スマートホーム向けの照明にはどんなものがある!?製品の特徴や価格をご紹介! | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2017.10.02

スマートホーム向けの照明にはどんなものがある!?製品の特徴や価格をご紹介!

スマートホーム向けデバイスのひとつに照明があります。各メーカーから色々な種類が発売されていますが、その中でも注目したいスマートホーム(スマートハウス)の照明について、その特徴や価格などをご紹介します。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

スマート照明とは?

一般にスマートホーム(スマートハウス)に用いられるデバイスを「スマート○○」と呼ぶことが多く、スマート照明は「スマートホーム(スマートハウス)に対応した照明」と言えます。

スマート照明でできることは、例えば、

「帰宅時にあらかじめ設定しておいた照明の色や照度に自動で点灯してくれる」
「外出を検知したら自動で照明がオフになる」
「起床時間に合わせてタイマー設定しておけばその時間に照明が消える」
「アプリなどからスマホやタブレットひとつで点灯・消灯できる」

などといった基本的な制御から、

「気分に合わせて色合いや照度を自由に設定できる」
「映画やパーティーなどシーンに合わせてリストを作成できる」
「音楽に合わせて自由自在に照明の色などが変化する」

といったアレンジが可能なものもあります。

照明は私たちの生活に欠かせない家電ですが、実はその本当の効果というものをまだ知らない方も多いのが現状です。

例えばコンサートに行ったことがある方は、照明による演出効果の高さを実感したことがあるのではないでしょうか?もしコンサート会場が単色の蛍光灯のみだとしたら、感動は半分以下になってしまうでしょう。

暗転からの全点灯、曲調に合わせて色とりどりに変化し、時に異空間にいるかのような雰囲気を創り出してくれる……照明にはこのような「高い演出効果」があり、それによって受け手側は無意識にその世界観に吸い込まれたり、感情とリンクしたりすることで大きな感動を得ることもできるのです。

それだけでなく、不安な時に包み込んでくれるような色や照度、疲れている時に癒しを与えてくれる色や照度など、メンタル面にも大きな影響があることが科学的にも証明されているとも言われています。

照明による様々な効果は、きっとスマート照明を導入すれば気づけることでしょう。

そんなスマートホーム(スマートハウス)に対応した照明の中でもオススメの製品をご紹介して行きます。

 

今のところスマート照明の王道はPhilips Hue!

Philips社から発売されている「Hue」は、今のところスマートホーム(スマートハウス)に対応した照明のトップに立つ製品と言えるでしょう。

心に安らぎが欲しい時、やる気を奮い立たせたい時、何かのアイデアを得たい時などあらゆるシーンにおいて、自分好みに、思い通りに照明をコントロールすることができる逸品です。

専用アプリをインストールすれば1,600万色に及ぶ色の中からその時の気分やシーンに見合ったオリジナルの空間を創り出すこともできますし、映像や音楽とシンクロさせて、より一層非現実的な空間を演出することも可能です。

また、眠りに入る前は穏やかな、目覚めが近づいてくると太陽の自然光のように徐々に明るくなど、あらかじめ設定することによって心の健康を手に入れることもできます。

さらに、長期の旅行などで家を留守にする時でも遠隔操作ができますし、タイマー設定で照明を点灯・消灯することができますので、誰か在宅しているように見せかけられ、防犯にも役立ちます。

AppleのHomekitにも対応していますので、iPhoneやiPadなどから音声アシスタントSiriを通じてコントロールすることもできるスマートホーム(スマートハウス)対応照明の代表格です。

Philips Hueのスターターパックの参考価格は26,800円程度です。

 

IKEAのスマート照明も要注目!

IKEAは日本でも人気のスウェーデンの家具メーカーですが、ついに今年、スマート照明「TRÅDFRI」の発売を発表しました。

「Amazon Alexa」「Google assistant」「Apple Siri」といった音声アシスタントに対応していて、それら搭載の製品があれば自在に制御することができるスマートホーム(スマートハウス)対応の照明です。

ソケットにはめ込み、付属品であるリモコンに電池を入れ、専用アプリをインストールすればハブを介してスマホやタブレットから照明のオン・オフ、照度などを簡単に制御することができます。

Hueのように多彩な機能があるかどうかはまだ詳しく発表されていませんが、「シンプルさ」が売りのIKEAですから、もしかすると照明もシンプルなものになっているのかもしれません。

また、すでに技適認定済みとのことですので、日本で発売される日もそう遠くないのではないでしょうか。

参考価格はセットで80ドル(1ドル110円換算でおよそ9000円弱)とPhilips Hueに比べて3分の1程度という安さが話題を呼ぶであろうと同時に、購入のためのハードルが下がったことによって一気に普及する可能性も秘めています。

 

照明は私たちの生活により欠かせないピースになってくる!

今回はスマートホーム(スマートハウス)対応照明に特化してオススメの2製品をご紹介してきました。照明によって得られる効果が高いということもお分かりいただけたのではないでしょうか?

精神面の安定を図り、健康的な生活を送るため、そして普段味わえないような非日常の世界を体験するためにも、照明の力は私たちの生活に欠かせない重要なピースになっていきそうです。

関連記事

NEW

あの「ルイ・ヴィトン」もIoTに参入 ーLPWAの波がIoTを変えるか?

おそらく世界で一番高価なトラッカー 読者諸氏は旅行が好きだろうか? 私は、知恵とテクノロジーと少しのお金を駆使して家を快適にすることに腐心しているので、旅行をする時間がない。要するに出不精というやつだ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.17
NEW

自宅のブラインドをスマート化できる!"Blind Engine"とは?

自宅のブラインドをスマート化する"Blind Engine"とは? 日中の日差しを遮りながら夜間は室内のプライバシーを守れるシェードやブラインドは、便利なうえに存在感があることから、室内をお洒落な空間 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.17
NEW

IoTを支えるLPWAは何が革命なのか?(後編)

前編ではLPWAの基礎と新しい産業革命について解説 この記事は、同タイトルの前編の続きである。「LPWA」と言われて、その正式名称がわからないというような読者は、ぜひ前編から読んでほしい。いいだろうか ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.16

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.