睡眠もスマートにコントロールする時代!音の毛布に包まれるような最高の睡眠を提供する「Nightingale」 | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.01.08

睡眠もスマートにコントロールする時代!音の毛布に包まれるような最高の睡眠を提供する「Nightingale」

「Cambridge Sound Management」から発売されているスマートサウンドシステム「Nightingale」は、部屋のノイズを軽減してあなたの良質な睡眠を支援します。AmazonアレクサやIFTTTと連携して、細かいカスタマイズも可能です。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

睡眠の重要性

睡眠不足はあなたの生産性を低下させるだけでなく、心臓病や心臓発作のリスクを増加させます。最近の研究では、慢性的な睡眠不足は後にアルツハイマーなどの神経疾患につながるとも言われています。

「睡眠不足社会」ともいうべき現代、多くの人々が睡眠の質を向上させたいと願っているのは言うまでもありません。

「Nightingale」は、没入型サウンドシステムで部屋の騒音を軽減しながらリラックスできる自然音などを流し、まるで「音の毛布」に包まれているような睡眠体験を提供します。

 

「Nightingale」の特徴

Nightingaleの内容は、スマートフォンアプリと電源タップ型の2つのスピーカーです。色を変化させながら光るLEDライトも搭載していて、夜間の足元灯や間接照明の代わりにもなります。

2つのスピーカーは、直接コンセントに差し込んで使います。ベッドルームの端と端に設置すると効果的です。

スピーカーとして使用している間にも、通常の電源タップのように他の電子機器や家電のコンセントを差し込んで使うことができる「パススルー式」を採用しているので、コンセントが足りなくなって困ることはありません。

Cambridge Sound Managementによると、家具の後ろに設置しても効果に影響はないそうです。

類似機種と同じように、Nightingaleもサウンドマスキング技術を使って睡眠を妨げるノイズを軽減します。

サウンドマスキング技術とは、不要なノイズをちょうどかき消すことでき、人の聴覚がかろうじて認識できる周波数の音を流して、部屋にいる人に不快なノイズを感じさせないというものです。

Nightingaleが他のサウンドマスキングデバイスと違うのは、部屋や使用者の情報を取り入れ、自動で最適なサウンドマスキングを実行する点です。スマートフォンアプリを起動すると、自動で部屋に取り付けたスピーカーを認識します。

次に、ベッドルームの環境や使用者について設定します。例えば、音を吸収しやすいか、あるいは響きやすいか、床の材質はフローリングかカーペットか、寝室を使う人の年齢、病人の部屋かどうか、いびきや耳鳴りの有無といったことです。

Nightingaleはさらに、安眠を助けるさまざまな自然の音を流すこともできます。「湖畔の音」「コオロギの鳴き声」「鳥の鳴き声」「雨の音」など15種類から選択します。

2つのスピーカーから流れてくる「音の毛布」に包まれて、まるで音の中に沈み込むような、良質で穏やかな睡眠を得ることができるのです。

 

アプリ、サードパーティー連携

スマートフォンアプリはiOS、アンドロイドどちらにも対応しています。ウェブブラウザから操作することもできます。また、Amazonアレクサ、Google Home、IFTTTとの連携にも対応しており、決められた時間に決められた音で起動するように設定しておくことも可能です。

 

ハーバードメディカルスクールの研究で効果が実証されている

ハーバードメディカルスクールとブリガムアンドウィメンズ病院で行われた臨床睡眠検査では、Nightingaleを使うと覚醒状態から睡眠状態に至るまでの時間が著しく短くなることがわかりました。

Nightingaleを使用した患者は、使用していないときに比べて、38パーセント早く眠りにつくという結果が出ています。Nightingaleの睡眠導入効果は、処方される睡眠薬の効果と同程度かそれ以上であると、この研究は結論づけています。

 

家庭以外でも活躍

Nightingaleは、ホテル、病院、保育施設、介護施設、学生寮など、家庭以外での活用も想定されています。そういった場所で使用する際は、壁から簡単に外せないようにしっかり固定する盗難防止プレートを取り付けることも可能です。

Cambridge Sound ManagementのCEO、Christopher Calisi氏は、このように話しています。

「進んだ睡眠テクノロジーと、機能的なデザイン、そしてアプリやブラウザなど外部からコントロールできるシステムによって、Nightingaleはホスピタリティ業界から高い評価を得ています。ホスピタリティ業界では、ゲストが快適に過ごせるかどうかが最も優先されるべきことです。そして、快適さにおいて夜の睡眠はとても重要な要素なのです」

 

「Nightingale」の価格

スピーカー2個がセットになったプレミアムエディションは249ドル、スピーカー1個のスタンダードエディションは149ドルで発売されています。2個のスピーカーを使うのが推奨されているので、スタンダードエディションは面積の狭い子供部屋や寮の一室などに適しているということです。

関連記事

NEW

あの「ルイ・ヴィトン」もIoTに参入 ーLPWAの波がIoTを変えるか?

おそらく世界で一番高価なトラッカー 読者諸氏は旅行が好きだろうか? 私は、知恵とテクノロジーと少しのお金を駆使して家を快適にすることに腐心しているので、旅行をする時間がない。要するに出不精というやつだ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.17
NEW

自宅のブラインドをスマート化できる!"Blind Engine"とは?

自宅のブラインドをスマート化する"Blind Engine"とは? 日中の日差しを遮りながら夜間は室内のプライバシーを守れるシェードやブラインドは、便利なうえに存在感があることから、室内をお洒落な空間 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.17
NEW

IoTを支えるLPWAは何が革命なのか?(後編)

前編ではLPWAの基礎と新しい産業革命について解説 この記事は、同タイトルの前編の続きである。「LPWA」と言われて、その正式名称がわからないというような読者は、ぜひ前編から読んでほしい。いいだろうか ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.16

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.