ロボット操作を楽しみながらプログラミング学習ができる!Sphero BOLTとは? | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.12.25

ロボット操作を楽しみながらプログラミング学習ができる!Sphero BOLTとは?

モノのインターネット化によって生活をサポートするIoT技術に対応した製品が数多くリリースされるなか、プログラミング可能な教育向けロボット「Sphero BOLT"スフィロ ボルト"」に対する注目が高まっています。今回は、教育向けロボットボールSphero BOLTを紹介します。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

玩具ロイドの開発から教育向けロボットの開発に軸足を移したSphero社

 Sphero社は「BB-8」や「R2-D2」などのスターウォーズキャラクターをアプリでコントロールできる玩具ロイドをリリースし、世界的ロボティックカンパニーとなったアメリカの企業です。

Sphero社は玩具ロイドの開発で得たテクノロジーを活かし、ロボットボールの操作で直感的にベーシックなプログラミング学習が行える教育向けロボットを開発し、既に全米にて1,000校以上で教材として採用されています。

国内でも2020年から小学校で必須化されるプログラミング学習に向けプログラミング学習に対する注目が高まるなか、Sphero社が発売中のロボットボールシリーズの機能を大幅に拡充し、「Sphero BOLT」としてリリースしました。

先進テクノロジーを活用して開発されたSphero BOLTは、楽しい遊びと充実した学びの両立を実現した創造性を養う教育向けロボットとしての機能を十分に備えていると言えるロボットボールです。

 

IoT技術に対応した学習向けロボットボールSphero BOLTとは?

Sphero社は以前からジャイロスコープや加速センサーを搭載したプログラミング可能なロボットボールを販売してきました。Sphero BOLTはロボットボールシリーズの最上級機種として、これまでのロボットボールの機能に加えて、次の機能を搭載し、さらなる機能充実を図っています。

・方位センサー
・光センサー
・赤外線送受信装置

完全防水で耐久性に優れた直径7.3センチのUVコート透明プラスチックシェルの中心には縦横に8個ずつ、全64個のLEDライトで構成されるドットスクリーンが装備されます。各種センサーの情報を光で知らせる働きと各LEDライトの色を指定してオリジナルのアニメーションを表現することができます。

従来機種が3時間の充電で1時間の稼働時間であったの対し、Sphero BOLTは6時間の充電で2時間を超える稼働時間となり、遊びやプログラミング学習を行うのに十分だと考えられる稼働時間を実現しています。

Sphero BOLTを最大15個収納し、充電できるキュリングケースは、教育機関での授業にSphero BOLTを用いる際に非常に便利なアイテムですが、Sphero BOLTの充電が非接点式であることが有効に働いています。

新しく搭載された赤外線送受信装置で操作するSphero BOLTが別のSphero BOLTを感知し追跡するゲームや群れを作って移動するなどのプログラミング操作を行うことができ、Sphero BOLTの可能性を広げています。

デジタルコンパスで方角を感知し、方位センサーで進行方向に対して自動で正面を向くエイミング設定も行え、光センサーで光量を感知し、明るさや光信号に反応するプログラミングも可能となりました。

Sphero BOLTをプログラミングしコントロールするためにはSpheroの教育専用アプリ「Sphero Edu "スフィロ イーディーユー"」が必要となりますので、次項ではSpheroの教育専用アプリSphero Eduを紹介します。

 

Sphero BOLTをプログラミングしコントローするアプリSphero Eduとは?

IoT製品であるロボットボールSphero BOLTの動作をプログラミングし、コントロールするために活躍するのが、Spheroの教育専用アプリのSphero EduでiOS、Android、Kindle、Mac、Windows、Chromeと互換性のある無料アプリです。

Sphero EduはSpheroのIoT対応製品シリーズとしてのロボットやアプリ、アクティビティなどの総称で、既にアメリカや日本をはじめとした世界中の多くの教育機関で授業に取り入れられているシステムです。

例えば、小学校ではSphero BOLTのカーリングゲームを利用して早さと道のり時間の関係を直感的に理解する授業が行われていますが、これにはSpheroの教育専用アプリのSphero Eduが用いられています。

迷路や座標を利用することで算数や数学の理解に必要な数字感も、Sphero BOLTとSphero Eduを用いることで直感的に身に付くと考えられています。

子供の創造性を活かすためにSphero BOLTの動きをプログラミングしてオリジナルのゲームを作り上げることでプログラミングのベーシックな部分を遊びながら身につけることも可能です。

IoT製品のSphero BOLTはインターネット接続でSphero Eduのシステム内に組みこまれたコミュニティやアクティビティにアクセスすることも可能で、アクティビティに挑戦しながらプログラミングのヒントなどを得ることができます。

また、自分がプログラミングしたものをコミュニティで共有することも可能で、世界中のSphero BOLTのユーザーとインターネットを通じて情報交換することができます。これは子供だけではなく教育者もSphero EDUを通じて、他の教育者が開発したプログラムを探して授業に活用することも可能です。

 

気になるSphero BOLTの価格は?

2018年11月4日現在Sphero BOLTはソフトバンクとアップルのオンラインストアで税込19,310円、Amazonでは税込17,553円で確認できます。お手頃価格でSphero BOLTを手に入れたい方はAmazonを利用すると良いかもしれません。

関連記事

NEW

あの「ルイ・ヴィトン」もIoTに参入 ーLPWAの波がIoTを変えるか?

おそらく世界で一番高価なトラッカー 読者諸氏は旅行が好きだろうか? 私は、知恵とテクノロジーと少しのお金を駆使して家を快適にすることに腐心しているので、旅行をする時間がない。要するに出不精というやつだ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.17
NEW

自宅のブラインドをスマート化できる!"Blind Engine"とは?

自宅のブラインドをスマート化する"Blind Engine"とは? 日中の日差しを遮りながら夜間は室内のプライバシーを守れるシェードやブラインドは、便利なうえに存在感があることから、室内をお洒落な空間 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.17
NEW

IoTを支えるLPWAは何が革命なのか?(後編)

前編ではLPWAの基礎と新しい産業革命について解説 この記事は、同タイトルの前編の続きである。「LPWA」と言われて、その正式名称がわからないというような読者は、ぜひ前編から読んでほしい。いいだろうか ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.16

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.