加湿器までがIoT対応!音声操作ができる加湿器+Style スマート加湿器とは? | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.12.21

加湿器までがIoT対応!音声操作ができる加湿器+Style スマート加湿器とは?

外出先から自宅の家電品のコントロールなどが行えることで注目されるIoT製品ですが、室内の乾燥を防ぐ加湿器までもがIoT対応する時代となりました。国内のIoT市場の開拓を推し進める+Styleがリリースした、スマート加湿器を紹介します。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

 国内のIoT市場の開拓やIoT製品開発を牽引する+Style"プラススタイル"とは?

 IoT製品のスマートスピーカーの本格的な普及が始まった2017年秋頃以降、さまざまなIoT製品が次々とリリースされていますが、製品欧米諸国に比べると国内のIoT製品の普及率は、残念ながら高いものではないのが実情です。

IoT製品に対して「使用することで生活が改善されるイメージが湧かない」や「使用方法がピンと来ない」などの消費者の消極的な反応が目立ち、開発者側は「マーケットの拡大予想が難しい」という声も出始めています。

ソフトバンクは中国企業のTuya Global Inc.とパートナー契約を結び、さまざまな家電製品のIoT化を促進する「Tuya Smart」を国内で2018年10月16日から展開しています。Tuya Smartの活用モデルとして+Styleブランドから3つの商品がオリジナルのIoT対応家電製品としてリリースされ、スマート加湿器はその1つです。

 

IoT技術に対応し音声操作が可能な加湿器 +Styleスマート加湿器

Tuya Smartのサービス開始と共に+Styleがリリースした3つのオリジナルIoT製品の1つが音声で操作できる加湿器の「+Styleスマート加湿器」です。16.6センチ四方、高さ33.7センチの角のない柔らかなデザインで1.2キロ足らずの本体重量ですから、上部に付いた持ち手で簡単に持ち運べます。

3リットルの大容量タンクに収容された水は、最大毎時300ミリリットルのミストとなり、木造建築であれば5畳、それ以外の建物では8畳の室内に潤いを与えます。

ミストの噴出量は毎時200ミリリットル、250ミリリットル、そして最大噴出量である300ミリリットルの3段階にコントロール可能で、15時間から25時間の間室内を快適な湿度に保ちます。

水を加熱し蒸発させる加熱式加湿器は、起動からミストの噴出までにタイムラグが生じ、電力消費量も多く熱による火傷など、トラブルのリスクがあります。超音波方式を採用し+Styleスマート加湿器は超音波で収支の細かなミストを発生させるので起動と共にミストが噴出される省電力タイプで、熱が原因となるトラブルの心配もありません。

また、水位センサーがタンク内の水を監視し水がなくなれば、自動的に運転が停止する自動感知ストップ機能も搭載される安全設計です。

+Styleスマート加湿器の運転中は本体上部に搭載されたLEDライトが噴出するミスト量に合わせて柔らかに発行し運転中であることを確認することができ、1,677万色もの発光パターンから好みの色が選べます。

+Styleスマート加湿器の起動や停止、LEDライトの発光パターンは本体のタッチセンサーでも+Styleのアプリをダウンロードしたスマートフォンアプリからでも操作可能です。同期したスマートスピーカーに「Alexa加湿器をつけて」、「OK Google加湿器を消して」と話しかけてコントロールすることも可能です。

 

+Styleスマート加湿器をコントロールする+Styleのアプリとは?

一般的な加湿器と違い、スマートフォンアプリや、同期したスマートスピーカーでコントロールできるIoT機能を搭載した+Styleスマート加湿器ですが、IoT対応させるためには+Styleのアプリが必要となります。

+Styleスマート加湿器をIoT対応させる+Styleのアプリは次の4つが無料でリリースされています。

・iOS 8.0以上対応アプリ"+Style"
・Android 4.4以上対応アプリ"+Style"
・Google アシスタント対応アプリ"Plus Style"
・Amazon Alexa スキル"+Style"

上記のアプリをダウンロードした端末を同期させることで、+Styleスマート加湿器のIoT機能が有効となり、音声操作などIoT機能を利用したコントロールを行うことが可能となります。

+Styleのアプリはスマート加湿器だけでなく家中の家電製品を一括管理することを目的に開発されています。テレビをスマート化できる「Chromecast」や、既存の家電製品の簡易的スマート化が行える「ラトックシステム スマート家電コントローラ」をGoogle HomeやAmazon Echoなどのスマートスピーカーを介して管理できます。

+Styleはスマートホームの実現のために、専門スタッフが自宅を訪れ、家電製品の IoT設定を行う「+Style IoT機器 訪問設置サービス」を開始し、IoT機器に対するユーザーの心理的なハードルを引き下げるサポートを行います。

ラトックシステム スマート家電コントローラと+Style IoT機器 訪問設置サービスは+Styleスマート加湿器と共に+Styleの公式サイト内のショッピングのページで購入できます。

 

気になる+Style スマート加湿器の価格は?

IoT機器を搭載した+Styleスマート加湿器は+Styleの公式サイト内のオンラインストアであるショッピングのページで購入することができます。2018年11月03日現在オンラインストア内での+Styleスマート加湿器の価格は税込みで5,800円となっています。

Amazonでの販売価格も税込5,800円となっているので、+Styleの公式サイトとAmazonでは同額で取り扱われていますが、さまざまなIoT製品が取り扱われる+Styleの公式サイト内は一見の価値があるおすすめのサイトです。

関連記事

NEW

あの「ルイ・ヴィトン」もIoTに参入 ーLPWAの波がIoTを変えるか?

おそらく世界で一番高価なトラッカー 読者諸氏は旅行が好きだろうか? 私は、知恵とテクノロジーと少しのお金を駆使して家を快適にすることに腐心しているので、旅行をする時間がない。要するに出不精というやつだ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.17
NEW

自宅のブラインドをスマート化できる!"Blind Engine"とは?

自宅のブラインドをスマート化する"Blind Engine"とは? 日中の日差しを遮りながら夜間は室内のプライバシーを守れるシェードやブラインドは、便利なうえに存在感があることから、室内をお洒落な空間 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.17
NEW

IoTを支えるLPWAは何が革命なのか?(後編)

前編ではLPWAの基礎と新しい産業革命について解説 この記事は、同タイトルの前編の続きである。「LPWA」と言われて、その正式名称がわからないというような読者は、ぜひ前編から読んでほしい。いいだろうか ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2019.01.16

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2019 AllRights Reserved.