iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.02.20

AQUOS 4KがついにGoogle アシスタントに対応!新たな世代のスマートテレビへと進化したAQUOSに注目

4Kの地上波放送も始まり、家庭のテレビでも驚くほどに美しい映像が楽しめる時代になりました。テレビの世界は今、革新期を迎えているといってもいいでしょう。
かつて1964年に行われた東京五輪の際にはそれまでの白黒テレビから一気にカラーテレビが普及したようですが、それから半世紀以上たって再び開催されることになった2020年の東京五輪では4K、もしくは8Kに対応したテレビが一般家庭に普及するようになる可能性があります。
近年では、新しく登場する家電はインターネットに接続して様々な便利機能が使用できるようになったスマート家電が多くなっています。今回ご紹介するAQUOS 4K(Googleアシスタント対応)もそういったスマート家電の一種です。
Android TVとしてこれまでも注目されている存在でしたが、2018年の11月にAndroid 8.0 Oreoへのメジャーアップデートが開始され、Google アシスタントに対応しました。これまでよりもさらに一歩進んだスマートテレビへと変化を遂げています。

記事ライター:iedge編集部

AQUOS 4Kのメジャーアップデートで何ができるようになるの?

今回メジャーアップデートを受けるAQUOS 4KはGoogleのOSであるAndroidを搭載した、インターネットにつながるAIoT対応のスマート液晶テレビです。

AIoTとは、シャープの登録商標で、「AI(人工知能)」と「IoT(モノのインターネット)」を組み合わせた言葉で、テレビなどの家電はもちろん、あらゆるモノをクラウドのAIにつないで人々の暮らしに寄り添うシャープのビジョンです。

2018年の6月にシャープはAndroid 8.0 Oreoを採用した最新型のAQUOS 4Kを3機種販売しましたが、それ以前に販売されていたAndroid 7.0を搭載したAQUOS 4KのAndroid 8.0 Oreoへのメジャーアップデートを行いました。

これによりGoogleの提供するスマートスピーカー、Google Home に搭載されているGoogle アシスタントに対応となっています。

AQUOS 4Kに付属しているリモコンに内蔵されたマイクを使用して、音声での操作が可能になりました。

 

AQUOS 4K(Google アシスタント対応)で何ができる?

Google Homeと組み合わせて音声でテレビ番組の検索、天気の確認ができるようになった他にも、様々な新機能が使用できるようになりました。

Google アシスタントに対応している他の家電の操作も可能です。また、シャープのAIoTのビジョンを象徴する機能「COCORO VISION(ココロビジョン)」にも対応しています。

COCORO VISIONは、AIがその家のテレビの使用時間帯や、よく見る番組などの傾向を分析して学習し、おすすめの番組やよく見る俳優が出ている番組などを知らせてくれます。

人感センサーをテレビ本体に搭載し、テレビの近くを人が通ると自動で電源を入れて音声であらかじめピックアップしたおすすめ番組を伝えてくれる機能も搭載しています。

例えば、仕事から帰ってすぐニュースを見るという習慣がついている方の場合、家に帰るとチャンネル操作などしなくてもAQUOS 4Kが自動的にいつも見るニュースのチャンネルをつけてくれるのです。

また、AIの分析した結果から独自におすすめもしてくれるので、今人気の番組や話題の番組をチェックしやすくなります。

さらに、視聴したい番組の名前やアーティストなどをリモコンのマイクに話しかけると検索してくれます。自分でテレビ番組を検索する手間もかかりません。

スマートフォンアプリを利用すれば、さらに便利に活用できます。外出先でも、スマートフォンにおすすめの番組情報や人気番組の情報などを配信、番組開始前には通知が届くので、気になる番組を見逃すことも少なくなりますね。

AQUOS 4Kと同じネットワークで接続していれば、スマートフォンをリモコンとしても利用できます。

約1,700の団体や自治体から収集した地域情報の発信や家族の予定をテレビに登録、表示できる世界初のサービスCOCORO CALENDARにも対応しています。

雑誌やテレビ放送などには登場しない規模の全国の地域密着型イベントや季節の行事、店舗のニューオープン、観光案内や講演会、シンポジウムなどの情報から登録者の住んでいる地域の情報をピックアップして知らせてくれます。

いつもと違う休日を過ごすのにも役立ちそうですし、地域のことをよく知る手助けになりそうですね。

リモコンに話かけるだけで簡単に予定の登録が可能です。難しい操作は必要ないので小さな子供や新しい機械の操作が苦手、というお年寄りの方も利用しやすいのも嬉しいポイントと言えます。

登録された情報はテレビ画面で確認可能です。また、家族みんなの予定がそれぞれ確認できるので安心できます。

 

Android 8.0 Oreoにメジャーアップデートされて新たにGoogle アシスタント対応したのはこの11機種!

今回のメジャーアップデートを受けて、Google アシスタント対応になるAQUOS 4Kは次の11機種です。

・LC-60UH5
・C-55UH5
・LC-60US5
・LC-55US5
・LC-50US5
・4T-C70AU1
・4T-C60AJ1
・4T-C55AJ1
・4T-C50AJ1
・4T-C45AJ1
・4T-C40AJ1

またこの他にも、4T-C60AN1、4T-C50AN1、4T-C60AM1、4T-C50AM1、4T-C43AM1、4T-C45AL1がAndroid 8.0 Oreoを搭載しGoogle アシスタントに対応しています。

シャープの最先端AIoT製品であるGoogle アシスタントに対応したAQUOS 4K。美しい4K画像とともに、このテレビでスマート家電の魅力を実感してみてはいかがでしょうか。

関連記事

NEW

ブラウザ経由であらゆるIoTデバイスを操作できる「WebThings」が実現する未来とは?

Mozillaが推進しているIoTガジェット(デバイス)を制御・管理するためのオープンプラットフォーム「WebThings」を知っているだろうか? まだ開発・研究段階の技術で一般には使えないので馴染み ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

話題のVRゴーグル「Oculus Go」を使ってみよう!おすすめのイヤホンやゲームを紹介

Oculus Goの基本情報 「Oculus Go」は、2018年5月にアメリカのOculus社から発売されたスタンドアロン型VRゴーグルです。PCやスマホに接続する必要なく、本体だけでVRコンテンツ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

【1ヶ月使用レビュー】Amazon Echo Show 5は中途半端な出来だが広まるだろう

小型スマートディスプレイ市場を席巻するべく1万円を切る価格で約1ヶ月前に登場したEcho Show 5。 その2週間後には年に一度のプライムデーセールもあり、なんと5,000円引きとなった。 この「小 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.