iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2017.10.02

日進月歩のスマートホーム市場!最新情報や今後の展望は?

スマートホーム向けIoTデバイス市場が急速に発展して、少し前までは「夢のような」スタイルだったスマートホームでの生活も、今や現実のものとなってきました。今後どう変化していくのか?スマートホーム(スマートハウス)の最新情報や今後の展望を解説します。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

エネルギー・コントロールだけじゃない!現代のスマートホームとは?

スマートホーム(またはスマートハウス)と言うと、太陽光発電で電気を創り(創エネ)、家庭用蓄電池で蓄え(蓄エネ)、必要な時に必要な分だけ使用して余った電気を売る(省エネ・売電)ことのできるシステムが中心でした。

皆さんも良くご存知のHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)がその「エネルギー・コントロール」の代表です。

家電製品とそれらを制御する装置やコントローラーと連携させることで、無駄なく電気を消費し、電気消費量や電気代を「見える化」することで節電意識の向上などを図ることができるため、日本でも広く普及しています。

近年では、そのようなエネルギー・コントロールに限らない最新のスマートホーム(スマートハウス)向けIoTデバイスが多数登場し、快適性・利便性・セキュリティ性・エンターテインメント性などを探求した、様々なサービスを受けられるようになりました。

今や家自体が大きな「ロボット」のように、私たちの生活や健康をサポートしてくれることが可能な時代になったのです。

 

こんなに可能性が広がっている!スマートホーム(スマートハウス)の最新事例をご紹介!

日進月歩のスマートホーム市場では、次々に新しいデバイスやアイデアが飛び出してきますが、現時点におけるスマートホーム(スマートハウス)の最新事例をご紹介します。

まずは横浜市がNTTドコモ、and factoryと共同で取り組んでいるのが「未来の家プロジェクト」です。

横浜市在住者が優先的になりますが、スマートホーム化したトレーラーに1週間単位で住んでもらい、あらゆるデータを収集してビッグデータを解析することにより、「その人に最適な」サービスを提供できるようにすることを目的としています。

ドアの開け閉めや電気消費量などのデータに始まり、栄養の摂取内容や健康状態までもデータ化して、将来的には高齢者の一人暮らしを中心に、快適で健康な生活を送ることのできるスマートホーム(スマートハウス)を開発しようとしているのです。

続いては、開発中とのことで詳しい情報はまだ入手できませんが、Microsoftが取り組んでいると言われているのが「Home Hub」という最新のスマートホーム(スマートハウス)機能です。

Windows10搭載のPCで各スマートホーム向けIoTデバイスを制御したり通信したりできるようにしようというものです。音声アシスタントCortanaにより音声コマンドを使用できる見込みとのことですので、ぜひ期待したいところです。

そして、東京・上野に2017年5月に開業した「&AND HOSTEL3号店」にも注目したいところです。

ホステルに様々なスマートホームデバイスを設置することで近未来的な宿泊体験が可能ということで話題を呼び、観光誘致や日本のIoT技術のプレゼンの場として期待されています。

上記の挙げたのはほんの一例ですが、最新のスマートホーム(スマートハウス)に関しては、こうした様々な取り組みが日々続けられています。実証実験を重ねて行く中で課題も出てくるとは思いますが、もし全てがクリアになり一般に普及した時のことを考えると、楽しみでなりません。

 

最新のスマートホーム(スマートハウス)向けIoTデバイスもチェックしておこう!

各メーカーから多種多様なIoTデバイスが発売されていますので、その中の一部になってしまいますが、ここではオススメの最新スマートホーム(スマートハウス)向けIoTデバイスをご紹介します。

Googleが買収したNest Labs社が開発を手がけたのが「Learning Thermostat」です。

温度・湿度センサーが搭載されていて、必要に応じてエアコン等を制御し、常に快適な室内空間を保てるほか、外出先からでも温度の確認やオン・オフが可能なため、節電効果も期待できるデバイスです。

Canary社の「Home Security Device」はオールインワンのセキュリティデバイスです。

録音機能が付いていて広範囲を見渡せるカメラ、振動を検知してカメラを作動させるセンサー、音声をチェックできるマイク、スマホアプリによって外出先からでも作動させることができるサイレンなど、様々な機能が一体化しています。

Philips社の「Hue」も人気が高いデバイスです。

膨大な数の色の中から、その時の気分に合わせて照明を作ることができるのはもちろん、設定しておけば様々なシーンを演出してくれるほか、音楽や映像、周りの声などに合わせて照明が多彩に変化する機能も搭載されています。

そのほか、AmazonやGoogle、Appleもそれぞれ独自の音声アシスタント機能Alexa、Google assistant、Siriを搭載したスマートスピーカー「Amazon Echo」「Google Home」「Apple HomePod」などを発表しています。

 

次々に登場するスマートホーム(スマートハウス)の最新デバイスを見逃すな!

今回ご紹介したスマートホーム(スマートハウス)の最新事例やデバイスはごく一部で、このほかにも各企業が様々な取り組みを行い、新しいデバイスを開発・販売しています。

日々めまぐるしく変化していくIoT市場、そしてスマートホーム(スマートハウス)市場の最新情報は常にチェックしておきたいですね。

関連記事

NEW

Amazon Echo向けの赤外線リモコンがあるとこんなに便利! 

Amazon Echoで可能な3つのスキル Amazon Echoに搭載されたAIアシスタント「Alexa」では、カスタムスキル、フラッシュブリーフィングスキル、スマートホームスキルの3種類のスキルが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.26
NEW

Amazon Echoの音楽再生方法は?オススメの音楽配信サービスも紹介! 

音楽再生方法は簡単! Amazon Echoに向かって、「アレクサ、音楽をかけて」と呼びかけるだけで、音楽再生が可能です。「アレクサ、米津玄師の曲をかけて」というように、ざっくりとした感じで曲を指定す ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.25
NEW

Amazon EchoとGoogle Homeを徹底比較!どの製品を購入するのがベスト? 

まずは両製品のラインナップの比較から Google Homeは、標準サイズのGoogle Home(15,120円)と、小型サイズのGoogle Home Mini(6,480円)の2種類を揃えていま ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.04.24

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.