iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.03.14

Google Homeの価格はどこが安い?定価よりも安い価格で手に入れたいときのポイントとは

Google HomeとGoogle Home Miniの価格は、それぞれ15,120円と6,480円です。ただし、これは定価です。この価格よりも、Google HomeやGoogle Home Miniを安く手に入れることは可能となっています。今回は、より安い価格で購入したいときのポイントや、価格以外に重視したいポイントなどをご紹介します。

記事ライター:iedge編集部

Google Homeを定価より安い価格で手に入れるには?

まずは価格が安くなりにくいと言われているGoogle Homeから見ていきましょう。確かに、後述するMiniと違い、Google Homeはセール等で価格が安くなることはほとんどないようです。価格比較サイトなどを見てみても、やはり定価が基本になっています。

しかし、諦める必要はまったくありません。Rakutenなどのショッピングサイトを根気よく探していくと、定価以下の価格で販売しているショップにたどり着けることがあります。

2019年1月の執筆時点ですが、10,600円、10,400円など、定価の70%〜68%で購入できてしまうショップもありました。あまりオススメはできませんが、中古品でも良いという人なら8,424円や8,078円など、半額近い価格で購入することも可能です(価格はいずれも税込です)。

Google Homeを定価より安い価格で手に入れたい人は、このようにショッピングサイトをくまなく探してみましょう。案外、すぐに見つかるかもしれません。

一方のGoogle Home Miniは、Google Homeと比べて価格が安くなりやすいです。実際、Googleの公式ストアでも半額で販売されていたり、セール期間中は2台5,500円で販売されていたりするほか、家電量販店でも独自の半額セールなどを積極的に開催していたりします。半額なら価格が3,240円ですから、ついでにもう1台購入するといったこともできます。

Google公式ストアのセールのタイミングは不定期ですが、家電量販店などは決算期(2〜3月や8〜9月など)にセールを開催することが多いです。そのタイミングを狙えば、定価以下の価格で手に入れられる可能性が大きいでしょう。

 

Google HomeとGoogle Home Mini、価格による違いはどこに?

Google Homeの価格が15,120円なのに対し、Google Home Miniの価格は6,480円と、倍以上の大きな差があります(いずれも定価の場合です)。

なぜ、ここまで価格が違うのでしょうか?どちらもGoogleが開発したAI音声アシスタント「Googleアシスタント」を利用できるため、調べ物や情報収集、スマート家電のコントロール、エンターテイメントを楽しむといったことが可能です。

それでも価格がここまで大きく違うのは、スピーカーの性能によるところが大きいといえます。

Google Homeは、2インチのドライバーとデュアルパッシブラジエーターが搭載されているハイエクスカーションスピーカーを採用しています。一方、Google Home Miniに搭載されているのは360°サウンドの40mmドライバーのみです。

具体的には、低音が効いた重厚感のあるサウンドを楽しめるのがGoogle Home、低音はそこまで効いておらず、高音が抜けてくるサウンドになっているのがGoogle Home Miniということになります。

本格的なサウンドシステムと比較するのは酷ですが、Google HomeとGoogle Home Miniを単純に比較すると、音質の面で大きな差があり、それが価格の違いにつながっていることが分かります。

Google HomeとGoogle Home Miniのどちらを購入しようか迷っている人は、このようにサウンドに差があるということを覚えておきましょう。「しっかりと音楽を聴きたい!」という人はGoogle Homeを選ぶと良いですが、そこまでサウンドを重視しないという人や、価格重視の人などはGoogle Home Miniでも十分です。

ちなみに、Google Home MiniはUSB給電のため、外に持ち出すことも可能です。持ち運びを想定しているなら、Google Home Miniがオススメです。

 

Google HomeとMiniは、定価で買っても価格以上の価値アリ!

今回はGoogle HomeやGoogle Home Miniを定価よりも安い価格で購入したい時のポイントや、価格による性能の違いなどを簡単にご紹介してきました。

もちろん、定価よりも安い価格で新品を購入することができるなら、それに越したことはないでしょう。しかし、Google HomeやGoogle Home Miniでできることを考えたら、たとえ定価で購入しても、価格以上の価値があると言えます。

これまでは、PCを開いたり、スマホでアプリを立ち上げたりブラウザで検索したりといったことで欲しい情報を手に入れ、アクションを起こすのが普通でした。

しかし、音声だけでGoogle HomeやGoogle Home Miniを操作できますので、朝の忙しい時間に、料理中で手が離せないときに、テレビから目を離せないときに、眠りにつくときになど、あらゆるシーンで「いま、自分がしていること」を止めずに別の情報を仕入れることができます。もう一人自分がいるかのような感覚で使うことができるのです。

さらに、スマートデバイスと連携させていけば、家電のコントロールまで音声でできるようになります。「OK Google、おやすみ」で照明やテレビ、エアコンなどを一斉にオフするといったことも簡単にできるようになります。

Googleアシスタントはユーザーの声を認識するだけでなく、使えば使うほどそのユーザーの好みを把握し、より迅速かつ的確なレスポンスをくれるようにもなります。このように、Google HomeやGoogle Home Miniで “できること”を考えると、定価であっても、決して高い価格ではないと言えるでしょう。

関連記事

NEW

いつもより簡単、いつもよりおいしい。IoTで日々の食事をアップデート

ドライエイジングやスロークッカーを使った料理など、家庭でも一手間を加えて料理をする人が増えています。美味しいものは外で食べるのもいいけれど、自分で作れたら素敵ですよね。とはいえ長時間煮込み続けたり、つ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.05.24
NEW

今までよりもっと便利に!Apple TVアプリとは

Apple TVアプリとは? AppleTVアプリは、Apple TV機器に搭載されているデジタルコンテンツ購入や視聴が可能なアプリです。「Hulu」や「dTV」など、動画ストリーミングサービス(イン ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.05.24
NEW

まるで出張クリーニング屋?IoT 洗濯機は便利でストレスフリー

どれだけ疲れていても、毎日やらなければいけないのが料理、掃除、洗濯などの家事。避けられないルーチンワークだからこそ、機能性が高いと嬉しいですよね。今回は、日々の「洗濯」をアップデートするIoT洗濯機を ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.05.23

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.