iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.02.12

デリケートな衣類から寝袋まで、自動で最適な洗い方ができるWhirlpoolのスマート洗濯機

Whirlpoolのスマート洗濯機「WTW8700EC」なら、洗濯に失敗して服を縮めてしまったり、見慣れない洗濯表示を調べたりといったことから解放されます。遠隔操作もでき、見た目もスタイリッシュなスマートホーム家電です。
Whirlpoolのトップロード(縦型)洗濯機、Cabrioシリーズの「WTW8700EC」は、 容量5.3立方フィートと大容量のスマート洗濯機です。各アイテムを最適な方法で洗うためのあらゆるモードが搭載されている他、モバイルアプリからオリジナルにカスタマイズした洗濯サイクルを設定することもできます。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

「WTW8700EC」の特徴

外出先からでも操作できる 連携するモバイルアプリを使って、家にいてもいなくても洗濯機を操作することが可能です。帰宅時間に合わせて外出先から洗濯機を回すなど、いろいろな工夫が考えられます。 モバイルアプリからは洗濯の所要残り時間や、消費電力を確認することができ、洗濯が終わると知らせてくれます。

アラート機能 洗剤を入れすぎていたり、洗濯物の量のバランスが悪かったりして、最適なパフォーマンスを得ることができないと判断された場合は、モバイルアプリを通してスマートフォンにアラートが表示されます。

「故障かな?」と思ったときのためのハウツー動画と診断ツール よくある疑問や問題を解決するための、ステップごとに分かりやすく説明された動画が用意されています。

それでも解決しない場合は、アプリ内の診断ツールを使って原因を探ります。洗濯機個別のデータがWhirlpoolカスタマーセンターに送信され、電話で専門家の回答を聞くことができます。

服に合わせた繊細な洗濯サイクル モバイルアプリには、あらゆる素材や服の種類に合わせて特別に計算された洗濯サイクルが用意されています。夏は水着、冬はセーターなど、その季節に必要な洗濯サイクルを随時無料でダウンロードできます。寝袋など、特別なケアが必要な品のための洗濯サイクルも、きめ細かく考えられているので安心です。 さらに、洗濯サイクルを自分好みにカスタマイズすることもできます。タオルはふわふわがいい、硬めがいいといったこだわりにも応えられるのです。

「Connect to Care」プログラム 家族や家族の洋服をケアするのと同時に、世界中の助けを必要としている人々もケアすることができるプログラムです。このプログラムに参加すると、アプリを使って洗濯をする度にNPO団体「Habitat for Humanity」に自動で寄付金を送ることができます。寄付は一口10セントからです。「Habitat for Humanity」は、世界中の住居がなくて苦しんでいる人たちを支援しています。

改善された洗剤自動投入機能 Cabrioシリーズでは、洗剤を適切なタイミングで適切な量投入する機能が従来のWhirlpool製品より大幅に改善されています。これにより、汚れた衣類にも漬け置きなどの前処理がほとんど必要なくなりました。

 

スマート洗濯機「WTW8700EC」のサイズ

・横幅5インチ(約70センチメートル)

・高さ45インチ(約108センチメートル)

・奥行き28インチ(約71センチメートル)

・最大容量3立方フィート(約150リットル)

 

「WTW8700EC」の価格

希望小売価格は1,399ドルです。乾燥機が付いていない縦型洗濯機としてはかなり高価ですが、スタイリッシュな外見を持ち、遠隔操作や、プロのクリーニングのようなきめ細やかな洗濯ができると考えると、値段の価値はあるのではないでしょうか。

関連記事

NEW

Amazon Echo向けの赤外線リモコンがあるとこんなに便利! 

Amazon Echoで可能な3つのスキル Amazon Echoに搭載されたAIアシスタント「Alexa」では、カスタムスキル、フラッシュブリーフィングスキル、スマートホームスキルの3種類のスキルが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.26
NEW

Amazon Echoの音楽再生方法は?オススメの音楽配信サービスも紹介! 

音楽再生方法は簡単! Amazon Echoに向かって、「アレクサ、音楽をかけて」と呼びかけるだけで、音楽再生が可能です。「アレクサ、米津玄師の曲をかけて」というように、ざっくりとした感じで曲を指定す ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.25
NEW

Amazon EchoとGoogle Homeを徹底比較!どの製品を購入するのがベスト? 

まずは両製品のラインナップの比較から Google Homeは、標準サイズのGoogle Home(15,120円)と、小型サイズのGoogle Home Mini(6,480円)の2種類を揃えていま ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.24

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.