iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.04.02

Google Home Maxの機能や特徴を解説!日本で発売される可能性は?

Google Home Maxは、音楽再生に特化した高性能スマートスピーカーです。よりよい環境で音楽を聴くための機能、従来のGoogle Homeにはなかった機能を搭載しています。

ここでは、Google Home Maxの機能や特徴、日本で発売される可能性について解説していきます。

記事ライター:iedge編集部

Google Home Maxは高性能スピーカーを搭載したスマートスピーカー

Google Home MaxはGoogleが開発する「Google Home」シリーズのスマートスピーカーです。従来のGoogle Homeシリーズよりも高性能なスピーカーを搭載した最上位モデルとして販売されています。

低音を出力する4.5インチのウーファーを2つ搭載しており、迫力のある重低音を出力可能です。また、高温を出力する0.7インチのツイーターも2つ搭載されており、Google Homeの20倍の音量を出力可能となっています。

2019年3月現在、Google Home Maxは日本国内で販売されておらず、発売予定日も未定です。海外ではアメリカ、カナダ、オーストラリア、フランス、ドイツで販売されています。

Google Home Maxの価格は399ドルで、日本円に換算すると約44,000円です。スタンダードモデルのGoogle Homeは税込15,120円で販売されているので、約30,000円高価な製品となっています。

 

音声出力を自動調整するSmart Sound機能

Google Home Maxには「Smart Sound」という音声出力に関するAIが搭載されています。Smart SoundはGoogle Home Maxの周囲にあるものを検出して、部屋の環境に応じて音響設定を自動的に調整してくれる機能です。

たとえば、リビングで使用しているGoogle Home Maxを寝室に持っていったとしても、寝室の部屋の広さに合わせて音声出力を調整してくれます。部屋の片隅に置いた場合は、後ろに壁があると自動的に認識して部屋全体で聞き取りやすい音を提供します。

一般的なスマートスピーカーには、Smart Soundのような音声出力を自動調整する機能は付いていません。今までのGoogle Homeシリーズと違って、Google Home Maxは音楽再生に特化したスマートスピーカーとなっています。

 

2台を連携させてステレオスピーカーとして使用可能

Google Home Maxは、2台を連携してステレオスピーカーとして使用できます。1台だけでも十分高音質なスピーカーですが、2台連携させるとさらに立体感が増して迫力のある音響を楽しめます。

ステレオスピーカーの連携はワイヤレスで行えるため、面倒な配線や設定は必要ありません。Google Home MaxはBluetooth接続で音楽を再生できるため、スマートフォンの音楽をステレオサウンドで再生するといった使い方もできます。

また、Google Home Maxは1台だけでも縦置きでモノラル、横置きでステレオ再生になります。状況に応じて、本体の向きを変えるだけで出力を変えられるのは便利です。

本体裏側にはヘッドフォンジャックが付いている
Google Home Maxは裏側にヘッドフォンジャックが付いているので、一人で音楽を楽しみたいときはヘッドフォンを繋いで音楽を聴けます。ヘッドフォンジャックは従来のGoogle Homeには付いておらず、Google Home Maxで初めて搭載されました。

これにより、音楽再生機器やテレビなどと有線で接続し、Google Home Maxからの高音質再生も可能になっています。インターネット接続やBluetooth接続に対応していない機器でも、ヘッドフォンジャックを利用した接続でGoogle Home Maxのスピーカーから音を再生できます。

 

YouTube Musicの12ヶ月無料利用特典付き

海外で販売されているGoogle Home Maxには、YouTube Musicの12ヶ月無料利用特典が付いています。YouTube Musicはインターネット上で音楽を聴ける音楽配信サービスで、無料版と有料版があります。無料版では途中で広告が流れますが、有料版では広告なしで音楽を楽しめます。

日本版のGoogle Home Maxはまだ販売されていないため、日本版でもYouTube Musicの無料利用特典が付くかは不明です。仮に日本版でも特典が付くとしたら、12,000円相当の価値がある特典になります。

 

Google Home Maxは日本でも発売される?

日本版Google Home Maxの発売は未定です。しかし、日本で販売される可能性は十分にあります。Google Home Maxは2017年12月にアメリカで初めて発売されました。2018年には、その他の国で徐々に販売が開始されています。

初代のGoogle Homeはアメリカで発売されてから約1年後に日本で発売されました。Google Home Maxはアメリカで発売されてすでに1年以上経過しており、日本で発売されるのは間近かもしれません。

最高の音質を誇ると言われるGoogle Home Max、日本での発売を期待しましょう。

関連記事

NEW

クラウドファンディングとは?IoTスタートアップでの成功事例やその仕組みについて【テクノロジー・AI 入門編】

IT社会の現代では、企業や個人が資金を募る方法も多様化してきました。なかでも現在もっとも注目を集めているのが、「クラウドファンディング(CrowdFunding)」です。 当初は寄付的側面の強かったク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.15
NEW

エッジコンピューティングとは?IoTとの関係やメリットデメリットについて【テクノロジー・AI 入門編】

現代ではスマートフォンの登場により、インターネットにつながる機器が一気に増加しました。さらに「スマートウォッチ」や「AIスピーカー」など新たなデバイスも登場し、今後はありとあらゆるものがインターネット ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.14
NEW

BOSEの「AIアシスタント内蔵ノイキャンヘッドフォン」新旧比較!最新製品に飛びつかなくてもOK…かも

BOSEが「Quiet Comfort」の名を冠さないノイズキャンセリングヘッドフォンを発売して、2週間ほど経ちました(執筆時点)。 それがこの「BOSE NOISE CANCELLING HEADP ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.10.11

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.