iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.02.06

ペットに快適な生活を、飼い主に安心を。Petricsの「スマートペットベッド&アクティビティトラッカー」

スマート対応したデバイスで自分の健康管理をするのは一般的になってきましたが、ペットの健康もスマートに管理してみませんか。Petrics から発売予定の「スマートペットベッド&アクティビティトラッカー」を紹介します。

記事ライター:iedge編集部

家族の一員であるペットに快適な生活を

大事なペットにはいつも快適に過ごしてほしいものです。しかし、人間の言葉を話さないペットが今、何を求めているのかを知ることは容易ではありません。いろいろな種類の食事やおもちゃを与えて反応を見たり、いつもと違う遊びを試してみたりして、ペットの気持ちを理解するのには長い時間と根気が必要です。

しかし、Petricsのスマートペットベッド&アクティビティトラッカーを使えば、短い時間で簡単にペットの気持ちを知ることができるかもしれません。ペットの気持ちを理解して彼らが求めるものを与えることができれば、飼い主とペットの絆はより深いものになるでしょう。

 

スマートペットベッド&アクティビティトラッカーとは?

この製品の目的は、ペットがある状況でどのように行動するのかについて、飼い主の理解を助けること、そしてペットの健康状態を管理することです。

スマートペットベッドとアクティビティトラッカーが計測したデータから、飼い主はペットが感じている部屋の居心地や、好みの温度、ストレス状態、いつ寝ていつ動いているかなどを知ることができます。

また、飼い主はスマートフォンのアプリから、それぞれのペットの種類や年齢、持病などのプロフィールを登録します。アプリは、それらと製品から得たデータを合わせて、ペットの総合的な健康状態を把握し、問題が見つかれば飼い主に通知します。

早期に問題を発見することで、ペットにかかる医療費を削減でき、ペットにより長く、幸せで健康な人生を歩んでもらうことができるのです。

 

スマートベッド&アクティビティトラッカーの使い方

アクティビティトラッカーをペットの首輪に取り付け、スマートペットベッドを部屋に設置します。すると、ペットがスマートペットベッドに座ったり寝たりする際に、ペットの状態や体温に合わせてベッドの温度が暖かくなったり冷たくなったりします。

例えば、骨や関節が痛む年老いたペットには暖かいベッドを、怪我から療養中のペットには、患部を冷やすための冷たいベッドを、自動で与えることができるということです。

こういったアクティビティの情報はスマートフォンアプリでいつでも確認することが可能です。他にも次のような情報が計測され、記録されます。

・ペットの体重
・睡眠のサイクル
・活動時間や強度
・消費カロリー
・上記のデータに沿ったおすすめの食事プラン

 

アクティビティトラッカーの特徴

他社の類似製品は1〜2週間でバッテリーを交換する必要があるものが多いのに対して、Petricsのアクティビティトラッカーのバッテリーは4ヶ月以上持つと言われています。

また、高い耐久性と強度を持つ特殊なゴム素材を使用しているため、元気で激しい動きをするペットにも問題なく使うことができます。水深1メートルまで耐えられるIPX7対応の防水使用で、ペットが海やプールでの水遊びが好きな場合でも安心です。

 

どんな大きさのペットにも使えるの?

アクティビティトラッカーはどんな首輪にも取り付けることができるので、子猫から大型犬まであらゆるペットに使うことができます。

スマートペットベッドのサイズはスモール、ミディアム、ラージの3種類です。スモールは体重1ポンドから25ポンドのペット、ミディアムは25ポンドから60ポンド、ラージ60ポンドから100ポンドに対応します。

値段と発売時期

それぞれのサイズの値段は以下のとおりです。

・スマートペットベッド(スモール)+アクティビティトラッカー:75ドル
・スマートペットベッド(ミディアム)+アクティビティトラッカー:125ドル
・スマートペットベッド(ラージ)+アクティビティトラッカー:200ドル

通常のペット用ベッドとしても使える他、ペットは快適な温度の寝心地を、飼い主はペットの健康状態を知ることのできる安心を得られると考えると、お得な値段だといえるのではないでしょうか。

2018年に発売が開始される予定でしたが、遅れています。Petrics公式ウェブサイトによると2019年中頃に発売されるということです。

 

Petricsについて

Petricsは、ペットの健康に関するテクノロジーを扱う企業です。飼い主にペットの詳細な健康状態を知らせ、個々のペットに適した食事プランや健康改善プランを提供し、飼い主とペットの健康で幸せな生活を目指すことをミッションとしています。

同社のいくつかのペット製品を組み合わせて使うことを「エコシステム」と呼び、多角的、複合的にペットの健康を管理できるとして推奨しています。

関連記事

NEW

ブラウザ経由であらゆるIoTデバイスを操作できる「WebThings」が実現する未来とは?

Mozillaが推進しているIoTガジェット(デバイス)を制御・管理するためのオープンプラットフォーム「WebThings」を知っているだろうか? まだ開発・研究段階の技術で一般には使えないので馴染み ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

話題のVRゴーグル「Oculus Go」を使ってみよう!おすすめのイヤホンやゲームを紹介

Oculus Goの基本情報 「Oculus Go」は、2018年5月にアメリカのOculus社から発売されたスタンドアロン型VRゴーグルです。PCやスマホに接続する必要なく、本体だけでVRコンテンツ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

【1ヶ月使用レビュー】Amazon Echo Show 5は中途半端な出来だが広まるだろう

小型スマートディスプレイ市場を席巻するべく1万円を切る価格で約1ヶ月前に登場したEcho Show 5。 その2週間後には年に一度のプライムデーセールもあり、なんと5,000円引きとなった。 この「小 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.