外出先でも操作が可能!IoT技術で生活をサポートする「ルンバe5」とは? | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.12.31

外出先でも操作が可能!IoT技術で生活をサポートする「ルンバe5」とは?

2002年に発売され、世界的な大ヒット商品となった全自動掃除ロボット「ルンバ」は進化を続け、モノのインターネット化によって生活をサポートするIoT技術に対応するまでになりました。2018年10月末にリリースされた最新の高性能掃除ロボット「ルンバe5」を紹介します。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

数々の最新テクノロジーを家庭にフィードバックし続けるアイロボット社

アイロボット社はアメリカのマサチューセッツ工科大学のMIT人工知能研究所に所属する3人のロボット学者によって、1990年に設立されたロボットテクノロジー企業で、2017年には日本法人も設立されています。

爆発物処理を行うロボットから家庭用全自動掃除ロボットまで、幅広い分野での活躍が期待されるロボットの開発を行っています。

アイロボット社がロボットの開発と共に力を注いでいるのが、ロボットが連携して働けるスマートホームを実現するIoT技術の開発で、アイロボット社のリリースする家庭用ロボットの搭載を行い、IoT化を推し進めています。

2017年にはリリースする全自動掃除ロボットルンバシリーズにIoT機能を搭載し、一部の限定モデル除く全てのルンバシリーズがIoT機能への対応を完了しました。IoT製品として外出先からでも操作できるルンバシリーズの最新モデルとしてリリースされたのが「ルンバe5」です。

 

最新型の全自動掃除ロボットとしてリリースされたルンバe5の改良点とは?

起動するだけで、全自動で室内の床を掃除してくれる、全自動掃除ロボットルンバの登場は衝撃的だったと言えるでしょう。

初代モデルのリリースから15年以上進化を続け、IOT機能を搭載したルンバの最新モデル「ルンバe5」はどのような機能が搭載され、どのような進化をしたのかを紹介します。

高速応答プロセス iAdapt"アイアダプト"を搭載し精度の高い床掃除を行うルンバe5!

従来モデルにも搭載される高速応答プロセス iAdaptは、最新モデルのルンバe5にも採用され、ルンバe5の頭脳として活躍しています。

ルンバe5本体に搭載された数十ヵ所のセンサーから室内の情報を得たiAdaptは、毎秒60回以上の状況判断を行い、40パターン以上の行動パターンから、最適なパターンを選択しながら全自動で床掃除を行います。

人間が行う掃除では1度掃除した場所は例えほこりなどが残っている場合でも「掃除済み」としてしまいがちですが、 iAdaptを搭載したルンバe5はセンサーでほこりなどを感知すれば、同じ場所を何度でも掃除します。

三段階クリーニングシステムAero Forceで強力な吸引力を実現するルンバe5

毛でできたブラシでは取りきれない微細なゴミも、床材の質を問わずピッタリと密着しながら回転するゴム製のデュアルアクションブラシで強力に吸引します。ルンバe5の吸引力は従来モデルの約5倍に強化されています。

水洗いができるダスト容器でルンバe5をよりクリーンな状態に保てる!

従来モデルのダスト容器にはモーターが搭載されているため、水洗いを行えませんでしたが、ルンバe5はモーターを本体に移設し、ダスト容器を水洗いでクリーンに保てるように構造変更されています。

ルンバe5のダスト容器内のゴミを処分し、サッとダスト容器を水洗いするだけで、いつまでもルンバe5をクリーンな状態で使用することができます。

ダストカットフィルターの採用でルンバe5は排気もクリーン!

せっかく集めたゴミも、排気フィルターの目が粗いと、室内に撒き散らしながら掃除をすることになりかねません。ルンバe5は特殊な素材で作られた排気フィルターを採用し、目に見えないハウスダストやホコリや花粉、ダニなどのアレルゲンも99%キャッチします。

外出先から自在に操作できるルンバe5ですが、ルンバe5をIoT機能に対応させるためには専用アプリを使用する必要があります。次項ではルンバe5をIoT機能に対応させる専用アプリやIoT機能で行えることを紹介します。

 

ルンバe5をIoT機能に対応させるiRobot HOMEアプリとは?

ルンバe5をIoT機能に対応させるためには、専用アプリの「iRobot HOMEアプリ」が必要となります。iRobot HOMEアプリをダウンロードし、ルンバe5と同期させると、スマートスピーカに呼びかけてルンバe5を操作することや、外出先からルンバe5を操作することが可能となります。

iRobot HOMEアプリを通じてスマートフォンから行えるルンバe5の操作とは?

iRobot HOMEアプリをダウンロードしたスマートフォンでは、外出先からでもインターネットに接続していれば、起動させることや、清掃開始時間のタイマー予約、清掃モード設定をお好みに合わせてカスタマイズすることができます。

 

気になるルンバe5の価格は?

2018年11月6日現在、ルンバe5はアイロボット社の公式サイト内のウェブストアでは税抜き価格49,880円で確認できます。限定モデルのルンバを取扱うAmazonではルンバe5の取扱いはありませんでしたが、大型家電量販店のオンラインストアなどでは税込53,870円での取扱いが目立ちました。

アイロボット社のオンラインストア内の価格は税込で53,870円となるので、他のサイトでの販売価格と同額ということになりますね。

関連記事

NEW

あの「ルイ・ヴィトン」もIoTに参入 ーLPWAの波がIoTを変えるか?

おそらく世界で一番高価なトラッカー 読者諸氏は旅行が好きだろうか? 私は、知恵とテクノロジーと少しのお金を駆使して家を快適にすることに腐心しているので、旅行をする時間がない。要するに出不精というやつだ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.17
NEW

自宅のブラインドをスマート化できる!"Blind Engine"とは?

自宅のブラインドをスマート化する"Blind Engine"とは? 日中の日差しを遮りながら夜間は室内のプライバシーを守れるシェードやブラインドは、便利なうえに存在感があることから、室内をお洒落な空間 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.17
NEW

IoTを支えるLPWAは何が革命なのか?(後編)

前編ではLPWAの基礎と新しい産業革命について解説 この記事は、同タイトルの前編の続きである。「LPWA」と言われて、その正式名称がわからないというような読者は、ぜひ前編から読んでほしい。いいだろうか ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.16

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.