iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.04.12

Amazon EchoはBluetoothで楽しみが広がる!

今話題の「Amazon」発のスマートスピーカー「Amazon Echo」。単独でも連携アプリの楽曲再生やニュースの再生などいろいろなことが可能です。しかし「Bluetooth」接続で他機器と組み合わせるとさらに楽しみが広がります。
今回は Amazon Echo をBluetoothで他機器と組み合わせて使う方法をご紹介。Amazon Echo をフル活用して使いたい方はぜひこの記事をチェックしてください。

記事ライター:iedge編集部

Amazon Echoを音楽スピーカーにして各機器の音楽をBluetooth再生する方法は?

Amazon Echoは音楽スピーカーとしても利用することができます。そこで、ここからはAmazon Echoをスピーカーとして各機器の音楽をBluetooth再生する方法をご紹介します。

iOSでAmazon EchoとBluetooth接続するには

「iOS」搭載のスマホでAmazon EchoとBluetooth接続するには次の手順で設定を行います。

1.iOS の「設定」から「Bluetooth」設定画面へアクセスします。

2.Bluetooth機能 をタップしてオンにします。

3.Amazon Echoに「アレクサ、ペアリングして」と命令。Amazon EchoにiOSスマートフォンを検索させます。

4.Bluetoothペア設定要求の画面が出てくるので、「Echo~」と表示されているのを確認。「ペア設定する」をタップします。

5.Amazonechoからの確認音声とiPhoneのBluetooth画面で接続完了通知が来れば終わりです。

AndroidでAmazon EchoとBluetooth接続するには

「Android」搭載のスマホでAmazon EchoとBluetooth接続するには次の手順で設定を行います。

1.ホーム画面で「設定」アイコンをタップして「Bluetooth」をタップします。

2.切り替えボタンをタップしてBluetooth機能をONにします。

3.Amazon Echoに「アレクサ、ペアリングして」と命令。Amazon EchoにAndroidスマートフォンを検索させます。

4.Bluetoothペア設定要求画面が出てくるので、「Echo~」と表示されているのを確認。「ペア設定する」をタップします。

5.Amazonechoからの確認音声とスマートフォンのBluetooth画面で接続完了通知が来れば終わりです。

Windows10 でAmazon EchoとBluetooth接続するには

「Windows10」 のパソコンでAmazon EchoとBluetooth接続するには次の手順で設定を行います。

1.Amazon Echoに「アレクサ、ペアリングして」と命令。Amazon EchoにWindows10パソコンを検索させます。

2.Windows10最下部通知アイコン(右端の吹き出し上のアイコン)をクリックします。

3.展開されていない場合は「展開」メニューをクリックして、「接続」メニューをクリックします。

4.一覧に「Echo-〇〇」という項目が出てくるので、クリックして接続します。

MacOSでAmazon EchoとBluetooth接続するには

「MacOS」のパソコンでAmazon EchoとBluetooth接続するには次の手順で設定を行います。

1.Amazon Echoに「アレクサ、ペアリングして」と命令。Amazon EchoにMacOSパソコンを検索させます。

2.MacOS搭載パソコンのホーム画面にある「システム環境設定」から「Bluetooth」設定を開きます。

3.「echo-〇〇」と記載がある項目の「接続」ボタンをクリックすれば完了です。

テレビでAmazon EchoとBluetooth接続するには

テレビでAmazon EchoとBluetooth接続するには、テレビ側に「Bluetoothトランスミッター」を装着する必要があります。これはテレビの音声信号をBluetooth化する機器であり、この機器を介してテレビの音声をスピーカーとしてAmazon Echoが拾い、流す仕組みになっています。

1.Amazon Echoに「アレクサ、ペアリングして」と命令。Amazon Echoにテレビを検索させます。

2.テレビに接続した Bluetoothトランスミッターのペアリングボタンを長押し。製品記載のペアリング完了のサインが出れば接続完了です。

 

外部スピーカーにAmazon Echoから音楽を流す方法は?

Amazon Echoの機能は外部機器の音声をスピーカーとして出力するだけではありません。Amazon Echoの音楽を外部スピーカーへ送信して流すこともできます。これはGooglehomeなど他機器にはない機能で、Amazon Echo独自の機能になっています。

手順は次の通りです。

1.外部スピーカーのペアリングボタンを長押ししてBluetooth機能を有効にします。

2.「Alexaアプリ」を開き、「Echo&Alexa」メニューをタップします。

3.「Bluetooth」メニューをタップします。

4.「新しいデバイスをペアリング」をタップして、接続完了画面が出れば終わりです。

 

Amazon EchoでBluetoothを利用するときの注意点は?

ここからはAmazon EchoでBluetoothを利用するときの注意点を紹介していきます。

ペアリングする機器以外のBluetoothは切っておく

意外と初心者が失敗しがちなのがBluetooth電波の混線です。Bluetoothで接続できるのは1機器対1機器。Amazon Echoと接続する機器の間にBluetoothの電波を発している機器が他にあれば、そちらと間違ってペアリングしようとしてしまう可能性もあります。

Bluetooth対応の機器を複数持っているときは、Amazon Echoとペアリングする対応機器2台だけでペアリングできる環境にしておくと安全です。要するにAmazonechoと接続しない機器のBluetooth機能はすべてOFFにして切っておきます。

Bluetooth接続の場合、音声の遅延が起きることがある

Amazon EchoでBluetoothを利用すると、どうしても「音声の遅延」が起きてしまいます。

一番その遅延が気になるのがテレビの音声をAmazon Echoで流している場合です。テレビからBluetoothでAmazon Echoが音声を受け取って流すまでに、時間のロスが起こります。すると、テレビ映像よりも音声が後で出力され、映像と音声がかみ合わなくなります。

映像と音声の時間差が1秒前後になると耐えられたものではありません。このように、テレビの音声をAmazon Echoで流すときは特に注意が必要です。
Amazon EchoのBluetooth機能を正しく知れば、単独で使うよりもAmazon Echoの楽しみが広がります。ぜひAmazon Echoをフル活用してみてください。

関連記事

NEW

【フィクションで探る人工知能の多様性】SFドラマ『オルタード・カーボン』で描かれる自己一貫性への葛藤を解決するのは、「分人」という新しい自己の捉え方かもしれない

10代のころ、三島由紀夫の小説をよく読んでいた。 輪廻転生を主軸においた『豊饒の海』シリーズや憧れの人に成り代わりたいという倒錯した欲望を描いた『仮面の告白』など、多感なティーンエイジャーにとって、三 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.07.22
NEW

5Gの回線速度はどのくらいになる?4Gと徹底比較

5Gとは 5Gとは最新の「移動体通信規格(スマホなど携帯機器用の通信技術)」。 5Gは、 ・超高速、大容量・・・超高速であり、大容量の通信ができる ・低遅延・・・データの遅延が少なく、スムーズな通信が ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.07.22
NEW

日本にも続々進出!スマートシェードで毎日をちょっと便利に

日本でも「ウェルビーイング」という単語が各所で聞かれるようになりました。生活のささいな部分に手をかけたり、自分を見つめ直してささやかな幸せを感じたり、その方法は様々です。以前iedgeでも取り上げた、 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.07.19

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.