素敵ですよね。とはいえ長時間煮込み続けたり、つ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.05.24
NEW

今までよりもっと便利に!Apple TVアプリとは

Apple TVアプリとは? AppleTVアプリは、Apple TV機器に搭載されているデジタルコンテンツ購入や視聴が可能なアプリです。「Hulu」や「dTV」など、動画ストリーミングサービス(イン ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.05.24
NEW

まるで出張クリーニング屋?IoT 洗濯機は便利でストレスフリー

どれだけ疲れていても、毎日やらなければいけないのが料理、掃除、洗濯などの家事。避けられないルーチンワークだからこそ、機能性が高いと嬉しいですよね。今回は、日々の「洗濯」をアップデートするIoT洗濯機を ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.05.23

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.