iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.01.01

バリエーション豊富なスマート対応のシェード「Lutron Serenaリモートコントロールシェード」 

時刻によって太陽の向きが変化するため、日差しが眩しくて辛い思いをした方もいるでしょう。調光ガラスなど日差しを調節できる製品が販売されていますが、シェードの設置を検討する人もいるでしょう。
今回紹介するLutron Serenaリモートコントロールシェードは、スマート化に対応したブラインドです。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

調光器の販売で有名な企業「Lutron」 

Lutron Serenaリモートコントロールシェードを販売するLutronは、アメリカのペンシルベニア州に本社を置く企業です。明るさを調節できる調光器を販売する企業では、Lutronが最大規模です。

Lutronを起業したジョエル・スピラ氏は物理学者であり発明家でもあります。スピラ氏が登場するまで、家庭用の調光器は販売されていませんでした。1960年代前半に調光器の特許を取得し、スピラ氏の企業は拡大、世界規模になるまで発展しました。

スピラ氏は2015年に亡くなりましたが、Lutronの調光器は発展を遂げています。スマート化に対応した製品をLutronがリリースしました。それが、Lutron Serenaリモートコントロールシェードです。

 

設置が簡単なLutron Serenaリモートコントロールシェード 

Lutron Serenaリモートコントロールシェードの設置は非常に簡単です。パワードリルとスクリュードライバーがあれば、30分以内で簡単に設置できます。

ネットワークに接続するために、Lutron Casetaスマートブリッジの設定を行なう必要があります。Lutron Serenaリモートコントロールシェードだけでなく、Lutronが販売する調光器すべてを、これ一台で調節できます。

手のひらサイズのLutronスマートブリッジは、有線LANケーブルを使ってルーターに直接接続可能です。USBケーブルを介してスマートブリッジハブと接続させることで、給電を行えます。Lutronスマートブリッジの設定も、15分で完了します。

Lutronスマートブリッジの設定が完了すると、連携アプリの設定を行ないます。Android OS用とiOS用のアプリの2種類が用意されていますので、自分のスマホの機種にあわせてダウンロードするといいでしょう。

アカウントの作成や、Lutron Serenaリモートコントロールシェードとの連携など、アプリの指示に従えば10分で完了します。

Lutronスマートブリッジ以外にも、スマート製品を統合可能なApple HomeKitとも連携できます。Lutronスマートブリッジを設置するなど余計なハブを経由しなくても、Wi-Fiを利用してLutron Serenaリモートコントロールシェードを連携アプリでコントロール可能です。

ただし、Apple HomeKitでLutron Serenaリモートコントロールシェードを操作する場合、Wi-Fiで連携するため、バッテリーの消費が速い点に注意しましょう。

Lutronスマートブリッジのメリットは、Lutron Serenaリモートコントロールシェードや連携するスマホとの通信を、低電力の通信プロトコルを使って行なえる点です。

 

サードパーティー製のアプリとも連携可能 

スマホにインストールしたアプリから以外に、Lutron SerenaリモートコントロールシェードはGoogleアシスタントによる音声認識にも対応します。

たとえばGoogleアシスタントを搭載したスマートスピーカー「Google Home」に「オッケー、Google。私のリビングのシェードを閉じて」と命令すると、AIが呼びかけを認識し、シャッターを閉じます。

アプリから、決まった時刻にシャッターを閉めるよう設定できるなど、カスタマイズも可能です。ただし、Lutron Serenaリモートコントロールシェードは温度センサーを搭載していませんので、温度によってシャッターを閉めるといった操作はできません。

温度ごとにシャッターを開閉したい場合は、IFTTTやElgato等のサードパーティー製の自動化アプリを用いるといいでしょう。

 

Lutron Serenaリモートコントロールシェードの気になるラインナップと価格は 

Lutron Serenaリモートコントロールシェードのデザインをカスタマイズ可能です。異なる透明度や材質、色やパターンを豊富なラインナップから選択できます。

シェードの大きさは96インチ四方から選択可能で、ほとんどの家庭の窓に対応します。Lutron Serenaリモートコントロールシェードの価格は、最低350ドルに設定されています。また、Apple HomeKitと統合可能なスマートブリッジの価格は150ドルです。

関連記事

NEW

Google HomeがBluetoothスピーカー出力に対応!お気に入りのスピーカーでGoogleアシスタントを使いこなそう

Google HomeがBluetoothスピーカー出力に対応 2018年3月のアップデートで、Google HomeシリーズでBluetooth出力機能が利用できるようになりました。つまり、今までで ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.03.19
NEW

ホームオフィスこそ快適に!ホームIoTが生産性を左右する

いま、世の中には働き方改革という言葉が溢れている。 副業・複業、時短勤務、残業抑制、そしてリモートワークあたりが主な対策として打ち出されている。筆者は、かつて8年ほど会社員勤めを経験したあとでフリーラ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.03.18
NEW

小型スマートスピーカー「Google Home mini」の便利な使い方を紹介!「Google Home」との違いは?

Google Homeシリーズでできること 「Google Home」と「Google Home mini」は、音声認識AI「Googleアシスタント」を搭載したスマートスピーカーで、性能や仕様に差は ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.03.18

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.