圧倒的コストパフォーマンスを実現するスマートホームカメラ「Wyze Cam Pan」 | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge
iedge
  • iedge

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2018.12.03

圧倒的コストパフォーマンスを実現するスマートホームカメラ「Wyze Cam Pan」

発売から7カ月で20万人のユーザー数を達成した、安価で高性能なスマートホームカメラ「Wyze Cam」の後継機種「Wyze Cam Pan」が2018年5月に発売されました。米国Amazonでは、既に人気を博しています。
突出した安さにもかかわらず、他社のスマートホームカメラと比較しても性能は劣るどころか、より魅力的です。広い視野や大容量無料ストレージなど、他にはない素晴らしい特徴があります。

記事ライター:iedge編集部
alyssa.play

Wyze Cam Panの特徴とは?

とにかく安い

「Wyze Cam Pan」の価格は、なんと約$30です。他社のスマートホームカメラがほとんど$100以上で売り出されている中、この安さは目を引きます。

パン&ズームで部屋中の隅々までチェックできる

「Wyze Cam Pan」は連携アプリからの操作で、カメラに映る範囲を動かせるのが最大の特徴です。これは旧機種、他社スマートホームカメラとの大きな違いと言えるでしょう。

水平方向に360度回転、垂直方向にも93度まで傾けることができ、アプリから部屋の様子を隅々まで見ることができるので、ペットや子供など、動き回る対象をチェックするのにも便利です。

高性能なアラート機能

動きや音を検知すると、連携したスマートフォンアプリやアレクサに通知を送り、自動で録画を開始します。リアルタイムに画面を見ることも、録画を後から見ることも可能です。

これは多くのホームカメラにも搭載されている機能ですが、他機種に比べ、圧倒的に価格が安い「Wyze Cam Pan」でも、過不足ない検知および通知機能が利用できるのは、大きな魅力でしょう。

また、「Wyze Cam Pan」独自の機能として、火災や一酸化炭素のアラームと思われる音を検知すると、アプリやアレクサに通知を送ることができます。

大容量ストレージ

14日間動画を保存できるクラウドストレージが無料で利用できます。クラウドストレージには、動きや音声によって自動で開始、終了した動画が保存されます。マイクロSDカードを挿入すれば、連続撮影やタイムラプス撮影も可能です。また、他社のホームカメラと比べても、クラウド、ローカル共に驚きの大容量です。

暗くてもしっかり撮影

赤外LED6個を搭載し、約9メートル先までクリアに撮影できます。

 

Amazon Cloud Cam、Nest Cam Indoorとの徹底比較

米国Amazonで人気の他2機種と「Wyze Cam Pan」を比較してみます。

Wyze Cam Pan Amazon Cloud Cam Nest Cam Indoor
値段 $30 $120 $199
電源 有線 有線 有線
画素 1080p HD 1080p HD 1080p HD
視野 固定画角120度

水平360度、垂直93度パン&ズーム

固定画角120度 固定画角120度
ライブストリーミング
クラウドストレージ 14日間動画を保存できる無料ストレージ 24時間動画を保存できる無料ストレージ、

画像のみ保存できる有料ストレージ(月額$7)

3時間画像のみ保存できる無料ストレージ、

連続撮影動画を保存できる有料ストレージ(月額$10)

ローカルストレージ マイクロSDカード 不可 不可
モバイルアプリ iOS、アンドロイド iOS、アンドロイド iOS、アンドロイド
通知機能 動き、音声検知機能、

火災や一酸化炭素アラーム検知機能

動き検知機能 動き、音声検知機能
連携できるサードパーティー アレクサ、IFTTT アレクサ アレクサ、グーグルホーム

3機種の中では、値段および機能ともに、「Wyze Cam Pan」に軍配があがりそうです。やはり「安さ」「パン&ズーム」、「大容量ストレージ」が大きな魅力と言えるでしょう。なお、グーグルホームとの連携はできませんので、グーグルホームユーザーは注意が必要です。

 

Wyze Labsとは

シアトルに拠点を構えるWyze Labs, Inc.は、スマートホームテクノロジーを扱うスタートアップです。

元Amazon社員によって2017年に立ち上げられ、「スマートホームテクノロジーをより簡単に、より多くの人に」を目標に掲げています。

「Wyze Cam」「Wyze Cam Pan」は、発売してすぐに米国Amazonでベストセラーとなり、スマートホームテクノロジー界でも最注目の会社となっています。

関連記事

NEW

インテリアとしても馴染みが良い木目調のディスプレイ”Mui”はあなどれないスマートホームデバイス!

Muiの特徴とは? 開発元であるMui Labの開発者によると、開発のポイントは今日のスマートホームデバイスツールの無機質な見た目を取っ払い、普段の生活になじむデバイスを開発することだったと述べていま ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.12.11
NEW

一元管理可能なスマート監視カメラ「Lenovo Smart Camera」

Lenovo Smart Camera は、Lenovoが同時リリースしたスマート製品の1つ  香港に本社を置くパソコンメーカーのLenovoは、ドイツで開催された世界最大級の見本市IFA 2018で ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.12.10
NEW

省エネを推進するスマート調光ガラス「ヘイリオ」 

米スタートアップ企業と日本の老舗ガラス企業とのコラボレーション  「ヘイリオ」を開発したのは、米スタートアップ企業のKinestral Technologiesです。2010年にシリコンバレーで設立さ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2018.12.07

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることできて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

Copyright© iedge , 2018 AllRights Reserved.