iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.02.05

Rachioスマートスプリンクラーコントローラーに新機種「Rachio 3」が登場!ピンポイント天候データによるオート水撒きと水漏れ検知が可能に

Rachioのスマートスプリンクラーコントローラーに新機種が登場しました。第3世代となる「Rachio 3 スマートスプリンクラーコントローラー」は、設定されたスケジュールや天気予報に合わせて自動で庭に水を撒く従来の機能に加えて、便利な新機能が追加されています。予報ではなく現在のピンポイントの天気を把握したり、水漏れを検知したりすることが可能になりました。

記事ライター:iedge編集部

Rachio 3 スマートスプリンクラーコントローラーとは?

Rachioのスマートスプリンクラーコントローラーは、すでに家にあるどんなスプリンクラーにも対応し、予め設定したスケジュールに合わせて自動で水撒きをしてくれます。さらに新機種のRachio 3なら、季節や天候に合わせて、自動で最適な水撒きスケジュールを作成してくれるのです。

モバイルアプリを使って水撒きの様子を確認したり、コントロールしたりすることができます。Rachio 3が使用するWi-Fiネットワークの周波数帯域は2.4 GHzと5GHzなので、他のデバイスを邪魔することもありません。さらにRachio 3には、水漏れを検知する機能も追加されています。

 

モデルは2種類

8ゾーンモデルが199.99ドル、16ゾーンモデルが249.99ドルで販売されています。値段はRachio 2に比べてそれぞれ20ドルほど高くなっています。

後述の「フローメーター」とセットでの価格は、8ゾーンモデルが280ドル、16ゾーンモデルが330ドルです。

 

新機能:ウェザーインテリジェンスプラス

Rachio 2に搭載されている「ウェザーインテリジェンス」では、天気予報に基づいて次のようなことができました。

・設定した雨量を超えて雨が降った場合水撒きを中止する
・設定した風速より風が強い場合水撒きを中止する
・設定した温度より気温が低い場合水撒きを中止する

Rachio 3の「ウェザーインテリジェンスプラス」は、上記のことを天気予報だけでなく、複数のデータを使って行います。衛星、気象台からのデータ、レーダーを使って取得するその地点の天候情報などです。

Rachio 3が使う情報は、その市町村の現在の天気というよりも、もっとピンポイントでローカルなデータです。それによって、あなたの庭の芝生がどのぐらいの水を必要としているか正確に計算できるので、健康な芝生を維持し、水道料金の節約にもつながります。

 

スマートホームデバイスとの連携

Rachio 3はAmazon Alexaを搭載したスピーカー、Google アシスタント、Nest スマートサーモスタットと連携できます。

 

モバイルアプリ

Rachio 3はモバイルアプリから操作したり、水撒きの様子を確認したりできます。

直感的な操作ができるようデザインされているこのアプリでは、水撒きのスケジュールを設定したり、手動で水撒きを開始、停止したりすることができます。ゾーンごとに異なるスケジュールを設定することも可能です。

アプリ上には天気予報も表示されていて、スケジュールを決めるのに役立ちます。非常に正確な天気予報を見ることができるこのアプリですが、アプリのダウンロードは無料で、月額使用料もかかりません。

 

別売りの「フローメーター」で水漏れも検知

Rachio 3は、別売りのアクセサリー「Rachio ワイヤレスフローメーター」と一緒に使うことができます。フローメーターは水撒きに使用された水の使用量をモニターし、水漏れの可能性がある場合はアラートを表示してくれるデバイスです。水道管の亀裂や障害物等があればフローメーターを通して分かるため、水を大量に無駄にする前に対処することができます。また、水漏れが検知されたゾーンだけ水撒きを止めることも可能です。

 

地域ごとの水の使用制限にも対応

地域によって、庭での水の使用が制限される日があったり、使用できる水量が決められていたりする場合、Rachio 3に情報をインプットすれば自動で対応できます。

 

Rachio 2とRachio 3のスペックを比較

Rachio 2 Rachio 3
スプリンクラーとの互換性 ほとんどのスプリンクラーに対応 ほとんどのスプリンクラーに対応
取り付け方法 少し難しい 非常に簡単
スマートフォンアプリ
Nestサーモスタットとの連携
Amazon Alexaとの連携
Googleアシスタントとの連携
ウェザーインテリジェンス

 

ウェザーインテリジェンスプラス
2.4 GHz Wi-Fi 対応 対応
5.0 GHz Wi-Fi 非対応 対応
本体の水撒き開始、停止ボタン
ワイヤレスフローメーター 非対応 対応

 

Rachio 3で庭も環境もお財布も守ろう

Rachio 3の素晴らしいところは、一度取り付けてしまえば、あとは自動で最適なタイミングと水量の水撒きを行ってくれることです。美しい庭を守り、水道料金を節約し、環境を守ることが同時に実現できるなんて、夢のような商品ですね。

関連記事

NEW

ブラウザ経由であらゆるIoTデバイスを操作できる「WebThings」が実現する未来とは?

Mozillaが推進しているIoTガジェット(デバイス)を制御・管理するためのオープンプラットフォーム「WebThings」を知っているだろうか? まだ開発・研究段階の技術で一般には使えないので馴染み ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

話題のVRゴーグル「Oculus Go」を使ってみよう!おすすめのイヤホンやゲームを紹介

Oculus Goの基本情報 「Oculus Go」は、2018年5月にアメリカのOculus社から発売されたスタンドアロン型VRゴーグルです。PCやスマホに接続する必要なく、本体だけでVRコンテンツ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

【1ヶ月使用レビュー】Amazon Echo Show 5は中途半端な出来だが広まるだろう

小型スマートディスプレイ市場を席巻するべく1万円を切る価格で約1ヶ月前に登場したEcho Show 5。 その2週間後には年に一度のプライムデーセールもあり、なんと5,000円引きとなった。 この「小 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.