iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.01.31

biblleを地域の見守りに活用しよう!迷子も失くし物もなくなるかも……?!

近年幼い子供たちを狙った事件などが多発しています。登校時や下校時の見守りなどを地域の方々で協力して行っている自治体なども多いと聞きますが、善意で成り立っているものでありなかなか継続して行うことが難しいなど、様々な問題があると聞きます。
日本では今後著しい高齢化社会に突入していくことになりますが、それだけ高齢者の数が増え、認知症を患う高齢者などの徘徊などで迷子が増える可能性もあります。地域での見守りももちろん重要ですが、カバーしきれない部分も出てくるでしょう。
タグとアプリを活用して地域のネットワークの構築が可能なbiblleを活用すれば、そういった問題に一つの答えが見つかるかもしれません。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

biblleってどんなサービス?

 

biblleは、タグとアプリを活用して迷子や失くし物を防止するサービスです。

あらかじめタグとアプリを連携させておくと、タグとアプリの入ったスマートフォンなどのデバイスが一定の距離を離れた際にアプリに通知が入ります。

子供や高齢者などにタグを持っていてもらうと迷子防止になりますね。タグとアプリが約50m離れたら通知が来るように設定されています。万が一、通知に気付かなかった場合でも位置情報が記録されているので、はぐれた位置を確認できるようになっています。近くにいあればタグのブザーを鳴らして探すこともできます。

biblleのタグからも自分の位置を知らせることも可能です。例えば、子供が迷子になったり、はぐれたりしたと自分で認識した際に、タグのボタンを押せば、約70m~100mの範囲に通知を発します。

近い位置にいる場合にはタグからアプリを鳴らせるので、お互いにアプリとタグを鳴らし合って居場所を確認できるシステムです。

タグは連携されたアプリにのみ反応するわけではなく、biblleのアプリを持っている人とすれ違うと位置情報を更新します。この場合は、音を鳴らしたり、すれ違った人のアプリに通知がいったりすることはありませんが、遠くにはぐれてしまった場合に最新の位置情報を見ながら捜索ができるようになっています。

スマートフォンなどを持っている場合はGPSでも行方が追える場合もありますが、あらかじめ何らかの設定をしておかなければならず、使いこなせないこともあるかもしれません。何かの拍子にGPSがオフになってしまう可能性もあります。

biblleなら難しい設定は一切なくタグを持っておくだけ。あとはアプリをダウンロードすればすぐ利用できるのでGPSよりも圧倒的に利用しやすくなっています。タグを持ち歩く方の子供や高齢者の方などはスマートフォンも必要ありません。

 

biblleがあればこんなことが可能になる?!

先に述べたように子供や高齢者の迷子防止になる他にも、ペットの首輪につけたりすればペットの迷子防止にも活用できます。

他にも自分の持ち物につければ失くし物の防止も可能に。お財布や鍵などにタグをつけておけば、見当たらない際にアプリからブザーを鳴らして見つけることができますね。

スマートフォンがよく行方不明になる方もいるでしょう。そんな時は、逆にタグからアプリのブザーを鳴らせば万事解決です。30m離れると通知してくれるので、置き忘れ防止にも役立ちますね。

また、特筆したい点はタグがそばを通るアプリに反応して位置情報を更新する点です。これをうまく活用すれば、地域での見守りも可能になります。

総務省の平成29年度の情報通信機器の普及状況によると、スマートフォンの世帯保有率は71.8%、個人のスマートフォンの保有率は56.8%となっています。2人に1人以上がスマートフォンを持ち、各家庭の約7割にはスマートフォンがあるということになります。

biblleのアプリは無料なので、アプリを地域の人全員で利用すると普段通りに通勤や買い物をしているだけでも見守りができることに。万が一、その地域で子供や高齢者の方の迷子が出たとしても、最新の位置情報がすぐに判明することになります。

 

biblleは地域社会にも貢献する新しい発想のIoT機器

 biblleのアプリは無料でダウンロードできる上、常に立ち上げておく必要はなく、タグの電波に反応してその時だけ立ち上がる仕様になっているので、スマートフォンのバッテリーにも負担をかけません。誰もが取り入れやすいように設計されています。

タグも2018年のグッドデザイン賞を受賞しました。アパレルブランドの「Alexander Lee Chang」とコラボしたデザインのタグを発売するなど、豊富な種類を用意し機能性だけにとどまらずスタイリッシュさも追及しています。

コンパクトで軽量なのでタグの携帯も負担にならず、ポケットにも入るサイズで子供から大人まで、年齢性別を問わず携帯しやすいように考慮されています。

個人の生活を豊かで便利なものにするIoT機器は数多くありますが、多くの人とつながって地域のコミュニティに役立つものはそう多くないのではないでしょうか。biblleはこれからのIoT機器の在り方としての一つの指標になる存在といえるのかもしれません。

関連記事

NEW

【一問一答】今日から始まる無差別侵入調査「NOTICE」について知っておくべきこと

今日、2019年2月20日から総務省によるIoT機器の無差別侵入調査「NOTICE」が始まっている。 この概要については何度か記事にしているが、要するに情報通信研究機構(以後、NICT)が無差別に日本 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.02.20
NEW

【レビュー】Pixel3はAIスピーカーの代わりになるか、それ以上か。(後編)

Pixel3は、AIスピーカーとスマホのハイブリッド (撮影:Yuta Tsukaoka) 昨年11月に発売されたPixel3を筆者も今年になってようやく手に入れた。アンボクシング(開封の儀)やカメラ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.02.20
NEW

AQUOS 4KがついにGoogle アシスタントに対応!新たな世代のスマートテレビへと進化したAQUOSに注目

AQUOS 4Kのメジャーアップデートで何ができるようになるの? 今回メジャーアップデートを受けるAQUOS 4KはGoogleのOSであるAndroidを搭載した、インターネットにつながるAIoT対 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.02.20

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.