iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.01.16

IoTを支えるLPWAは何が革命なのか?(後編)

記事ライター:Yuta Tsukaoka

前編ではLPWAの基礎と新しい産業革命について解説

この記事は、同タイトルの前編の続きである。「LPWA」と言われて、その正式名称がわからないというような読者は、ぜひ前編から読んでほしい。いいだろうか。

では、前編は読んでいるか、LPWAについて基礎的な知識があるという前提で続きを書いていこう。

LPWAの代表的な規格「Sigfox(シグフォックス)」

通信ネットワークのイメージ画像

後編はテーマは、LPWAによってもたらされる具体的な生活の変化についてである。前編では、産業においてLPWAが果たす役割の大きさを解説したが、産業が変わるということはそのまま、私たちの生活が変化することでもあるのだ。

そのためにはまず、LPWAの代表的な規格である「Sigfox」について解説しよう。

フランスの企業が2009年から運用しているのこの規格は、世界展開に際して1国1事業者のみにライセンスすることで知られる。日本では京セラコミュニケーションシステムが担当だ。Sigfoxにおいて最大の特徴は「上りの通信しかしない」という大胆な仕様だろう。

携帯電話回線と同じように、Sigfoxは基地局を経由した通信を行うのだが、端末から基地局への通信はあっても、基地局から端末への通信はしない。上り通信だけで何ができるというのだろう? という疑問が浮かんだ読者も多いだろう。

しかし、それこそがSigfox最大のメリットでもある。

まずコスト面でのメリットが大きい。基地局から端末への通信をしないので、基地局が安くて済む。また、端末の構造も単純なので使い捨ても可能なほどの低価格設計が可能だ。そして、基地局からの電波待機をしないのでSigfoxの端末は非常に低電力である。

充電がきれたスマートフォンの画面

私たちが使っているスマートフォンは、電波の待機と検索に多くの電力を消費しているが、それが丸ごと不要ということになるので当然だ。電池だけで10年は稼働すると言うのだから、ちょっと異次元のすごさだ。この、低価格なLPWAがもたらす恩恵は大きい。

すでに公開した記事では、トラッカーとしての利用例を示した。旅行かばんにSigfoxのトラッカーを仕込み、きちんと現地へと届いたのかを知らせるものだ。もちろん、盗難対策にもなる。

これが可能なのは、Sigfoxが世界的なネットワークを持つLPWAだからだ。日本の羽田空港を離れ、シャルル・ド・ゴール空港に到着したことをそれぞれ現地のネットワークを通じて教えてくれる。

さきほど書いたように、Sigfox自体は上りの通信しかしないので、スマートフォンなどからSigfox端末に直接通信して位置を確認することはできない。そのかわり、Sigfoxネットワークからインターネットに情報が渡り、その情報をアプリなどで表示することになる。

Sigfoxネットワークだけで完結しないからこそ、汎用性が高い運用ができている好例と言えるだろう。

ちなみに、先の記事で挙げた例がルイ・ヴィトンのトラッカーだったので、低価格どころか世界で最も高価なトラッカーになってしまったが、分解したその中身は低価格で作れる設計になっているはずである。

生活を大きく変えるSigfox

ビニールハウスの内部

低価格のLPWAは、農業分野でも力を発揮する。アメリカのような広大な敷地を持つ農家はもちろん、複数のビニールハウスを持つ中程度の農家でも実用的である。

たとえば、ビニールハウスひとつひとつの温湿度センサーをSigfoxと接続し、異常が発生した際すぐに知らせるとか、土の水分量を計測して自動水やりを行うとか、という使い方である。BluetoothやWi-Fiのような通信杯の狭い規格では実現不可能だった自動化が実現しようとしている。

もちろん、これにより効率が上がれば農産物の価格は下がるだろうし、新たな農作物の開発も進むと思われる。LPWAは産業を変え、生活を変えているのだ。

新しい規格の登場で夢は広がる

ドローンが都市部の上空を飛ぶ様子

2018年から実証実験を始めた新しい規格がある。ソニーが主幹で開発している「ELTRES(エルトレス)」だ。

Sigfoxと同じように「低電力・広範囲」のLPWAであることには変わりないのだが、大きな特徴として情報密度の高さがある。その恩恵のわかりやすい例が流通である。一般的にLPWAは電力を節約するために通信頻度を落とすが、エルトレスはその特性を保ったままで精度の高い通信ができるのだ。

これは、非常に精度の高い時刻同期とGPS測位を組み合わせた結果である。時速100キロで移動するトラックの位置を正確に掴むというのだから、半端ではない。

これを活かせば、荷物の現在位置を正確に把握することでより効率的な流通網の活用ができるばかりか、ドローンなどの自動操作にも対応可能になる。もちろん、4Gや5Gといった携帯電話回線よりもずっと安価なので、普及も速いだろう。

このように、LPWAというコンセプトの中でさまざまな新規格が開発され、私たちの生活へのインパクトもそれに応じて大きくなっている。LPWAは、これからのIoTを見ていく上で、外せないキーワードなのだ。

<このライターの記事をもっと読む>
2019年はこうなる!? ホームIoTに訪れる3つの変化を大予想
IoT×コンビニ CEATECでローソンが見せた2025年のコンビニとは

関連記事

NEW

ブラウザ経由であらゆるIoTデバイスを操作できる「WebThings」が実現する未来とは?

Mozillaが推進しているIoTガジェット(デバイス)を制御・管理するためのオープンプラットフォーム「WebThings」を知っているだろうか? まだ開発・研究段階の技術で一般には使えないので馴染み ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

話題のVRゴーグル「Oculus Go」を使ってみよう!おすすめのイヤホンやゲームを紹介

Oculus Goの基本情報 「Oculus Go」は、2018年5月にアメリカのOculus社から発売されたスタンドアロン型VRゴーグルです。PCやスマホに接続する必要なく、本体だけでVRコンテンツ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.16
NEW

【1ヶ月使用レビュー】Amazon Echo Show 5は中途半端な出来だが広まるだろう

小型スマートディスプレイ市場を席巻するべく1万円を切る価格で約1ヶ月前に登場したEcho Show 5。 その2週間後には年に一度のプライムデーセールもあり、なんと5,000円引きとなった。 この「小 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.08.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.