スマートドアベル「Remobell」でいつでもどこでも来客をチェックしよう | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.01.07

スマートドアベル「Remobell」でいつでもどこでも来客をチェックしよう

Olive & Dove社の「Remobell」は、連携アプリを通して、ライブストリーミング映像と音声で、ドアの前の訪問者をどこにいてもチェックできるスマートドアベルです。その特徴と、他社のスマートドアベルとの違いを紹介します。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

どこでも来訪者をチェックできる「Remobell」

「Remobell」をドアベルとしてドアに取り付ければ、家にいるときに限らず、あなたがどこにいてもスマートフォンを使って来客に対応することができます。

来客がRemobellを押し、あなたがスマートフォンアプリから応答すると、来客側のライブストリーミング映像が映し出され、音声によってコミュニケーションをとることができます。赤外線を利用したナイトビジョンにも対応しているので、夜間の来客にも安心です。

アプリはもちろんプッシュ通知でリアルタイムに来客を知らせます。また、対応できなかったときも含めて、すべての映像はクラウドストレージに保存されます。

対応したとき、しなかったときなど、全ての来訪者をタイムライン上に表示することができます。アプリはiOS、アンドロイドどちらにも対応していて、1台のRemobellにユーザー登録できるのは5人までです。

 

電源は単3電池

他社のほとんどのスマートドアベルがコンセント式なのに対して、Remobellは単三電池で駆動します。もともと家に電動のドアベルが付いていないなど、コンセントを使うのが難しい場合も問題なく使うことができます。

常に電池を消費するのでなく、モーションセンサーによって前に人が立ったと感知したとき、あるいはRemobellが鳴らされたときだけ電源が入るので、電池を無駄に消費しません。

電池の残量は常にスマートフォンアプリから確認することができ、交換が必要になったら通知を送ってくれるので便利です。

電池交換の際も、ドライバーを使って本体を壁から取り外すというようなことは必要なく、とても簡単に交換することができます。

 

広角光学レンズでしっかり撮影

多くのスマートドアベルが魚眼レンズを使用している一方で、Remobellは広角光学レンズを採用しています。120度の広い視野を、魚眼レンズ特有の歪みなしに見ることができるので、ドアの前の様子をより正確に把握したり、記録したりできるのです。

ビデオの解像度は720p(1280×720ピクセル)からVGA(640×480ピクセル)まで選ぶことができます。

 

設置はとても簡単

Remobellの設置はとても簡単で、難しい配線や工事は必要ありません。プラスチックのブラケットをドアや壁、好きなところに取り付け、それに本体をスライドさせて設置します。

ブラケットと本体はしっかり固定されるので、落下等の心配はなさそうです。必要な部品はすべて付属しています。

 

デメリットになりうる点

簡単で便利なRemobellですが、従来のドアベルや、他社のスマートドアベルと比較して、デメリットになるかもしれない点がいくつかあります。

まず、従来のドアベルのように、家の中でベルの音が鳴らないので、スマートフォンを常に身につけていないと来客に気づくことができません。

また、スマートフォンを持っていない家族は、ドアの前の来訪者が何度ベルを押していてもまったく気づかないのです。

もし、あなたが家の中でスマートフォンを持ち歩かない人だったり、スマートフォンを持たない家族が留守番をすることがあったりするなら、Remobellは最適な選択肢とはいえないかもしれません。

次に、ほとんどの他社のスマートドアベルにあるような、いつでもライブビューでドアの前を確認する機能がありません。

Remobellが起動してライブビューを見られるのは、人がいるのを感知したときと、ベルが押されたときだけです。防犯カメラのように、気になったときに家の前の様子を見てみるというような使い方はできません。

 

クラウドストレージ

Remobellによって記録された映像は、クラウドストレージに保存されます。クラウドストレージは月額3.99ドルと有料で、動画の保存期間は30日です。この値段は他社スマートドアベルのクラウドストレージサービスと比較すると、平均的であるといえるでしょう。

 

他社製品との比較

Ring社のVideo Doorbell、August社のDoorbell Camと比較してみます。値段やビデオの解像度にはあまり差がないようです。やはり、最も大きな違いは電源とライブビューの有無でしょう。ライフスタイルに合ったスマートドアベル選びの参考にしてみてください。

 

Olive & Dove「Remobell」 Ring「Video Doorbell」 August「Doorbell Cam」
値段 199ドル 199ドル 199ドル
電源 単三電池6本 コンセント コンセント
解像度 1,280x720p HD 1,280x720p HD 1,280×960p HD
画角 120度 180度 120度
ライブビュー なし あり あり
クラウドストレージ 月額3ドル

保存30日

月額3ドル

保存6ヶ月

月額5ドル

保存30日

サードパーティー連携 なし IFTTT、Wink IFTTT

関連記事

NEW

あの「ルイ・ヴィトン」もIoTに参入 ーLPWAの波がIoTを変えるか?

おそらく世界で一番高価なトラッカー 読者諸氏は旅行が好きだろうか? 私は、知恵とテクノロジーと少しのお金を駆使して家を快適にすることに腐心しているので、旅行をする時間がない。要するに出不精というやつだ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.17
NEW

自宅のブラインドをスマート化できる!"Blind Engine"とは?

自宅のブラインドをスマート化する"Blind Engine"とは? 日中の日差しを遮りながら夜間は室内のプライバシーを守れるシェードやブラインドは、便利なうえに存在感があることから、室内をお洒落な空間 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.17
NEW

IoTを支えるLPWAは何が革命なのか?(後編)

前編ではLPWAの基礎と新しい産業革命について解説 この記事は、同タイトルの前編の続きである。「LPWA」と言われて、その正式名称がわからないというような読者は、ぜひ前編から読んでほしい。いいだろうか ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.16

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.